FC2ブログ
 

sota de copas

土星を中心としたメモ

時間が経つと固まったり何かが形作られたりするのだが、
それが結果となって残ったり歴史の一つとされたりする。

時間の経過→普遍となることもある。

ただ木星以遠の星はガス惑星で土星もまた例外ではないので、
木星の拡大作用を「制限」する作用を持つものの、
その人の木星の作用と合わせて考えた方がいいかもしれない。

木星の気分に実体を与えるために土星がある、とした方が前向きに使えるかもしれない。

制約がある、ということは、形を与える為の条件を提示している、ということで。
それが社会が望む普遍性と言う辺りに繋げるための条件とも言える。

木星が思いついたことを、誰にでも当てはまり整合性ありとされるものに形作る。
これが「時間」の経過と共に現実世界での「常識」となる。
「現実」味を帯びるには時間が必要ということで。

それにしても土星の象意には「記憶」は含まれないのか。
時間の後には「記憶」が人間の中に刻み込まれるんだけど。
これが膨大な時間の後に集合無意識と言うのに織り込まれていくのかね。

土星の次に集合無意識の入り口、土星が作った常識の形や壁を壊す天王星。
その間を架け橋の様に飛ぶのがキロン。

現実生活の中では安定を与えているように見える既成概念というのが、
人を不自由にすることがままある。
そこを心身が傷ついた人、障碍者といった存在の姿を借りてその辺り(人が普遍と思い込んでいる「常識」)
に問題提起を促す、のかも。

ノーマライゼーション(木星?海王星?)から、
インフラストラクチャー(土星?)という結果を得る事がある。
形が出来上がって変えようがなさそうな事象への変化のきっかけを与え促すのがキロン。

傷ついた存在への理解が出来るかどうかが、土星から天王星への前向きでスムーズなステップへ。
人間は誰しも成長すれば年齢的にもこれとこれが出来て当然だとする土星に、
そうはいかないケースもある、
頑張り方、忍耐の仕方(土星的アプローチ)への新たな提言を促すのもキロンかもしれない。

土星がいずれは規格外の存在を現実でも認めるように。
ガス惑星だから、拡大と発展性にやはり貢献するのだと思う。

ものの形、形作ることの意味合い、普遍性と結果は時間と共にその使われ方が変化すると思う。

人がそう望んでいるからだ、きっと。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)