FC2ブログ
sota de copas
Tarot CardとAstolorogyのフィルターを通して観る  この世界への感想文とこの世の記憶帖
プロフィール

Gatos Blancos

Author:Gatos Blancos
占星家

ある日とある街角でタロットカードと西洋占星術の再会から始まったとりとめない憶いの記録

当方では対面、メールでの有料個人セッションのみとなります。
ブログ上でのコメント欄での一個人のリーディング依頼はお受けいたしかねます。

Webサイト・ブログ、印刷物等への転載はお断りしています。

あしからずご了承下さい。


西洋占星術とタロットカードによるリーディングに関するお問い合わせはこちら



最近の記事



最近のコメント



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



PopUp Wikipedia?

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



劇性
白米って凄いですね。

なんかいきなりですけど。

普段小豆と押し麦をひと掴みずつスーパーで買った白米と共に炊飯器に放り込んでるんですが、
ふと先月思いついて白米のみでお粥を炊いてみました。

やー、これ素晴らしい。
お米のピュアなエネルギーが速やかに沁み渡った!ってなんか自慢ぽいですが。

それは「劇的」でした。 っていうと大げさかな?(・ω・)ゞ

なんでこんなこと思ったのかと言うと、
雑誌に載っていた某有名ミュージシャンのインタヴューが気に入らなかったから。(苦笑)

自分で玄米食べてます、田んぼも持ってます、無農薬栽培ですっての好きにやりゃいいけど、
お米の栄養素を無くした白米って何?ですって。 あらまー。(´・ω・`)

そんなエラそな(←って私が言うな。)発言が気に喰わない。

なんだろうなあ、って。
なぜ精米技術が発達したのかその意味考えればすぐ解るはずなのに。
重労働する人に、甘いものや精白されたデンプン質は速やかに効いてありがたいものです。

昔の人の「銀シャリ」という言葉が身に沁みた、白米のお粥。

病人に食べさせるのは白いお粥や重湯だったりします。
いまさらな常識というのには大事な意味がある。


お米に限らず、塩や砂糖、旨味成分も実は種々雑多な混ざり物が多いもの程、
商品として売られる際のキャッチコピーにワザワザ自然だとか、無添加だとかって。

身体に優しいなんて手垢がついてしまった言葉では今や解り難いです。

本当のところ、改めて精製されたそれらと荒っぽい無精製のものとを比べてみないと、
実はその意味がよく解らないんじゃ無いかと思う。

精製されたもの、その成分を忠実に化学合成した商品はピュアな分、強力です。
普段使いというより、薬品的な味になるのも当然です。

混ざり物が多い岩塩や黒砂糖ならば、それに人の味覚は滋味を感じやすいです。
雑多な成分が複雑に絡んで、それが旨味を感じさせる。

味の素が舌にビリビリ来る、だから善くないんだ、という発言はアトピー持ちの人から出たりします。
ピュア過ぎる要素は肉体が極端に反応する状態では厳しい。


なので実は精製されたものが悪、そうでない自然派が善という考えは短絡的だと私は思います。

普段使いはちょっと雑味やざらつき、ひっかかりや歯ごたえがあるぐらいでちょうどいい。
純粋でない方が都合が善いんです。
様々な要素と絡んで、適当に複雑である方が実は楽な方。

たまの病気で弱ったら薬のような、真っ白な精白米のお粥と梅干しぐらいで。

抗菌とか清潔さに偏り過ぎていまや回虫やギョウ虫がお腹に、なんて話は滅多に聞きません。
お腹に虫を湧かせた事が無い現代人はこれまたひ弱という。

そんないまどき有り難がられる無農薬野菜なんて虫卵と虫食い、芋虫つきだけど。

純白のシーツは日差しに当たるとその眩しさに眼が眩むけど、
生成りのリネンなんてのは目を刺す程の強い光を反射しない。
そんなイメージが在ります。

同じ白でも、その辺りはどっちをその時必要とするかに寄る気がしますなー。

「タイミング」ですよ。

なのでPureなんてのは憧れるもんじゃないですね。
取り扱い難しいです。

それだけ、っていう要素は本当に純粋にそれだけでしか機能しないので、
普段はその本来の力に気づき難いです。

占星術だとシングルトン。

個人的には星が他の惑星とメジャーアスペクトを結ばない場合にそう見なしています。
他の星と強く関わっていないと、本来のエネルギーが表に出難いか、
何かの拍子に爆発するかの両極端になります。

こういう状態は確かに「ピュア」かもしれないけど、他からすればなかなかのはた迷惑ではある。
他の星やサインとの関係無かったり薄かったりすると、思慮というものが得難くなります。

シングルトンだとハードアスペクト持ちでなおかつ優勢な人から羨ましいと思われたり。
でも、実際シングルトンは大変なわけです。
それだけで純粋に動くということは、それだけをいざ制御できるかというと、また別の話。

関わり合いが無ければ、逆に意識しないままに普段を済ませてしまっている事項の場合もある。

普段は使われないのに、トリガー次第で極端だったり、激しくなりやすい要素がシングルトンと。

ハードアスペクトでもシングルトンでも決して楽ではないですよ。
むしろ厳しくとも関わり合いが当たり前に持てるということが、
実はどれほどありがたい事か。

感情的な諍いなどの最中には決してそう思えないかもですが、
雑多な絡み合いが在る程にこの現実は解りやすくできてる。

たとえハードでも自分のアスペクトに気がつくと、
そこでコミュニケーションスキルが磨かれて、
実は安全で平和に世渡り出来る術を学んでいる事に気づくはずです。

平和とは与えられるのではなく、自ら創り出すものだからです。

だけど、アスペクトの有る無しどちらにせよ敢えてそういう設定なのだなあと思います。

「純粋」に働く、と言う事には実は大事な意味が在るんだろうなあ、と思って観ています。

少なくとも取り扱い注意事項ではあるな、と。

まあ大げさかもだけど「劇薬扱い」かもしれません、「シングルトン」この現実世界では。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gatosblancos.blog93.fc2.com/tb.php/445-38415b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)