FC2ブログ
sota de copas
Tarot CardとAstolorogyのフィルターを通して観る  この世界への感想文とこの世の記憶帖
プロフィール

Gatos Blancos

Author:Gatos Blancos
占星家

ある日とある街角でタロットカードと西洋占星術の再会から始まったとりとめない憶いの記録

当方では対面、メールでの有料個人セッションのみとなります。
ブログ上でのコメント欄での一個人のリーディング依頼はお受けいたしかねます。

Webサイト・ブログ、印刷物等への転載はお断りしています。

あしからずご了承下さい。


西洋占星術とタロットカードによるリーディングに関するお問い合わせはこちら



最近の記事



最近のコメント



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



PopUp Wikipedia?

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



豆ごはんの
美味い季節ですね。
子供の頃はグリーンピースきらーいなどとはじいてたくせに。
小骨取るのもメンドくさい魚、野菜のアクや苦味、青臭さが好きになるってなんだろう。(・ω・)?

苦味は土星の管轄です。
そういえば骨も土星だな。
やさいはおくすりみたいでイヤーなんて思いながら嫌々食べたり残したりな小学生。ヽ(´・ω・`)ノ ブーブー

野菜の味や香りなんて子供からしたら薬と同じ、今すぐ食べたいもんじゃないですね。
給食の献立表見るのが大好きな子供だったけど、
材料表の肉の横にはからだをつくる、ご飯やパンにはねつのもとになる、
そして野菜の横にはからだのちょうしをととのえるというマークがあったのを覚えている。
だけど本能的にこれいらなーいって感じで野菜嫌ってたような。
子供のうちは意識せずとも自然と調整できてたんでしょうな。ヽ( ´ω` )

生命力にあふれる子供には薬っぽいものは欲しくないと思うらしく。
お肉やパン、ご飯、お菓子といった甘味やコクのある、体を動かす元のものばかり食べたがるわけで。
そんな中で、嫌々食べさせられた野菜の記憶なのに、なぜか欲するようになるんですよ。(´・ω・`)

なにごとも経験というけど、確かに無駄にならないようです。
経験は基本、木星ルーラーに設定されてる射手サインI experience なんですが。
木星には「判断」という役割があったり。 ( ・ω・)(・ω・ )

昔の占星術指南書にはよく正義って書かれてるんですが、
以前エントリーでも書いたようにその人の信念体系。
ソーシャルに使うので、周囲の状況の中で自分ならどうするか、どう考えたり受け取るのか。
時にそれが個人の中での宗教心となったり。( -`ω-´)

今の土星は射手サインで逆行中。
射手のルーラーである木星もまた天秤で同じく逆行中。
土星は天秤で高揚の座だったり。
なんとなく来し方をこのソーシャルプラネット揃って逆行中の時期に思ったり。(-ω-)

土星を木星的に使うチャンスなのかも。
経験してみて、そこから吟味して取捨選択するという機会。
逆行している時には内側に向けて使うように意識してみるといいかも。
自分の中の経験をいま一度、使えるものは何か思い出してみるとか。
結構使えるものが見つかるかも。(`・ω・´)

逆行の時期、特にソーシャルプラネット木星、土星(火星も)のアクティヴィティは期待できないとして、
内側に向けて使う時期。
力を蓄えて後々の土台や元になるものを得ている時期として雌伏するといいかも。( ・`ω・´)

イメージ的に今の射手土星、天秤木星は古典芸能など体使うお稽古事、お相撲などのイメージ。
この手のが好きな子って長じて年長者からに何げにサポートしてもらいやすいのです。
三世代同居でなくても、爺ちゃん婆ちゃんとの付き合いが濃かったりしてその辺に手慣れてしまうのかも。
実際、世間で言う育ちのいい子であって大人になっても偏食もなく男女とも野菜の好きな人になったり、
魚の食べ方が綺麗だったりするのです。(・ω・)ノ

実際この手のしつけってあまり親が直接ウルサく言うのも逆効果と思う。
老人(土星)や親戚のおじさんおばさん(木星)といった、
ワンクッション置いた関係のヒトから言われることの方が素直に聞けたり。( ・ω・)ノ(´・ω・`)

子供時代に経験してきたことが後々心身を助ける知恵になるのかも。
時間が経ってからその価値、意味が解ると何かが腑に落ちる、固まってた何かが柔らかくなるような。
あれだけ美味しくないと思ってた野菜のエグみや食感が美味しかったり楽しくなるのは面白い。
歳とるのって悪くない気がしますけどね。( ・ω・)( ´ω` )

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gatosblancos.blog93.fc2.com/tb.php/519-d53fa0e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)