FC2ブログ
 

sota de copas

☆ Merry Chiristmas ☆

鴨

天気いいです。

PageTop

☆ MAGAMATA木工所クイズラリー ☆ 終了

MAGATAMA木工所さん主催クリスマスイベントに参加しています。

期間12月5日(土)~12月20日(日)
回答の受付期間は12/20の深夜12時まで。
全てのクイズに答えて、オリジナル賞品ゲットしてくださいねー。
可愛いけどちょっと、いやかなり不思議で愉しそうなもの、かもしれません。 

クイズ内容の書かれたエントリーを探してみてくださいね。

ちょっと本気で探してみる価値ありな賞品です

☆(´・ω・`)ほんと?(`・ω・´)ノ ほんと!☆ ←Please look for me!  At the right column...


12月20日の深夜12時を持って無事終了しました。
沢山のアクセス、ありがとうございました。

PageTop

Cool Struttin' (Saturn & Neptune Version)

土星海王星メモ vol.2

世代アスペクトで土星海王星コンジャンクションというのがある。
以前書いたエントリーでTim Gunnの話を。(これ

Timには天秤で土星海王星がタイトに合のアスペクトがある。
世代共通なんだけど、双子金星木星の緩い合とのトラインになる。
この双子の金星と木星は決して品位が良好とは言えない。
木星などデトリメントになるけれどエクサルテーションな土星と組むからこそ、
パワーをよく発揮するんじゃないかと。

美の概念を現実のものに表現していく仕事、ファッション業界はそんな場所。
都会的ハイセンスというのは美的センスのなかでも山羊的な空気だ。
彼のASCは山羊ではないかと推測しているサイトの記述もあったけど。
確かに写真写りのいい肉の薄い骨格のはっきりした顔立ち、
太陽獅子でありながら、渋いモノトーンでシンプルなスタイルと最低限のアイテムのみで着回すことを推奨、
自らも白いシャツとダークなスーツスタイルがしっくりくる厳格なルックス。
無駄なものを一切排除した本質と現代性で勝負しろ!的な空気満載。

シビアな表情をしている割には、クライエントの過去のトラウマとそれを乗り越える様子に素朴に涙する。
魚の月が傷ついた人とか弱さへの同化を当たり前に誘うのだ。
意外な表情を浮かべたときの意表をつく感じ、不思議と誘い込まれる。

この辺り、まさに魚で太陽水星土星合のVeronica Webbといいコンビを組める由縁なのだろう。
Veronicaの水瓶金星はTimの双子金星とも親和性が高い。

土星は現実のビジネスシーンには欠かせない。
木星は助け合いや人脈を引っ張って来る。
TimとVeronicaも相互扶助し、TVの中で仕事を進めるパートナーとして社会に貢献している。
プラネットでは山羊キロンのみという驚く程に地のサインが少ないTimに、
牡牛木星と乙女火星天王星冥王星を持つVeronicaが手助けする。

この地上に形の無い夢や色鮮やかで美しいイメージを表現し定着させるには、
もうこれしか無い、これより他には出来ないんだ、という程の強い意志も必要だ。

才能があるよ、好きだよ、ぐらいの気の持ち様で取り組む人もいるし、
それで運良く実現してしまう人もあると思う。
とんとん拍子で行った先に、何が待ち受けるのか、どう乗り越えるかはその人自身の問題だけど。

これしか能がない、他に生きるすべは無い、という程の気魄は、
ただなんとなく入ってしまった人よりも強烈な印象を残す。
世代アスペクトに、パーソナルプラネットが関係した時、
そこには強烈な印象(オーラ)を醸し出す。

本来、土星もアウタープラネットの海王星もどちらもマレフィックと称されるものだ。
だけどマイナス同士はプラスに転化する、陰極まれば陽に転ずると考えるのなら。
合などの強力なアスペクトはその人の意志と実現を強烈に押し出して行く。
美の概念をタイトに、この地上に根付かせる土星海王星のアスペクト。

