FC2ブログ
sota de copas
Tarot CardとAstolorogyのフィルターを通して観る  この世界への感想文とこの世の記憶帖
プロフィール

Gatos Blancos

Author:Gatos Blancos
占星家

ある日とある街角でタロットカードと西洋占星術の再会から始まったとりとめない憶いの記録

当方では対面、メールでの有料個人セッションのみとなります。
ブログ上でのコメント欄での一個人のリーディング依頼はお受けいたしかねます。

Webサイト・ブログ、印刷物等への転載はお断りしています。

あしからずご了承下さい。


西洋占星術とタロットカードによるリーディングに関するお問い合わせはこちら



最近の記事



最近のコメント



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



PopUp Wikipedia?

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ほどほどにつつくの助 "ヽ(・ω・)
あ”ー、やっと先週で梅漬けの土用干し終わって一段落。ヽ(´ω`;)ノ

この暑さを乗り切るには、このぐらいのことやって気を張らないと無理だこれ。(-ω-;)

そして今日は梅干の日ですって。


十年程前から家庭菜園が人気になりだしたようで。
最近は随分定着して来ていると思う。
結構普通の花屋さんやスーパーでも野菜苗売るように。

スーパーマーケットのような大衆向け(占星学的に月の管轄)市場で扱われたら、
一般常識的に落とし込まれたコンテンツということで。

近所にも年間契約で小さい区画に仕切った市民農園なんてあって、
毎年全ての区画が埋まってしまった。
どこも様々な種類の野菜で見ててもなかなか愉しいです。

園芸や農業というとやっぱり土星のイメージだな。
土や地面のこと、収穫する、最後に刈り取るというのは。

土、不動産、義務や制限を管轄する土星が、
鎌を持った老人サトゥルヌスが象徴という辺り解りやすいこと。

野菜、果樹作りは男性がハマるという。
結果がはっきり出るところに人気があるそうで。
収穫という眼に見えて手に取れる現実(土星)って嬉しいからね。

土星という父性や老人、家父長制度的や伝統的なあれこれの。
男性原理の象意のエネルギーでも男性の生活の場における位置や座り具合を表すようで。

時間を掛けて育てる、という辺りも土星ならではなところで。
あまり手を掛け過ぎても、油断して手を抜いても思った様にはならない辺りとか。

やたらに肥料をくれてやってもだめなんですよね、園芸。
タイミングとその量が大事で。
いたずらに植え付けたばかりの種や若い苗に大量の肥料を与えると、
肥料灼けを起こして枯れたりするそうで。

放置してしまい、病気に罹って敢えなく枯れるのもあれば、
ダメかと思ってたら春になったら芽が出てドッコイ生きてる!
みたいなガッツな株もあったりで油断ならず。(`・ω・´;)

種や若い苗の植え付けには、実はあまり肥料分を含まないシンプルな土を使うのが基本で。
結構最近になって知ったことです。

これは最近思い出して観るようになったお能などでも実に解りやすい。
先のエントリーで引用した花伝書の有名な記述のように、
子供のうちは変に弄らずに、というあの感じ。

薔薇しか真面目にやってないので、果樹などはまだこれからなんだけど、
ある程度育って来てから植物と相談しながら、という感じで。
水も肥料も、様子見て。

生き物を育てる時は、愛情込めて毎日ちゃんと観察しましょう。
そんなことも思えば子供時代に学んだはずだったけど。
やー、実践となるとねー。(・ω・;)

土星の提示する結果は実に解りやすい。
こういう明快なところを求めるのは男性的だなーとつくづく感じたりする。

その結果の向こうにあるのは、それまで掛けて来た時間と培った経験や忍耐や学びとかなんとか。
いやー、土星ってどうしても重いなあ。(´・ω・`)
その分。解りやすいからいいけど。

毎日、その変化を地道にとらえる、という練習でもあったりする。
日々進歩してるっていうけど、そんなの実感出来ない時の方が多い。

せっかちとかであまり得する事はない。
短気は損気って言うけど、焦ってあわてて作業するより、
急ぎたい時ほど、わざと手の動きをゆっくりさせてやる方が上手くいったり。
注意深くなったり、観察する余裕もできたり。

着替えや靴を履いたり脱いだり、という日常の自分だけの作業一つでも解りやすい。
手先や知性(水星)を使う事は素早くやりたいと思う程に焦りも出やすい。

なんでもスマートにやってやろうと素早く動こうとする程、実はつまづきやすい。(´・ω・`)

実は自分が人の視線や批判を受けているんじゃないかとか、そんな妙な意識をしたとき。

あまりそう言う辺りを気にせずに、自分は自分、と思ってやった方がむしろ上手くいく。
スマートで巧みにやりたい、と思ったときこそゆっくりと。(-ω-)

