FC2ブログ
sota de copas
Tarot CardとAstolorogyのフィルターを通して観る  この世界への感想文とこの世の記憶帖
プロフィール

Gatos Blancos

Author:Gatos Blancos
占星家

ある日とある街角でタロットカードと西洋占星術の再会から始まったとりとめない憶いの記録

当方では対面、メールでの有料個人セッションのみとなります。
ブログ上でのコメント欄での一個人のリーディング依頼はお受けいたしかねます。

Webサイト・ブログ、印刷物等への転載はお断りしています。

あしからずご了承下さい。


西洋占星術とタロットカードによるリーディングに関するお問い合わせはこちら



最近の記事



最近のコメント



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



PopUp Wikipedia?

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



きらきら星変奏曲
梅の土用干し最終日としてみましたが、さてどんな仕上がりになりますやら。(・ω・)

本来ならこれから夏本番でしょうが、
八月が目の前に来た時点で気持ちはすでに晩夏に向かってしまいますな...。(-ω-)

果実や作物を漬け込む過程が終わると、後はただ時間が経つの待つだけ。
とはいえ実は蓋を閉めたところで、あっさり忘れてしまうので。
この自然と「忘れる」そのままに、というのがキモなのかも。(・ω・)?

ただ、過程が自分の中で解っていないと結果がどう導きだされたのかが解らない。
これだけはハッキリしているような。
作ったモノが何か解っているのは自分だけでいいのかも。
ただ、自分がその時々でどれほどその瞬間を「楽しんで」いたか、という。(´ω`)

しんどいつらいなどと言ってるその最中でも、実はその厳しさを「楽しんで」しまっていたと。
後々になって思い起こすことがありますな。
目標設定とか、成長だの、果てはいまどきなど「魂を磨く」?だかなんだか。
楽あれば苦ありとか、修行苦行ダイスキーなところもヒトは確かにそれぞれあったり。(´・ω・`)

ここで何度も登場しちゃう土星ですな。
解っちゃいるけどメンドクサイ、いまさらやりたくない、なんだか苦手意識、
でも結局避けて通れずと。(´・ω・)、

誰しも多少はそれぞれそんな部分があって、それがどうでるのか、結果が出るまでやるのか、
中途挫折しちゃうのか、色々ですが。
これは土星と土星外惑星の使い方によるところ大きいかも。
ネイタルで直接アスペクト取ってなかったとしても、トランジットでそんな機会が訪れたり。
地道な努力、結果(土星)に天王星(逆説、発想の転換)、海王星(イマジネーション、勘)、
冥王星(見えない後ろ盾、沈潜している積み重なった意識、潜在するもの)の働き方があるような。(-ω-)

太陽にこの土星外惑星が合、衝オポジション、スクエア、といったハードアスペクトを取っているヒトの場合、
特に合だと本人がエネルギーのオーバーフロー起こしがちなのに解り辛いかも。(´・ω・`)

自分で解らないのになぜか苦しい、特に中途挫折、試行錯誤、やり直しが多いという場合、
かなり年齢を経てからの再スタートや初チャレンジになったりという。
ネイタル、もしくはトランジットでハードアスペクトな状況なので、
この時は自分で立ち止まって、思い通りにならないのは、周囲を「自分勝手」にコントロールしようとしてないか、
敢えてそれをしない、無理せず距離を取って放っておく。(自分の中の問題でも外の状況でも)(-ω-)

太陽にハードアスペクトを取る星はその太陽(前向きに使えるエゴという解釈もあり)を、
そのサインやハウスで一度否定するかのような状況に陥らせたりするんですが、
これもエネルギーがオーバーしがちなところを試行錯誤しての調整計っているとして、
最初は全面降伏したかのような態度で、でも徐々に手のうちに入れていく試みとしたほうが。(`・ω・)ノシ(・ω・`)

太陽だから、輝くものだからって無理矢理なアプローチとか、
自己アピールしなきゃって思わない方がいいのです実は。(・ω・)!