Timの土星はエクサルテーションの天秤、そこに海王星という世代。
獅子の冥王星世代と言うと、個人的にはバブリーで大仰というイメージながら、
洗練と言う武器を手に入れたその一方で、人の心の傷みの告白に涙する。
人魚みたいなやわやわの魚の月が不思議な印象を。
蟹の天王星と上手くトラインを組むのなら、まさに最強だ。
蟹火星水星は結構人の面倒を見たがる、放っておけない性分になりそうだ。

世代が違うVeronicaでアスペクトも似た様なものがあるわけではないのに、
これが上手くパズルピースを合わせる様に彼とのトライン様相を相互に作っている。
ノードも同じ風サインで持つもの同士、社会での助け合いは友愛の精神で。

バランスというもの、独りでは上手く取れなくても誰かとなら、という配慮があるのか。

生き馬の眼を抜くファッション業界とどれ程の虚偽が隠れているか解らないマスコミの現場で、
スマートさと現実を彩ることを仕事として実現させた彼らの身の処し方は、
美を解する情緒のみならず、現実と知性を上手く補い合えた結果だったみたいだ。

美のハイアーオクターヴの海王星をクールでエクサルテーションな天秤土星が後押しする。
この日常でのハイセンスな空気を演出するアスペクトだったのかね。

形無きものを、自分の中の美の概念に信念を与えて実現させるには、
という命題を持つ世代アスペクトかと思う。
それを地上に表すには自分の努力のみならず、実は誰かとくっついて共同で行うのがいい。
海王星の境界線を無くして広げて行く力と理想を信じる思いは誰かと分かち合ったり、
繋がりを必要とするだろうなあと、つくづくこの二人のやり方を観て思うのだな。

そして何か時代を超えた普遍性を感じさせるのは、
土星にアウタープラネットが絡んだもの独特の空気とも思う。

自分の夢やイメージを実現させたいと誰かに伝えるには勇気が伴う。
それが常識としてすぐさま受け入れられるかどうか、
反対や嘲笑、無理解から諦める人がどれだけいるのかとも思う。
それがタイトにアスペクトを取れば、実際に動かなくてはならなくなるようだ。

そんな時に、それを実現させた人、多分世間的には「成功者」といわれるのだろうが。
だけど、現世的な成功以上の何かをその言葉の奥から感じ取れた時、
次の新たな夢の実現化が始まるのかもしれない。
現実を高みに引き上げたい意識が、土星とアウタープラネットとのアスペクトと思う。

PageTop

かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう another

靈氣(レイキ)に関するメモ及び感想

巷では、お金でアチューンメント(靈授)なるものを受けてレイキ回路を開いて貰う事が圧倒的に多いと思う。
私もそう。 たまたま料金は比較的安いほうだったようだ。

自分で実際使えてるのかな、と思うときもあるが、
他のティーチャーにたまたま出逢って観て貰った際には、確かに回路は開いている、と。
だけど実感としては、確かに自分の感情が実に嫌になる程解ってしまうということ。

これが実に解りやすい。
なにせ、思った事が事実として跳ね返ってしまうから。
それはポジティヴな事よりも、むしろネガティヴな事の方で実現化しやすい。
如何に自分の中に片付けられなかったゴミが多かったかと言ういい証拠だ。

まず、イライラして誰かの悪口を言えば、その直後に痛い思いをする。
初伝(ファースト・ディグリー)の頃など、ドアを開けた時に自分でそのドアにオデコをぶつける。
家で敷居に親指ぶつけて爪が剥がれそうになったり(もう声も出ない痛さ)、
そらもう痛いんだが、笑ってしまう程跳ね返ってきますな...。 (´-ω-`;)
今は奥伝(サード・ディグリー)だけど、なんかもう既に肉体より精神に響く。

