FC2ブログ
Tarot CardとAstolorogyのフィルターを通して観る  この世界への感想文とこの世の記憶帖
http://gatosblancos.blog93.fc2.com/
若者のすべて
2019-08-31 Sat 15:20
小さい差しかないことをずっとさせられていたら、多分子どもは大人しくなるのではないかと思います。
子どもが何か言うのは聞いてくれる人がいるからで、いなければ言わなくなります。
育児放棄されている子がコミュニケーション能力の発育が遅れがちなのと似ているかもしれない。
いつも無視されていると、何か自分から言ってみよう、やってみよう、という気がなくなります。

ブレグジット狂騒曲 ブレイディみかこ著 弦書房刊


乙女新月で水星、金星に火星までと集まってステリウムにしても団子状態ですな。
魚海王星、乙女水星共にディグニティでないですか。
まだ金星、月、もう少しすると太陽、水星がオポジションになる。
どこまで自分なりに楽しめるか、海王星。,。・:*:・゚'☆,。・:*:(-ω-),。・:*:・゚'☆,。・:*:

夏休み終わって新学期がちょうど太陽乙女の時期に始まるというのはなかなかのタイミングだなと思う。
欧米ならこれから進級進学なんですな。
同じ水星ルーラーの双子ならまだ知性の発露、発育の段階といったところ。
乙女は地のサインで水星だから、実用的で構築、実践していくための知性といった大人になってからの使い方ですかね。
実践したけりゃ、最初に学童期(水星)という準備でもあり、興味とワクワク感の元を自分で味わっておく必要。(`・ω・´)

乙女サインは真面目がいい、なので獅子サインでの自我を抑えてしまいがち。
こじんまりと収まって地味になるので、萎縮したようになったり。
ルーラーが水星、分析力がテーマだけれど、土星が強勢となるサインなので、制限の要素もあるな。
謙虚であることはいいのだが、度が過ぎれば反対に周囲も戸惑うところがあるのだ。
自我は加減して出していかないと、相手の人物像が解りにくかったり画一化されててもね。(´・ω・`)

宿題の提出とか新学期や新年度とか、秋分もあって色々節目。
さて、宿題にありがちな自由研究。
絵やイラストとかヴィジュアル化すると、自由研究的なものは割と自分の中で構築しやすい、
ってかヴィジュアライズは以前のエントリーでも書いたけど軍事訓練にも使われるぐらいで、
実は学習に必須ではないかな。
今時のフローチャートってそれではないかと思う。
自分でマニュアル作るには多少なりとも図案的なものを思い浮かべてみる。(・ω・)。○◯

絵心とか心得なくても視覚化するために映像を思い浮かべることは本来誰でもできる。
積極的に活用することで訓練になりやすい。
これは海王星を前向きにとらえているかもしれない。
空想や想像することを自分で絵空事など無駄、意味ないなどと思わず自分から受け入れてみる。
近年はコスパだのすぐに結果が出ないものに時間とお金費やすのは、
という話に不満や反対意見も出るようになって、その変化はいいことだなと思う。ヽ(•̀ω•́ )ゝ

これが何か行動を起こす、発言する際に想像力をまず働かせることができるかどうかが人が成長する、
大人になる鍵ではないかと。
まず自分が何をどうしたいのか、なぜしてみたいのかがある程度ヴィジュアルができていれば、
実行に移しやすかったり、いい結果が出しやすいのではないかと思う。
考えすぎ、配慮しすぎはどうかと思うが、その辺の加減も見極めたり。
感受性はそのように発達していくのではないかと。
水星の知性は海王星による訓練も実はかなり必要でないかな。(-ω-)ノ(・ω・)

実際に物事を構築するにはヴィジュアライズ能力が欠かせないのでは。
今時のフローチャートというものを見れば、一目でわかるようにしてみた、という感じで。
これらを脳内で作り上げることで自分なりのマニュアルや対応策を講じる。
臨機応変に対応できるだけの緩さもどの程度設定するのか。
キチキチにならないよう、遊びをどの程度作るか。
自分なりの運転技術とハンドル操作がしやすいように構築するのだ。( ・`ω・´)ノ

