FC2ブログ

sota de copas

Tarot CardとAstolorogyのフィルターを通して観る  この世界への感想文とこの世の記憶帖

Entries

天のアイスクリーム

元々占いが好きだった私。
その入り口は西洋占星術でした。
人の生まれを神話から生まれた星座に例える美しさに、
子供心に感動を覚えたのだと思います。

大まかな十二星座の性格分けでも、結構当たっている様な気がした。
特に霊感が強い訳じゃないけれど、自然や神秘的なものが好きだったり。
精神世界や動物、本を読んだり絵を描く事や音楽を聴くのが好きな子供でした。
自分が魚座生まれと知るとそれも納得。
これは今も変わらない。 
大人になった今では地元の小さなライヴスポットの常連客になった。

そんなある日、アイスクリームだったかな、そのおまけに小さな手のひらサイズの
タロットカードが付いていた事がありました。
それが多分、初めて見たタロットカード。
トランプとも全然違うこれってなんだろうなと。
占いに使うものだと後で知ったけれど、いつの間にか無くなってしまいました。


社会に出て行く様になると、世の中には意地悪な人もいれば、
自分自身が誤解されることもある。
そんな経験を積んで行くうちに、ストレスとそれに伴って身体の表面に現れる痛みなどと
毎日の様に向き合わねばならない日々を過ごす様になりました。

身体の治療にも通いつつ、そんな日々をいつの間にか占い師さんに観て貰う事で、
視点を変えたり慰められたりといった事が増えました。
リーディングしながら、その人の話を真摯に聞いて応えようとする占い師さんは
私に取ってはお医者さんと同義語だったのです。


そんな日々の中で今タロットを教わっている先生に出逢いました。
普通の人の佇まいで、鑑定されている様子に安心感を持ったのだと思います。
今まで鑑定してくださった方々の殆どが、ごく普通の佇まいをされていました。

街角で人の悩みをカードや星の動きで読み取って、
その解決策を一緒に考えてくれる人。
それは決して特殊でもなんでもない、ごく普通の人の生業だと。

そんな日々の中で自分は本当は苦しんでいる誰かを癒す仕事がしたいのだ、という気持ちが芽生えました。
様々な夢を諦めて、社会的には一見安定している勤め人という道を選んだけれど、
自分がしたかったのは、今自ら悩んだり苦しんだりしているように
一人で逡巡して八方塞がりな気持ちを抱えて日々過ごしている人達の事を
助けたかったのではないかと。

だって、今まででもこんなにも自分は悩んだのだから。
人様はもっと苦しんでいるかも知れない。

インターネットをする様になってから、子供時代は引っ込み思案で人間関係は苦手だと思っていたのが、
実は自分は人と話す事は嫌いじゃない、むしろその中でこそ
自分の中の考えがはっきりと浮かび上がる事が解って来ました。

本当は人と関わっていくことを未だに怖い、
人に値踏みされるのは嫌だと思っているところがあります。
それでも人は人と関わらずには生きて行けないんですね。

人生の折り返し地点に来たのだから、これからは本当に自分で選び取った道を歩いてみたい。
その為の知識と手がかりと助けになってくれるタロットカードの事を
今、学んでいるのです。

街の片隅で誰かの悩みと苦しみを和らげる占い師になりたい。
人の苦しみは外側からは解らないからこそ、
占いと言う古来からの智慧が効くのかもしれません。

小学生の頃に星座の名前や星図を眺めて、神話を読んで星座の暗示を覚えたあの頃。
タロットカードの暗示を学ぶ今、その頃の愉しみを思い出しています。

タイトルは好きな宮澤賢治の「永訣の朝」の有名な言葉。
なんとなくつけてしまいました。

Comment

 

私も悩みながらの人生でした。
辛くなるといつも、占い師の人に相談していました。
占い師になった今でも、相談する事もあります。

自分が相談してみてわかった事、
それは占い師の人に話を聞いてもらう内に、
どんどん気持ちが楽になる事。
そして癒されていく事。
幾度と無く助けられた経験をもとに、
私もそんな占い師になりたいと願うようになりました。

人の痛みを知る為には、
自分自身が痛みを知っている必要があるのかもしれません・・。
私の所に相談に来る人達は、何故か私が通り抜けてきた痛みと
同じ痛みを感じている人達。
もしかしたら、自分が解決出来るレベルの問題を
天から与えられているのかもしれないけれど・・。
そんな時、悩んで通り抜けてきた経験があって良かったって、
思うのです・・。