月、4ハウス、蟹サインの対極としての土星、10ハウス、山羊が古典から現代へと続く基本ですが、
古典の方から観ても太陽の対極にまた土星が設定されてた訳です。
自分自身の目の前にこの地球の重力での引き止めというか、足かせというのか、
それとも必要とするこの地上からのラブコールなのかね土星。(´・ω・)?(・ω・`)ドッチヨ

この地上に引き止めるその代わりにこの価値がある、と言いたがってるような。
面倒だなーと思いつつその辺結局受け入れてしまうのもまた愛なのか。

自分の意志ってやつだけで出来ない感じがあったり、
思わぬ展開と結果が導きだされてもそれが全体で見ると奏効している感じがする場合、
そのヒトのネイタル太陽が陰サインだったり、2、4、6、8、10、12という偶数のハウスだったり。

特にこのハウスに太陽が入っているヒト、基本「おまかせ」が上手く出来ればいいかも。
太陽が火や風のサインでも周囲をよく観察してなるべく周囲を引き立たせることで、
自分の株がなぜか上がってしまうようで...。(`・ω・´;)

その上で自分の月、ノードの位置やサインを確認してみて女性相手に月を上手く使ってサポートするとか、
男性なら自分の月で母親や奥さん、娘などに対処してみるといいかも。
思わぬ助けやヒントをいただけて、まさに内助の功とはこういう辺りかもしれません。
この二十一世紀だってその辺はあまり変わらない気がする。
そのヒトの男女の性エネルギーのバランス如何で男女逆転してる状況もあるかもですが。( ・ω・)(・ω・ )

このハードなところにイージーアスペクトで働きかけてくれる星を使う、
そういう星をネイタルで持つヒトと出逢ったり、トランジットのタイミングでかなり助けられたり。
その辺りを何度でも体験して上手くクセ付けできるといいかも。(`・ω・´)

なので時間を掛ける、この辺りで土星の使いでがあるわけで。
土星そのものがハードならばまた辛いと思いがちですが、土星はハードの方が意識しやすいし、
肚の括り方はこの土星で観るので、意外と実はこの現実世界での味方なのです。
この地球上、土星の重力がなければ立つこともグラウンディングもできませんな...。( ・`ω・´)

宇宙空間は無重力なので、宇宙飛行士などはしっかり筋トレしないとあっという間に筋肉も骨も弱ってしまいます。
重力がある地上ではただ普通に過ごすだけで骨(土星)も筋肉(火星)もそれなりに鍛えられてる訳です。
自主的に運動や普段の生活の動作一つでもちょっと意識すればそれだけでも違うのです。

意識して動かしてみることで、血液(火星)、リンパ(月)の流れが促進されたり。
エネルギーと心をよく動かすには土星だって実はかなり使ってるんじゃないかな。

火星、1、12ハウス、特にASCのサインと状況、そこにアスペクト取る星と土星を意識してみるのは、
そのヒト自身と生命力、健康を意識するのに重要な気がします。
対するDECが自己分析とメンテナンス、
パートナーシップ、美と調和、平和の6、7ハウスにという辺り観ててもね。(・ω・)ノ

太陽が本来の獅子サイン運行中ということで、どのサイン、どのハウスに太陽がいるヒトでも、
自分に生命与えてくれた太陽を今一度意識してみるのにいい時期だと思います。

ハウスも5ハウス、1ハウスに今一度、自分の太陽と一緒に注目。
また獅子サインが自分のネイタルのどのハウスカスプか。
現在トランジット太陽が運行するハウスでもある。
こんなところも振り返って検証してみるといいかも。...φ(・ω・ )

そしてその対極に水瓶サイン、ルーラーが天王星、古典から、今ではサブルーラーが土星という。
実に自分のために天王星、土星はあるのです。
今まで気づかなかった自分の中の発想、この現実での価値、
そして枠に囚われない自由自在さ、グローバル、ボーダーレスな思いの持ち方も実は目の前にあるという。
そのヒトの他者への理解、隣人愛や友愛といった血のつながりを越えた絆ってなんだろうって。ヽ(´ω`)

自分は自分だけでない、個々でもあり、一人だけでもない誰かが実はなにげに共に存在しているのかも。
現実に観えるか見えないか触れられる存在かどうか別として、
一人ではないという実感をこんな時期だからこそ味わうような。(・ω・)(-ω-)

まあお盆とか色々ありますけど、別に宗教的なところでなくても生命の色んな輝き方に触れるときかもしれません。
動植物がダイナミックに生死を迎えますからね。
羽化や産卵、変態して手足出たり、陸に飛び出して新天地に、という時期。
昔は子供だったヒトもかつて夏休みをどんな風に触れて過ごしてみたか思い出すのもまたよし。

けだるい午睡のような時間もまたいいものです。
゚.+° ゚+.゚ *+:。☆゚+. ゚+.☆ ゚・*:.(-ω-) ☆゚+. ゚+.☆ ゚・*:. ゚.+° ゚+.゚ *+:。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gatosblancos.blog93.fc2.com/tb.php/509-54f6fd37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)