FC2ブログ
 

sota de copas

22番目の大アルカナ

そう、言わずとしれた「世界」のカードですね。
私はこのカードが大好きです。
恐れ多くもホワイトキャットタロットの世界のカードをプロフィールにしてたりしますが。(笑)
初めてアクエリアンタロットデッキを手にした時に、一番心惹かれるカードだったのです。
ネットで見たところ、私のソウルカードは3番目の女帝であり、
22番目の世界はパーソナリティーカードとされていました。

このカードに対応する惑星は土星。
物事を遅れさせ、心身共に制限を与え、先に進みたいのに進めない苦悩と努力の果てに、
真剣で真摯な心を育て、成長させ、完成へと導く星。
物事を組織化し、秩序立ててまとめ上げるのも、土星のお陰です。
最後にその人に見合った結果を提示する星です。

上記の事も既に何度も触れた事ですが、物事をクリスタライズ(結晶化)させる星であるために、
大変厳しくもあるのですが、頼もしく思う気持の方が強いですね。
土星は厳しい分、その人の努力をしっかり見ている星でもあると思うので。
苦しみの果てに手にする事は、イージーに手に入れた実りよりも遥かに貴重。

最後であり、完成を表すとはいえ、考える事の道のりは長い。
完成なんてそんな大それた事はとても解らない。
それでも「世界」のカードを初めて観た時になんとなく善い感じがしたのは、
ネイタルチャートの魚座28度に金星とタイトに土星がコンジャンクションしているからでしょう、きっと。

土星は今年木星が入った山羊座のルーラー。
そこには先日書いた様に二月には冥王星も入って来ます。
占いやスピリチュアリティに対して真面目に取り組んだ人にはそれに見合った恩恵はあるでしょうが、
報道にある様な法外な値段でのお祓いや怪しげなリーディング、霊感商法といった事に加担してきた人、
またそういった事にお金をつぎ込んで、自分で考える事を放棄してしまった人にも、
何らかの「結果」を突きつけられるのではないでしょうか。

その時には厳しい状況とはなるでしょうが、決して悪い様にはならないはず。

実の有る事の素晴らしさ、傍目には不器用に見えるやり方であっても着実にゆっくりと歩を進める喜びを、
今更ながら再確認できる人も多い筈です。
小手先の器用さにいたずらに憧れない、怪しげな事に惑わされず真の価値を見極められる時代に入ったのでしょう。
質実剛健、頼りがいは山羊座のキーワードだと思うのです。
それに冥王星のパワーが加わる事で、そういった価値観にプライドを持てるし、
徹底して価値を見極める事になると考えています。
最後に遺せるもの、未来に伝えられる事がここ数年ではっきり定まって来るでしょう。

「世界」のカードはそんな山羊座らしい苦難の過程を経た生命が、
最後に喜びのダンスを踊っている様子を表しています。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)