FC2ブログ
sota de copas
Tarot CardとAstolorogyのフィルターを通して観る  この世界への感想文とこの世の記憶帖
プロフィール

Gatos Blancos

Author:Gatos Blancos
占星家

ある日とある街角でタロットカードと西洋占星術の再会から始まったとりとめない憶いの記録

当方では対面、メールでの有料個人セッションのみとなります。
ブログ上でのコメント欄での一個人のリーディング依頼はお受けいたしかねます。

Webサイト・ブログ、印刷物等への転載はお断りしています。

あしからずご了承下さい。


西洋占星術とタロットカードによるリーディングに関するお問い合わせはこちら



最近の記事



最近のコメント



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



PopUp Wikipedia?

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



子ども科学電話相談
温度以上に湿度高いが、それをやり過ごす智慧とユルさが必要だ。
もう明日から八月だなんて。(´・ω・`;)

風の谷のナウシカって実はあまりテーマの描かれ方が好きではないんだけど。
ヒロインが女の子として誰かに頼ることが出来ない、強く賢く凛々しいリーダー像を求められてるとことか。
地下室らしきところにこもってひっそり胞子を育てて研究とかしている様子など、
なんとなく本来の彼女はこっちじゃないかと思ったり。(-ω-)

社会が求める姿と実像は別って珍しくないだろうけど。(´・ω・`)

世の中には色んな思惑や期待、情報や入れ知恵ってあります。
知恵、情報は水星、個人的にはマインド思考と。
入れ知恵されたものは、本来のその人の水星とはまた別なやつかも。
その人のサインで趣味、得意分野やアスペクトで使い方や考え方の傾向が解るかも。(・ω・)

水星は前に書いたかもだけど、最大離角が金星よりさらに小さい。
太陽から近いので太陽と同じサインかその隣のサインなので本質である太陽と連動しているイメージ。
太陽という公に表明している自分自身のエネルギーに沿っていることが多いです。
考え方、マインド、言葉と言うのは基本、人前で表すものだなと実感。
コミュニケーションってことですか。( ・ω・)ノヽ(・ω・ )

土星がタイトにアスペクトしていると、言葉が遅かったり、喋るのが苦手とか出る場合もあるし、
一方で以前エントリーしたかも、古典芸能に関わったり父親、年長者から何か教わることになったり。
実際、水星の年齢域(7〜15歳前後の児童期)にそんな環境にあったり。
真面目にお稽古事してたり、この子供時代に人前に出るのが苦手、っていう時間を過ごした人もあるかも。

思うんだけど、喋るの苦手、思考を表明するのに苦手意識があるなら老人や年長者と関わってはどうだろう。
もう年齢的に児童じゃなくなったとしても、太陽のそばやすぐ隣にいる水星は金星と共に一生その人と付き合ってくれます。
水星が土星とアスペクト取ってたり、水星が山羊、水瓶、天秤だと年長者や古典的、アカデミックな空気の中でのびしろがあるかも。
水星は結構土星と実は相性いいような。
どちらの星も風、土のサインで使いやすくなるのですよ。(`・ω・´)

言葉や考え方を発信するには、大風呂敷広げる(木星ハードアスペクト)よりは信頼を勝ち得る方がいいわけで。
誠実さや真面目さを表に出すには現実世界の土星(その人の現実で得る価値)を使うしかない。
水星が土星と直接アスペクト取ってなくても、話す、説明する際に自分の土星のサインやどの星とアスペクト取ってるか意識してみるといいかも。( ・ω・)(・ω・ )

ふと思い立って現在のトランジット確認したら、太陽火星が獅子で合、水星は乙女と結構ディグニティ効いてたり。
月は蠍で失墜してるものの同じくディグニティの魚海王星とトラインでなだめられてる感じ。
分析する乙女水星で冷静に現実を見るイメージ持つのもいい。
調べる、選定には水星使うわけで、自分に合う考え方や言葉を太陽と同じかその隣のサインに沿って決めてるような。(・ω・)

水星が太陽の隣のサインだったら、周囲の状況やメンバーの意見を汲み取って合わせてあげるのか、
太陽と同じサインであれば、人からなんと言われようと自分に自信を持てと水星から言われているのかも。
太陽と違うサインなら、それは敢えて隣人の話を訊いてみようという態度かもしれない。ヽ( ´ω` )

水星のディグニティが双子、乙女というダブルボディーズサインというずいぶん前にエントリーした話だけど、
誰かとのつながり方を水星が表しているということで。
コミュニケーション能力云々とかコミュ障とか言う前に、
自分の水星の能力を色々見てやると自分の太陽という自信の持ち方が変わってくるかも。( ・`ω・´)

水星は中性の星で男女という性の匂いがあまりしない。
また善悪の区別もしないというところも中立な立場なので、考え方、モノは言いようというところもあって、
この辺も土星で上手く調整と引き締めが必要ってとこもあります。
水星は商売、ビジネスシーンで使われるので、
そこで信頼を得るための土星が欠かせないというのも時間が経ってジワジワくるとこだと思う。(`・ω・)人(・ω・´)

土星のコンプレックス、飢餓感、制限や苦手意識が、いい具合に水星の学びや知識欲といったところを刺激してくる。
褒めて伸ばすという手もあるけど、ただホスピタリティ豊かな状況の中だけでは向上はできない。
ハングリーさや型を要求する厳しさが水星の持つ技術習得には欠かせないところもあるしね...。( -`ω-´)

ルーラーが木星である射手で土星が逆行しながらまだ運行中というのは、
考え方や理想を形にするという点で大事かもしれない。
かつて冥王星が射手運行中に起こったことを今の土星が地ならししているような気も。
そこそこ年食った大人の身で水星使うと、そんなとこも感じられたりね。
時間が経つとそんな水星の使い方も。(-ω-)

夏休み真っ盛り、まさに太陽獅子でディグニティで動くこの時期は子供時代を思い出しやすい。
勉強や宿題はメンドくさいけど、なんだかんだで自分のためにやるものだ。
廻り道してるようで、実はこの時(児童期)得た知識や経験が太陽の年齢域に影響する。
良く学び良く遊べって単純に言われるけど、一生ついて回るのだ。
現実での自信持たせるための思考、知恵と創意工夫、技術とコミュニケーション、
それが水星だからなー。ヽ( ´ω` )ノ
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gatosblancos.blog93.fc2.com/tb.php/522-30e19962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)