個人的にある程度までやり方を教えるのはいいが、
どこかあやふやさを持ったふわっとしたやり方でないと、
昭和から続いてる日本の企業流なマニュアルでガチガチに固めてしまうのまずい。
しゃっちょこばった不自然さがどこかにあると、いずれ破綻するのでは。
教育の現場でそうなってしまう恐れは感じてるんですけどね。
先生の質が、というより保護者、親など家族として暮らす大人の側(土星)が子供をガチガチにしてしまってないか、とか。
学校よりもそれぞれのご家庭の方が本来、影響大なわけだからさ...。(´・ω・`)

大人は土星と木星の両方があって、前者は年長者、家父長、老人的なキャラで厳しさ担当に思われがちだけど、
結晶化、地固めする、長持ちさせるというあたりでまず何より子供以上に自分自身に厳しくあれと。
子供には毅然としても冷淡にならず、制限やキツさよりまずはその子に自信を持たせるように。
後者は寛容さ、とよく言われるが緩さと育くむ、受け入れとも言うけれど、一方で大らかすぎたり、
場合によってはそれが無関心さに変わってしまう恐れがあるかもしれない。
親戚のおじさんおばさんといった程よく距離感もあるキャラ設定だからかも。
どちらも一長一短はあるんです。
人間が使う時にはそれなりの不具合を感じるところや居心地の良し悪しを感じながら調整しないといけない。
火星とともに、ソーシャルプラネットは特にそんなとこがあるかも。(´・ω・`;)メンドクサー

やっぱり寛容さと無関心はちょっとリンクするとこもあるのかな。
まーどちらにしても余裕があるということは空白とか余白があるってことだよね。
心の余白は無関心なのか、距離感のある視点なのか。
どんな関係でもあまり相手にも自身にも関心や思い入れが強すぎはいかんのでしょうね。
余裕大事。(・ω・)人(-ω-)

乙女新月でタイミング的にもやれやれ、と思いがちな時期ですが。
まだ夏を惜しむ気分が残ってたり、日が少しずつ短くなっていく寂しさもあるんでしょうな。
そんな時ほど魚海王星で心が動くことを探ってみてもいいような。
射手木星、山羊土星と本来のディグニティを運行しているこの時期はいいチャンスだと思う。
学校、会社行きたくないヒト結構いるだろうけど。
大人になってしまうと自分で自分を見守ってやるしかない。
そんな時ほどイメージをいろいろ思い浮かべてこれからのことを模索してもいいかもしれない。(・ω・)

イメージしたものを伝えるのはその時必要なのは説明するための言語能力(水星)だけど、
そこにテンポの良さ、リズムや律動感と呼ばれるもので受け手のハートをつかむのだ。
律動感は海王星が与える能力でも意外と知られてないのかも。
人に何かを伝えて心動かすのは耳の小骨が振動して音を伝えるように、
動きにテンポやリズムを与える海王星の力だ。( ・`ω・´)

空想やイメージの世界に遊ぶとき、
それは他人や外側から見れば無為、無駄な時を過ごしているかのように誤解されやすい。
ヒトを何かから解放したり引き上げる天王星の役割を受け止め、海王星はそんな解りにくさでもう一つの世界を見せる。
ひとつ別の答えや解決策が見つかるかも、という何かからの提案かもしれない。
ヒトによっては誘惑と捉えられるのかも。
それがただの幻惑や無駄な悪夢で終わらせてしまうのか、自分にとって必要な答えだったのか、
それは当人にしか解らない、それはすぐには解らない、長い時間を経てから受け取るのかも。
時間や効率にとらわれてる時、それこそ時間どろぼうに幻惑されているのかも。
新たな世界観、イデアはイメージに遊ぶ見えない場所から。
自身で何かを考える、自らも周囲も動かすのは外からは無為に見える時間を過ごした後に。
,
。・:*:・゚'☆,。・:*:(-ω-),。・:*:・゚'☆,。・:*:


別窓 | Astrology | コメント:0 | トラックバック:0 
<<ちょうどいい | sota de copas | うちゅうひこうしのうた>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| sota de copas |