以前、占星術関連の書物で鎌を持った老人の土星(サトゥルヌス)が鎌で子供の姿の水星(メルクリウス)の
足元を狙っている様子を描いたエッチングが掲載されてるのを観たとき。

7歳(水星期の始まり)から就学とか、学校で社会との関わり方を教えるというのなら、
土星という上の世代と関わって大人への対処、同級生や上級生、後に下級生への対処を学んだり。

すばしっこく動き回る水星へ釘を刺す、冷や水浴びせるみたいなとこもありますが、
急ぎすぎるのもよろしくない、時間掛ける楽しみも現実への対処で覚えて行く、という。

水星(子供)って言ったって色々ありますからなー。
発達なんて個人差の大きいとこを親は比較して、
マズいやり方すれば、うっかりあれこれママ友同士で肚の探り合いですか...。(´・ω・`)

そりゃ、下手すればモンスターペアレントにもなりかねませんて。

まあ時間が掛かりますが、その代わり無駄はないなと。
土星だから時間が経ってから、ですが。

最初、そんな昔の人の版画の挿絵見た時はなんかずいぶんなことするなー、土星ジジイと。
今じゃまあそういうやり方もまああるか、ぐらいに。

ヒトはあまり簡単に結果が出てしまうとどうもつまらんらしいですね。
やっぱりそこそこのハードルあった方が面白いと感じるクセがあるのかも。

達成感ってヤツが欲しいんでしょうね、面倒な事象ほど取り組む甲斐があるって。
なにがしかの抵抗があった時に感じた手応えとか。
そこから折り合いを見つけることもある。

時間を掛ければ掛けた程に、限られたこの人生という時間を有意義に使えた、
という「充実感」を味わいたいのかも。


実はこ記事の元は三年以上前に書き出してしばらく寝かせてたんですが、
その間に近所の市民農園は潰されて駐車場になるらしく...。(´・ω・`)

世代交代や耕す人の高齢化もあって、農地がかなり減っちゃった。
駐車場、ニューファミリーや高齢者向けマンション、建て売り住宅へと。

その一方で若い人のUターン、Iターンで第一次産業への従事を希望する人も少しずつ。
震災(阪神淡路、東日本の両方ね。)以降、色んな動きがあるな、と。
19年経ってますから、これは月のノードリターンでもあるのです。
ヒトの心のライフサイクル変化のタイミングなんでしょうなー...。(-ω-)

コストや働き方、生活、世の中とか経済廻すという言葉が震災以降から随分身近になった気がします。

前から何度かエントリーしてきた生活系という流行も、
そこそこリバイバルなとこを内包しつつスタンダードになっていったり。

働きかける、という蟹、山羊サインの活動宮アンギュラーAngularという事を踏まえつつ。
産業むすびわざの在り方というのが今また変化しつつあるのを眺める。

高度成長期なガツガツしたやり方の上の世代の影響感じるバブルに踊らされた冥王星、天王星乙女世代が、
反省しつつ今それらを替えたかったのかも。

水星土星コンビくさい手仕事とか、地元、地産地消とか。

最近は地元密着型を変な斜に構えたがるヒトが、
ソフトヤンキーとかマイルドヤンキーなる言葉作ってたりしますな。

個人がどうありたいかなんてほっときゃいいのになー。 (´・ω・`)ヤレヤレ

ほっときゃ子供も大人もどこか自分で救いなり楽しみを見つけて楽になるとこいずれ解るんですってば。

こんな反省、内省、批判ってのも土星の水星への働きかけっぽいですな。
乙女臭いですな。
ほえほえー。 (´・ω・`)スンマソン

土星は古典では強勢strongの座に乙女を当てているので、
まあそれは前向きな使用法か。(-ω-)

月ー土星関連とか、4ハウスー10ハウスの状況、個人のICーMC関連は、
生活と社会の関わり方の理想追求なんだろうな、とも思ったりします。

まあ乙女サインの細かいことに気がつく、丁寧にってのは悪くないけど、
ちまちま重箱の隅つつくの助にならないようにはしたい...。(;-`ω・´)

そこにお宝があるかどうかは解りませんが、神は細部に宿るといいます。

肉眼では見えない、見え辛いところにヒントが隠されてることもある。

微生物の様に身近過ぎたり、
微細過ぎてその作用に気づかずに恩恵受けてる現実もいっぱいそこここに。

そんなとこに意識が向くのなら、重箱の隅も悪くはない。

温故知新なエネルギー革命起こす天王星と連携しつつ、水星、土星を上手く使えたら、
変化も安定も楽しみにやれるというものです。(-ω-)

こまけぇこたあいいんだよ!って言葉もセットで浮かびますけどね...。
何ごとも程々に。(´・ω・`;)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gatosblancos.blog93.fc2.com/tb.php/409-79c38d79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)