FC2ブログ
 

sota de copas

弥勒 another

このところ布袋さんのイメージがよく湧きます。
絵画や写真でもそのお姿が目に映る。


最近気になってしょうがないのは、以前からだけど肉は波動が悪い、という言葉。

この言い草ねえ、私は大嫌い。

善悪なんてのは、その人だけに都合のいい言い訳であることが多いからです。
以前も書いたけど、他人の価値観正義感というのが一番面倒。

どうしてもベジだベジだと自己主張したけりゃ、
せめて波動が重い、程度にしておけばどうよって。

そんな言葉や空気には、距離を置くに限ります。 
ベストな選択ではないかもしれないけど。

スーパーや商店でお肉を陳列しているのを観ていても、
まあ鈍い私にはそれが動物が屠殺される恐怖云々なんてのは解らない。
スピな方々はよくそういうことおっしゃってるけど。

まあ、どうでもいいね。ヽ(´ω`)ノ

食肉関連のお仕事されてる方々やそのご家族の面前で肉は波動が悪いなんて。
さすがに、まさかそこまでトンデモな自己主張はしないだろ、と。(苦笑)

このところ、なぜか自分でも牛肉を食べる事が減ってしまって寂しい。
牛スジと蒟蒻のぼっかけなど大好きなんだけど。
なので、今まで食べた事無い牛丼屋さんの看板が目につく。
入ってみたい。 

ちょっと自分でもあの甘辛そうな味を研究してみます!
紅ショウガは容赦なく真っ赤でなくては!

そういえば精進落としにすき焼き、なんてのは実に合理的な気がします。


「マクロバイオティクスはアメリカでは非常に人気がある。
 これによって多くの人が健康を回復するのを私もみているが、
 一方、身体に合わなかった人もいる。
 これは、馴染んでいた食生活を大幅にかえなければならなかったためか、
 体がこのような食事をその時必要としていなかったためだ」

「癒しの光」上巻 バーバラ・アン・ブレナン著(河出書房新社)

自分の肉体の振動数に合っているかどうかが解らないうちは、無茶しない事です。
何事も。


日常生活、「ケ」は月で観ています。
社会生活や「ハレ」は太陽で。

「ケ」は普段の食生活やこの地上での肉体的な影響へのイメージ。
産まれた時の肉体の環境はASCで。

月は後天性なので、普段の食生活や生活態度、感情の持ち様で幾らでも変化していきます。
月は満ち欠けするので、頻繁に変化を促すイメージで使うと善いです。
ハードアスペクト優勢なら、家庭や家族との距離感を見直す、
感情、食生活を変える事を検討してみる必要があります。

体質は後天的に変えられるところもある、その方法が月に。

月が入っているハウスで、日常生活と感情を取り巻く環境、
サインで自分好み、安心する、ホッと緩むイメージを掴んでおく。
(副交感神経?)

外から帰って扉を閉め、外套上着を脱いだその瞬間から、月が顔を出すと言うこと。


で、布袋さん、大きな頭陀袋に托鉢で貰ったものを入れてたそうで、
なまぐさものでもへっちゃらだったと。

満月みたいな体つきなのに実は弥勒菩薩だったりして、という噂のお方。
まあ本当かどうか解りませんが。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

(※・ω・※)ノ★

布袋さん>ほんでもって、たいそうなナマケモノだったとか( ̄▽ ̄)。。きっと、お月様に尻をたたかれないと動かんのでしょうよ。

シリウス・レイ | URL | 2012/02/22 (Wed) 10:48 [編集]


Re: (※・ω・※)ノ★

なんてグータラなジジイ、いやお方なんでしょうなー。
農産直売所の近くに石像があるんですが、いつもヘラヘラ笑ってござる。(´・ω・`)ノシ☆ウゴイテクレ

白猫 | URL | 2012/02/22 (Wed) 20:24 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)