sota de copas

Tarot CardとAstolorogyのフィルターを通して観る  この世界への感想文とこの世の記憶帖

気まぐれ宙模様 7.31 追記

やー、無事に梅の土用干しも終わって一息。(-ω-)

暑いのはかないませんが、青空と入道雲は今の時期しか観られないしね。(`・ω・´)

NASAが冥王星の画像などリリースしてますな。
ハートな模様があったりして面白い。
その全容が解りにくいからこそもりあがるのかな。(・ω・)?

山羊運行中に冥王星情報が出るのも面白い。

そして現在、金星と冥王星のみならず土星以遠の星が全て逆行中。
金星の品位が乙女で失墜fallしている上、土星とアウタープラネット全て逆行、
月も山羊で品位が損害detrimentで冥王星との合なので、
女性性には特に不安感多めでキツいかも。(´・ω・`)

蟹火星も品位fallで牡羊天王星とのスクエアなので、男性性にしてもあまりよろしくない状況。
なんだか夏バテになりやすそな配置って感じです。

で、土星蠍リターン中なので、山羊冥王星とのミューチュアルリセプションな状況が9月18日まで。

日本の夏の蒸し暑さをしのぐには、この辺りで一つ。
映画館や美術館、博物館、自然観察など自分の夏休みモードを積極的に作ろう。
太陽がまさに獅子dignityである以上、なんとしても自分本位に過ごす時間を作ろう。
ヴァカンスシーズンがなぜこの時期なのか、という。ヽ(・ω・)ノシ

天秤ノースノードが太陽とセキスタイルという、生きる本質を整えるには絶好の機会でもあり。
どのサインの太陽の生まれであれ、この空気を利用しない手はないです。( ・`ω・´)

無意識とか潜在意識がどうたらというスピスピかぶれは特に今の時期やめといた方がいいです。
月冥王星合の時に無理やり耐えようとして、無駄に消耗するばかりな気がします。

海王星とキロン魚運行中のヴィジュアル面のいいとこ取りをする方がよっぽどマシ。
獅子が木星運行中の間に楽しむがいいと思います。
木星が乙女に入宮して品位fallで使い勝手イマイチになる前に。(´・ω・)(・ω・`)ウーム

このところ海王星と冥王星エクサルテーションはどのサインという未確定な話を妄想中。(-ω-)


個人的に。

海王星の高揚の座は射手に。

冥王星は獅子と。

またこの辺りは改めて。 ☆ヽ(・ω・)ノシ☆

7.31追記

やれやれ、やっと月が水瓶入宮、本日19:44に水瓶7°で満月ということで。
いわゆるブルームーンとか。
獅子太陽の時期の満月、自分のテイストの最も明朗で上質なところに月の光が当たるとイメージするもよし。ヽ(´ω`)ノ

*Comment

逆行と、期日

いつも拝見させていただいております。わたしの感覚にストンとはまる、わかりやすい文章と解釈でたいへん参考になります。

ちょっと教えていただきたいことがありまして、コメントを書かせていただきます。

9月18日まで、などのように時期的なものをみるのに、どんなツールをお使いなのか教えていただけますか?
  • posted by 糸を紡ぎ
  • URL
  • 2015.08/07 09:17分
  • [Edit]

Re: 逆行と、期日

私は普段、書店でも手に入る占星天文暦で確認しています。 
一番手軽で現在未来もですが、過去の運行とライフイヴェントとの関連を観る上でも便利です。
二十一世紀版とできれば二十世紀版の両方ある方がいいです。
PCソフトはソーラーファイアーですが、毎日起動することはないです。
  • posted by Gatos Blancos
  • URL
  • 2015.08/07 21:45分
  • [Edit]

ありがとうございます

大変参考になりました!ありがとうございます。
  • posted by 糸を紡ぎ
  • URL
  • 2015.08/08 16:04分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

左サイドメニュー

プロフィール

Gatos Blancos

Author:Gatos Blancos
占星家

ある日とある街角でタロットカードと西洋占星術の再会から始まったとりとめない憶いの記録

当方では対面、メールでの有料個人セッションのみとなります。
ブログ上でのコメント欄での一個人のリーディング依頼はお受けいたしかねます。

Webサイト・ブログ、印刷物等への転載はお断りしています。

あしからずご了承下さい。


西洋占星術とタロットカードによるリーディングに関するお問い合わせはこちら

最近の記事

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

フリーエリア

PopUp Wikipedia?

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