白猫さんは、きっと素晴らしい占い師になれますよ・・。
そして多くの方々を癒してあげられるでしょう・・。
素敵な記事をありがとうございます。
トラバさせていただきました。
  • posted by 天斗レナ 
  • URL 
  • 2007.04/23 23:01分 
  • [Edit]

 

レナさん、ありがとうございます。
トラックバックなんてものはこのつぶやきブログではないだろうと思っておりました。(笑)

社会人として勤めと言うものを自分なりにも経験したことは良かったと思います。
働かずともお金に困る事も無い、自分の好きな趣味だけしてればいい生活では
人の痛み、ストレスで身体を壊してしまう事の悲しさや孤独など
私の様な本来、身体も弱くワガママな人間には何時までも解らないままだったでしょう。

私の先生も長らくお勤めをされて、その後占い師になった方です。
ついこの間伺って初めて知った事ですが、きっとなんとなく惹かれたのには
そういう人の空気を感じ取ったのかもしれません。

人様に出逢って話を伺うとなると、経験は実に大事だと実感します。
誰しも他人の人生にはケチをつける事はできませんね。
その人が過去、今現在どんな立場や様子でいたとしても。

苦しんでいる人にこそ、先の事を夢見る力を持てるお手伝いができるような
そんな街角の占い師になりたいと思っています。


今、「世界の車窓から」観ています。
この番組は選定される音楽も素敵だし、列車や駅や風景、車内の乗客の表情がいつも美しいですね。
大好きな番組です。

生きているうちは長い旅をしているようなものだし。
人生ってそんなに悪くない、そんな気持ちになります。



  • posted by 白猫 
  • URL 
  • 2007.04/23 23:16分 
  • [Edit]

 

この状況に私みたいなものが入り込んでしまっていいものかどうかしばらく躊躇しましたが、
ごめんなさい、はいってしまいました!(^^)

レナさんのブログ内ではあたたかなお礼の言葉をわざわざありがとうございました。まずそれを伝えたくて・・・。

白猫さんは占い師のお勉強中なのですね。私は今オーラソーマカラーセラピーの勉強にまさに突入するところです。まだ始まったばかりですが、この入口に立てるまで様々な試練(勉強)がありました。自分のことでも生きるのが精一杯なのに、なぜか寄ってくる様々な悩みを抱えた人たち・・・。最終的にはどう対処してよいのかわからなくなり、体調を崩すのはあたりまえでした。そんなことの繰り返しから人が嫌いになり、けど人に嫌われたくなくて、挙句に自己嫌悪・・自殺願望・・。
子供を抱えて普通の生活をしなければいけないのにいつも心がぎりぎりの毎日が苦しかったです。

そんなときある方のおかげでレナさんに会えました。あの日のことは一生忘れることはないでしょう。あの日を境に私は大きくゆっくりと確実に変わりました。

己自身と、自分の行くべき道が見えてきたように思えます。

オーラソーマの勉強を通して、自分が経験してきたことが、きっとどなたかの役に立てる日が来ることを信じています。

白猫さんもゆっくり確実に!応援していますよ!
  • posted by 夢々 
  • URL 
  • 2008.03/17 16:11分 
  • [Edit]

 

夢々さん、こんにちは。
これは去年のエントリーですね。
占いも一生かけて勉強する愉しみがあります。
オーラソーマ、時々ヘルプで出演するお店でも月に三回ほどですが、
プラクティショナーをお呼びして実施しているようです。

実際、カウンセリングに向くようなパーソナリティになるには正しい知識も必要なんですが、
クライアントの話をこちらが上手に聞ける事が一番大事だと実感です。

相手を自分の価値観でジャッジメントせずに積極的に耳を傾ける。
凄く難しい事だけれど、学びながら自分がそうなれるように努力しています。
その人の生命力をアップさせる言葉を探す意味でも...。

最近はオーラソーマ、本当に人気ありますね。
夕べも私はネットで自分のパーソナリティを表すボトルを検索してみました。
結果はB003 アトランティアンでした。
占星術的に観てももぴったりでしたね。

自分のスピリチュアリティに向き合う人が増えたのは、時代の流れなんだなあと思います。
現実生活で上手く活かせてこそですよね。

夢々さん、勉強頑張って素敵なプラクティショナーになってくださいね。
  • posted by 白猫 
  • URL 
  • 2008.03/17 19:35分 
  • [Edit]