あ、そうそう。 念、邪気と呼ばれるものも受けやすくなると思いますよ。
だって回路開いて貰っちゃってんだもん。 
しかも全然修行やら瞑想なんてしてないヤツが、ですよ。
だから、まあ実際にどうなるかというと、感情が高ぶりやすくなったり。
なので、自己ヒーリングは死ぬまで欠かせないと思う。(これホント強調しときます。)
つまり普通なら何年も瞑想やら修行やらして一生掛かっても出来ない人も多いのに、
それがたった一度のアチューンメントで取りあえずその手の回路を開かれてしまったという事。

本来の手順をすっとばしてしまっているんです。
だから、実はレイキはその後が大変なんですよ。
今さらながら、精一杯自分の嫌なとこも見つめなければならない。
解っているつもりが今さらながら自分の中をこじ開けて、
観えないとこも掃除するなり、自分なりに理解して行くしか無いんですね。

今さらながら自分を見つめ直したり、
そこで一からやり直し的な気持で日々やっていかねばならないって、
正直面倒なもんですよ。
知らなければ知らないで済ませた話かもしれないのにねえ。

私は素朴に自分は強くなりたいなあ、と思っていました。
これは正直、今でもね。 
だってその人なりに、それぞれ力強く生きようと思って産まれてきたんでしょう。
 
いつでも何でもチャレンジできて、勝ちに行く!みたいな姿勢が当たり前の人生送れる人が羨ましいし、
そうあれたらと。
今でもそう思いますよ、正直ね。 

鍛えれば鍛える程、筋肉も骨も発達して丈夫な肉体と精神を持って生きられるだけで素晴らしいよ。
強くなりたい、そう思って5年も前にレイキのレの字も知らない頃、
私はスポーツクラブでせっせとマシーンエクササイズやプールなどにほぼ毎日通った。

背中の贅肉などはある程度取れたのに、筋肉そのものは発達しなかったんですね。
どうも身体の組織が柔らかいらしく、筋肉が発展しない体質だったようで残念。
占星術を本格的にやって、初めて先天的な体質からしてそうだったのだなーと。
牡羊や射手サインが効いてりゃなあ...。

その一方で子供の頃に読んだ本で、「弱い強さ」という不思議な言葉をずっと覚えていて。
大好きで何度も読み返したシートン動物記の中で弱々しい草食動物にも、
群を組んだり、集団で子供を護るなど、色んな智恵で荒々しい自然の中で生き延びる智恵を持っている、
また無理や無茶をしないで、なるべく身に安全な道を選ぶ、ということだったかな。
弱いということを或る意味強みにする、という。

そうすることで、敏感になり、迫り来る危険も察知しやすいってことだね。
別にスピでもなんでもないわけだよ、ただキッツい現実を受け入れて生きているってだけだ。
野生の生き物がアチューンメントなんて受けるかね?
自分自身を高めたい、なんて口で言うのは人間だけなんだな。
進化ってなんなんだろう。

で、入会から一年近く経って、私はそれまで受けていたパワーヨガ(アシュタンガ・ヨーガを元にした少しハードなエクササイズ)のレッスンから、
伝統的なハタ・ヨーガのレッスンに変えたのだった。
マシーンエクササイズもあまりやらなくなった。

その方が気持楽でしたね。 やっている最中、凄くあくびが出て、先生も呆れる程だったけど。
あの時デトックス出来てたんだな。
凄く簡単な関節をゆっくり廻したり、身体を捻ってほぐす、呼吸を止めないと言うだけだったけど。
呼吸法とか、色々面白かったし、今日でも思い出してやってみると懐かしい気分になった。

安全な道を選ぶ、ということは凄く重要です。
ヨーガの先生に教わって一番心に残った言葉は「無茶をしない。」ということだった。
それが一番いいんです。
乗馬でもその人に乗って練習させてくれる、
安全でちょうどいいレベルの能力の乗用馬に乗せてもらう事が上達のポイントだった。

