FC2ブログ
 

sota de copas

アセンダント、もしくは水星、ダブルボディーズサインについて

アセンダント(以下ASC)は、その概念を占星術を学び始めて初めて意味を知ったものですが、
実に面白いですね。

パーソナリティの玄関口でも、太陽がその人の自我、理想、モットーとすれば、
ASCは本人の容姿、行動パターンといった表面上に現れる個性でしょうか。
世間的には、ASC天秤座生まれというのは憧れの様です。
それでも現実世界を見てみると、今のこの社会の傾向などから考えてASC乙女座の人というのは、なかなかお得かもしれませんよ。
清潔感があり、考え方、行動パターンが慎重でしっかりしているというのは、
応用が利くし、信用と好感度が高くなります。
必然的に見た目の趣味もいい感じに。

占星術のT先生に伺うと、ASC乙女座は現実的な思考が出来る分、批判精神も旺盛になりやすい傾向があると言うお答え。
確かに分析力があるということは、知性故に批判精神が必ず現れてしまいます。
それでも乙女座なりの気遣いや先の述べた清潔感や現代的な人当たりのよさ、如才なく立ち回れるというところで上手く批判的な意見も伝達できるのですね。

ヘルメスは直接ペルセフォネ、アストレイアと関わる神ではないようですが、
現在のルーラーであるところを見ると、力を貸している様な。
永遠に若々しい青年の姿で中性的な神との相性はいいのかな。
まさにサインの性格だけを見れば伝達、伝令の神の妹ではと思わせる側面を持つサイン、乙女座です。
神話ではデメテル(セレス)の娘でハデス(プルート)の妻となったペルセフォネと言われることが多いのですが、
もう一つの正義の女神アストレイアでもあるんですね。
アストレイアが持つ天秤が隣の天秤座であると言う。
今現在の情報社会を眺めると、アストレイア的な側面も強いかもしれません。

サインで表される色んな太陽、金星、火星がありますが、それらのサインの魅力を過剰にならないように上手く調整して表現しやすいASCかもしれません。
これは、どうも現在のルーラーが水星であることが関係していそうですよ。
最初に双子座で情報と思考能力を与え、次に乙女座でより高度な応用として分析力を授ける星。

http://www.isas.jaxa.jp/j/column/inner_planet/11.shtml

物理音痴な私ですが、うっすらとヘルメス(マーキュリー)の一筋縄ではいかない面白さを感じます。
ダブルボディーズサインであり、人の姿をそのままに象徴している双子座と乙女座の守護神。

この世界とそれぞれのサインの個性を引き合わせて、程よく調整する優れた媒体。

☆ 11/27に補足致しました。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)