The Great Pumpkin

2016/10/31 12:22
近所の取り壊し中の空き家、その中に取り残されたアップライトピアノを観て心揺れ動いています。
もったいないし、必要とされる場はあるはず。
再生のためにもせめて中古市場に出して欲しかった...。(´・ω・`;)

お庭に咲いてた薔薇も瓦礫に埋もれてしまったのだろうか。
そんな少子高齢化社会の地域の移り変わりの寂しさを味わっています。(-ω-)

ハロウィーン、蠍新月と。
夕べ30日は日が落ちた西の空に宵の明星が綺麗な蜜柑色で。
この蜜柑色の明星、射手金星土星合だったのです。
かぼちゃの身の色でもある。
緩いながらも牡羊天王星とトライン。(・ω・)ノ

現在AM9時時点で山羊で火星土星がオーブ8°と緩い合、
魚で海王星とサウスーノード合などサインが適当にばらけつつ合も多め。
こういう時は結構それぞれのサインを意識しやすいかも。(`・ω・´)

冥王星がノード軸とトラインという辺りが良さげですね。
月が失墜しているとはいえ新月、太陽は強勢strongな訳でここを利用したいところ。
11月に入るとネガティヴになりやすいとあちこちで聞くのでね。
気温、日照時間がぐっと下がるこの時期にご陽気にしろってのが無理でしょ。
だからこそってことで。(-ω-)

現在月と冥王星はセキスタイル形成するので、生活習慣の見直しと転換、
太陽も追って冥王星とセキスタイルに。
根底から変えたい気分にはちょうどいい時期。

太陽月が地、水サインにあったら特に利用したい時、
山羊だったら否応無しでしょうが。
活動宮、火象サイン風象サインで辛いとしても牡羊天王星乙女木星射手土星、
動きの早い月を利用して気分をリカバリーさせるチャンスもあるのです。(´ω`)

失墜した月を強勢の太陽がカバーするというイメージで、
自分のネイタルチャートのどのハウスで起こっているか。
冥王星(できればサブルーラーの火星も)が入っているハウスや、
蠍カスプのハウスにも注目してそちらに太陽と月の光が当たる時期と設定してみるなど。(・ω・)ノ

このハウスのシーンに深い関わりと徹底した解体、刷新、再生、
水星も合なので、この辺りでの情報や言語に敏感に反応しても前向きに対処しやすいような。(・ω・)ノ

瞑想というのがマインドフルネスと言葉を今様に言い換えられてるのも悪くない気が。
瞑という文字がまさにこの蠍サインを自己の中で前向きに活かせるところかも。
蠍サインを表に出すと反発や怖れを引き起こしかねませんが、
表舞台から一歩二歩引いて、派手に動きたがってる存在を離れ場所から眺めてそれらをどう動かすか。
そんな後からジワジワ迫ってくる存在感を醸し出す。
この辺りのテクニックは蠍のハウスやサインの役割。ヽ( ・`ω・´)ノシ

自分の感情ですら、実はそのように外から眺めてコントロールすることが出来る。
それが瞑想という。(-ω-)

他人様へのコントロールじゃない、他ならぬ自分が変われば世界観は変わる。
恨みや執着ではない深い部分からの行動と変容にエネルギーが使えた方がお得な気がしますがね。
箱の底をひっくり返すとずいぶんと溜まってた埃や塵や不要品がごっそり出てくるので、
要らなければ捨てるか必要とされてる場に提供するか送ればいい。ヽ(・ω・)ノ

人生無駄無しっていいますからね。
一見ただのゴミ、ヘドロや排泄物、産廃と見えるものからお宝が見つかるかも。
ゴミ屋敷になる前に、まあなっててもそこを片付けるかどうかは本人さん次第ですが、
割とタイミングはその時って上手くやってくるみたいです。(-ω-)

ギリギリ究極ってところまで突っ走ってもたいがいは土俵際で踏ん張って立て直す力が皆それぞれ備わってる。
そんなところが冥王星と蠍サインが居る場所かもしれません。
そこまでしないと解らないというのも大変だなって思うときもありますが。
蠍サインで肉体の弱点を表す月が失墜しているということを心の隅っこにおくといいかも。(´・ω・)ヽ(・ω・`)

肉体なくしてこの現実は楽しめませんからね。
対抗する牡牛サイン、金星がどこにあるか意識することで補完していくとバランス取れますよ。ヽ(・ω・)ノ

宵の明星は蜜柑みたいな、かぼちゃみたいな美味しそうな色だったけど。
空き家に取り残されたピアノ、ライナスじゃないけどかぼちゃ大王の力で再生されればいいんだけどなー...。(´・ω・`)

今日は宗教改革記念日などというけれど、
頭でっかち大人よりハロウィーンで仮装してお菓子ねだってふざけてる子供達の方が神様だって楽しんで喜んで見守ってる。
ケルト人や縄文人のように地上の自然も天もどっちも大事だ。
そこに上下関係などない。
頭固いことばっか言ってるとかぼちゃ大王の恩恵に預かれないぞ。(`・ω・´)



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home