安全だという事は、一見すれば簡単な事でもある。
なのに簡単な事を毎日続ける、というのが実は一番大変でもある。
自己ヒーリングは私も簡単にしかしていない。
飲み物やなんかが飲み難ければレイキして味を変えるとか、
苛立ちに気付いたら、自分の身体に手を当てる、マントラやシンボルは自分で任意で使うなど。
夜寝る時に自分自身や家などの空間などにイメージして行う、など。
これも自分で思いついた範囲でやってみている程度だけど。

ヒーリングというのは施術者次第で、下手すれば実はただの害毒を流す人にもなりかねない。
それがこのいまどきのスピというものの実情です。
実際、私もたまの遠隔以外は自己ヒーリングばかりだが、どこまで出来てるんだかなあと思う。
やっていたって身体を冷やせば風邪もひくし、体調だってその日その日違うわけで。
その点で結果重視な人から見ればレイキは別に万能の手法ではないだろう。
今すぐやれば自己実現ってできるわけじゃない。
レイキなどの手当療法、民間療法だけに頼り過ぎて、西洋医学を軽視するなど論外だし。

いまどきのスピやニューエイジというのが、その現実の効果ばかりを誇大にしているのが現状じゃないかな。
大手書店で精神世界、スピリチュアル、という棚を見てみるといい。
そこをうろついている人達の様子やいでたちを見て。
彼らと自分はどこが違うか似ているか、よくよく確かめてみるといい。

色んな技法、修行や瞑想法はあるようだけれど、
本当はそのバックグラウンドや発祥への理解が必要なのでは。
たった一つでいい、ヨーガでもなんでもいい、その手のことをちゃんと人から学んで、
レッスン受けるなどして実践受けて体感できるかどうか確かめた方がいい。
それから自分でも図書館なりなんなりで本や資料を読むなりして勉強してみれば、
実は凄くよく出来て練られたもの、沢山の先達の遺産はありがたいと思えるはず。


何度も自分でついつい書いてしまうけれど、自分の都合ばかり優先の発想ではねえ、と。
そんなところを、実は回路開かれたら嫌でも直視させられてしまうんです。
個人的にレイキというのは素晴らしいと思う。 
鞍馬にも去年の秋口に出かけてみたが、荘厳という空気を体感できたのは有り難かった。
それ以降は寺社に行っても、自分に合うところはあると、その辺り実に解りやすくなった。

受け取り方一つで、どうにでもなるといえばなるものだろう。
それはレイキだけに限らず、世の中全てそんなもんだって。
自分自身というものを垣間見せられる、ということを受け入れられたら。

だけどもしもアチューンメントを受けるなら。
誰から受けるのかも大事かもしれないが、それ以上にその後自分がどう過ごすかが大きな課題だ。
最初に受けて二年以上経って、解ったのはそういうことだった。
あのティーチャーは善いの悪いの、アチューンメント受け直すとスピ好きは噂ばかりだが、
実際そんな事以上に自分自身を観た時どうなのか、と思う。

これまたハッキリ書いてしまうが、人の噂であれこれと決めつけたりしているうちは、
レイキ回路もその人を正す方向にばかり使われてしまうのでは、と思う。
これはそういう情報を取り入れる場所ではないのか。
基本、有益に作用はするだろうけど、その結果はどうでるかはやっぱり本人次第だ。
その辺りが解らなかったらどのティーチャーに受けようが、
後からアチューンメントの受け直ししようが、同じ事だ。

だって、レイキの五戒、それが全てを表している。
その後をどう生きるのかを。

こんな事書いてりゃ、また念やら何やらでしんどいだろうけど。 

自分が受けた時はただ、イキイキやっていきたい、もう苦しいのは辛いから、
というぐらいだったけどなー。
何やってんだかねえ...。

そして自分が癒せたら、私も誰かを癒したい、なんておこがましいことだ。
だって自分を癒す、という事が一生涯掛かる大仕事だから。
自分をまず大事にする、ということや何でも無いごく普通の生活やなりわいこそが、
実はかけがえないものだなあと思います。
ただ素朴である、ということはどれほど質の高い事かと。

