FC2ブログ
 

sota de copas

窓を開け放つ様に

タロットとの出逢いをきっかけに占いを自ら専門的に学ぶようになってから、
エネルギーの質が変化してきているのかと思われる様な出来事がありました。
レイキとも同時に出逢ってヒーリングを施された事もあるような気がします。

それだけに、人から受けるエネルギーにも反応しやすくなっているかもしれませんね。
色々思う事あり。
自分から発するエネルギーが、少しでもいいものであればと願っていますが、
暖かくほっとするようなエネルギーを本当にもっていればいいのになあと。
特にネガティヴな感情というのは、すぐに誰しも察知してしまいますからね。

昔はヒーラーというのは特別に霊的な才能がある人でなくてはなれないと思っていました。
今でも一般的にはそういう認識ではないかと。
だけれど、何年も前から癒し系なんて個性のカテゴリーが出来ているのだから、
本当は癒しそのものは誰にでも備わっている事に、世間は少しずつ気付き始めているのかも。

その昔、魔術師、魔導師、グルと呼ばれる人々は長い時間を掛けて自らを訓練したり、
秘伝の術を会得することでサイキックパワーを駆使していた様ですが、
それらはなにより心身共に消耗が激しい事ではあるんですね。
自分の中のエネルギーだけで超自然的な作用を起こそうとするわけだから。
そういうところから頼りにもされ、恐れられたりしたのかもしれません。

今は良い時代かもしれない。
エネルギーを自分のものだけを強めて消耗しなくても、十分よくする事ができるのだから。
自分を媒体にして宇宙から流れて来るエネルギーを、窓を開けて新鮮な空気を交換する様に爽快にできる概念があるので。

エネルギーそのものは、自然、宇宙の中に溢れているもので充分。
自分の中のエネルギーを身の回りの自然の中で暖かい感情の中で交換できれば、
それがなにより。

その「自然」の中には森羅万象、もちろん人間世界があるわけで。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)