 

いやぁ・・・白猫さんのコメントを読み終えて、かなり反省です。「どなたかの役にたてる」だなんて・・私は一体なにをほざいていたのでしょう・・・。私にはまだまだ先のはなしです。まずは自分を見つめなくてはいけませんね。今はこれに尽きます。なぜなら私は「相手を自分の価値観でジャッジメントしてばかりいた」からです。気づかせてくださってありがとうございます。
  • posted by 夢々 
  • URL 
  • 2008.03/18 00:50分 
  • [Edit]

 

いえいえ、夢々さんはちゃんとこの世に役立つ事をされていると思いますよ。
私は実際に勇気づけられましたから。

相手の事を100%理解しようと思わずに、
ただ真摯に聞く、そういう態度を示すだけでも、
その人の潜在意識から問題の解決法を引き出せるのだそうです。
「アクティヴ・リスニング」というカウンセリング法ですね。
難しいのですが、こういう考え方があるという事は次元が高まっている証拠なんだと思います。
  • posted by 白猫 
  • URL 
  • 2008.03/18 08:41分 
  • [Edit]

 

白猫さん、やさしいお言葉ありがとうございます。

私と関わることになる方々は、よくこうおっしゃいます。
「誰にも言ったことがなかった・・」と。そして涙するのです。
それが長い付き合いから生じたものでない証拠に、中にはこんな出会いもありました。
ある研修に参加したときのことです。たまたま隣の席になった方が、配られたお昼のお弁当を食べていた時のこと・・・何気ない挨拶代わりの言葉を交わしていくうち、その方の辛い経験を口し始めました。よくあるパターンだったのでそれほど驚きはしませんでしたが、彼女は「なぜこんな話をいまあなたにしているのか不思議だ」といって泣いていました。
私の人生によくある光景ですが、彼女とはそのあとあったことがありませんでした。「お元気で。がんばりましょうね。」といって研修会場でわかれました。

なぜそういう体験が多いのか・・・知りたかったのもあります。それがレナさんとヒーリングの出会いでした。

ずっと忘れていた世界です。

{次元が高まる}とか、{セフィラーがどうの}とか、今の私にはまだ難しいことがたくさんありますが、自分を知るというこれからの作業の中で、少しずつ学んでいこうと思います。その先にはきっと、生まれてきたことの意味がみえると信じています。

こうして白猫さんとおはなしができてうれしいです。ありがとうございます。
  • posted by 夢々 
  • URL 
  • 2008.03/18 09:23分 
  • [Edit]

 

人に警戒心を持たせないパーソナリティをお持ちなんですね。
素晴らしいです。
オーラソーマを学ばれているというのは、やっぱり自然の流れなんでしょうね。

私も何故か街中を歩いていると、よく道を尋ねられます。(笑)
会社勤めしていたころからですね。
その頃はまだ占いとかスピリチュアルなんて、真剣に考えも意識もしていませんでした。

逆にそう言う事に真っ正面から向き合い出すと、色んな事が起こる様な気がします。
自分にとって気の合う人との出逢いも多くなるし、
その一方で一見するとイヤな目に遭う事もあります。
エネルギーの質が変化しているのかもしれません。

難しい事でも自分から理解するように努力できる時って素晴らしいですよね。
今だからこそ学ぶ意味があるという感じかも。

夢々さん、またお気軽にいらしてください。
  • posted by 白猫 
  • URL 
  • 2008.03/18 09:45分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

占い師への道

私が何故占い師になろうと思ったか、単に母親が占い師だったからでははなくて、私なりの深い思いがあったからです。そんな話を今日は少し淡々と語りたくなりました…(笑)信じられないって声も聞こえそうだけど、子供の頃

左サイドMenu

プロフィール

Gatos Blancos

Author:Gatos Blancos
占星家

ある日とある街角でタロットカードと西洋占星術の再会から始まったとりとめない憶いの記録

当方では対面、メールでの有料個人セッションのみとなります。
ブログ上でのコメント欄での一個人のリーディング依頼はお受けいたしかねます。

Webサイト・ブログ、印刷物等への転載はお断りしています。

あしからずご了承下さい。


西洋占星術とタロットカードによるリーディングに関するお問い合わせはこちら

最近の記事

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

フリーエリア

PopUp Wikipedia?

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

ブログ内検索