もしも誰かが癒されたと感じたなら、それはその人自身が意識しなくても溢れる何かに、
癒された方が心の奥を底上げされたという結果、だと思う。
大事にしたいと思う何かに触れた時、ヒーリングが起こるのだと。
人為的に何かを操作して起こすという感じではない。
それはそうなった、というイメージ。

実がある、ということは、世間の言うスピリチュアルなんてものでは解り難いもの。
眼に見えることだけじゃないというのに気付くアイテムは、いっぱいある。
ただ五感だけでも駆使していれば、そしてその五感を与えてくれる身体と、
身の周りの自然を大事にしているだけでいいと。
実は昔ながらの第六感なんてものは特別でもなんでもないことが誰でも感じると思います。

なにごとも答えは一つだけじゃないし、高圧的にこれだけが正しい、自分こそが唯一優れている的な発想や空気を感じた時に、
そこから離れるタイミングも解ると思います。

最近、この暑いのに暫く世話出来ていなかった鉢植えの薔薇をせっせと面倒見ている。
腕が日焼けちゃったなー。

DSC00209_convert_20090814115900.jpg

暑いときもまったりと。 なんかあっても気にしなーい。

PageTop

天然

他で書いた日記が我ながらなんとなく面白い気がしたので、
ちょいとここにもコピーして載せてみると。

岡崎京子ってやっぱり好きだねえ。
未だに本屋ではずっと河出のムック本が平積みで売られている。

彼女は潔い小娘を書かせたら天下一品だった。
過去形なのがちょっと寂しいんだけど。

岡崎京子―総特集 (KAWADE夢ムック)岡崎京子―総特集 (KAWADE夢ムック)
(2002/03)
不明

商品詳細を見る


ムックを立ち読みでパラパラと眺めていたら、
制服をマイクロミニに改造したルーズソックス女子高生ちゃんへの脚寒くないっすか?という問いかけに、
「これが仕事っスから!」とキッとした顔で言わせているわけです。

女子高生ちゃんのピアスまとめて4、5個ぶち込んでる耳たぶが眩しいね。
こっちまでピアス孔増やしたくなるな。
こんな1ページ漫画が描かれた頃は渋谷にはチーマーなんて一人じゃなんにもできんクソガキがたむろして街を汚し、
援交という言葉も定着したころだったと思う。

(ご存知の通り女子高生ちゃん=援交という間抜けな公式ではなく、
 世間的役割をその人なりに飲み込んで受け入れてる器の大きさって奴の結晶が「仕事っス。」の一言。)


「私たち、主婦で、ママで、女です。」という何度見ても気持悪いCMがあるわけだけど。
このメーカーがTOYO○A(伏せ字になってないが)というのが、なんかこう...。

あれはVE○Yって雑誌の世界か、ママ友って立ち位置の連中でしょうか。
私なら強欲さを正直と脳内変換してんじゃないかとマイナスな感情が湧くのだけど、
岡崎なら二十一世紀なった今、どんな風にこういう女達への愛情を描くんだろう。
どんな台詞を語らせるだろう、とふと思った。

自分が嫌いな人間にだって、それぞれに愛はあるし、肉体もあれば生活だってある。
いまここで生きてるのに変わりはない。

私はこの人の真っ正直な人の見方が好きなんだろうな。
彼女の凄いとこは、不特定多数にウケたいってんじゃなくて、
これは自分がやらにゃならん役割だろうというのが解って、
それがキツい話でも引き受けられる人を応援できるんだな。

それが一般ウケし辛かったり、世間から後ろ指刺されるかもしれない立ち位置の人に対しても、
まったくもって真っ直ぐ基本明るく観ているという。

人は、世の中は、本当のとこ信じるに限る、と。
そんな達観といえば大袈裟だけど、人の生命力を信じてるんだなあと。
大雑把でこなれたタッチの線に、絶妙な間とズレのある色彩と空間で見事に表現してしまう。
確かな信頼と愛情があるのだなー。
なんかクソ真面目で律儀な職人仕事だと思う。


ま、あれだ。
その対極いてそうなガーリーとかナチュラルとかオーガニックってのを中途半端にオサレとかおしょれアイテムとしている人からはどうしても逃げたい。
小動物的な可愛さをアピールするクセとだいたいセットになってるのが痛い...。

この手の「これが仕事っスから。」という肚の括り方が出来そうもないのに図々しい人々って一番避けたいのだ。
なんかねえ、上手く言えないけど、もの凄い空気出してるからね。


散々な言い草してますけど、雑穀など嫌いじゃない。
てか、好きです、本当はね。
世間的にやたら健康志向とか無農薬有機栽培みたいなのに、
あっさりしっぽ降るのは嫌なだけですが、
炭水化物は本当に大好きだから。

人前じゃー値段高過ぎだろーよとか、銀シャリより変に敷居高いのどうよって憎まれ口叩きますけど。
たまーにだけど雑穀入りご飯炊いたり、玄米炊いたのを買って食べる事もある。

美味しいと思いますよ、穀物の味の濃さってのぐらいは感じます。
私の胃腸には厳しいので、たまのイベントって感じで食べるぐらいでちょうどいい。

上手くて栄養あるんだろうけど、オーガニックなんてのは基本そんなに優しくはない気がする。
むしろキッツいもんですね、自然ってね。

そんなキッツい、融通きかない自然ってやつから、
自分に都合の良いとこ取りみたいなことはしたくないし、できる筈もない。

なんてのをね...。
今更スピとかなんとか声高に言う人達というのは、
オーガニックな生活するアテクシみたいなテイストの人とどこかが似てる気がする。
なんかつっこみ入れられそうな気もするけど、まあいいか。
器がちっせー奴ですんません。

あ、そういやここで好きな本の話になった時って、
いわゆるスピ系って本は殆ど紹介してないね。
自分でもその手の本が何故か読み辛い今日この頃。
なんかこの手の本、妙な空気感じる気がするんだけどー。
念の強さってのかな、なんか自分だけが正しいみたいな押し付けがましさもウザー。

だからこの手の本は読んだ後は、大半は古本屋に叩き売りしてるな。
その日のうちに30円で売り飛ばしたのもあるし。
タロットと占星術関係の実用書ぐらいか、ちゃんと手元に置いてるのは。

ほんとはそんなが自分の中でいまさら感バリバリだからだろうなあ...。
祝詞だの真言だのを真剣に唱えてあれこれしたがる人を、
ふーん、としか見られないのってなんなんだろう。
自分はそう言う事全然出来ないのに。

リアル生活で突き抜けてる人との話の方がよっぽど愉しいし、
修行だ瞑想だと張り切ってる人の傍に行くことがないし。
占いなんてやってりゃ、本気でそういうことしてる方がいいだろうに。

なのに、「これが仕事ッスから!」ってな、おっとこまえ女子高生ちゃんとか、
テレクラのサクラのバイトでカレー作りながら客の相手をしてる女の逞しさにほれぼれ。
そんな突き抜け方してる人の方が、スピってのにどっぷりな人より好きだったりする。

一見して実用一点張りなことばっかり言ってる人の方が、
その言葉の一つ一つが高邁な精神の賜物なんだな。
素晴らしいエネルギー放っておるよ、中途半端なマントラや祝詞あげるよかね。
市井の中で現実と向き合ってる人こそ、その突き抜け感がハンパねーんだわ。 
この前のエントリーにもあるけど、文句無しにカッケー!って人は輝きが違うのよ。

「カッコいい」の基準ってのがしっかりあるかどうかがキモらしいです。

PageTop