FC2ブログ
 

sota de copas

お呼びが

占星学の見方で本を読む癖がついてしまうのは、きっとサガとかなんとか言われるやつ。

天使というと、その手の著書の数が多いのはドリーン・バーチュー博士でしょう。
ただこの人、好人物だとは思うのですが個人的にはちと苦手。
なかなか自我が強そうな感じで、真面目そのものの語りなんだけど、しんどいかも。

いい意味での遊び心や軽さ、適度のおちゃらけみたいなのが無いと辛い。
おそらく自分のネイタル獅子の月のせいということにしよー。ヽ(´・ω・`)ノ

そのせいか、新刊で買った本は読み終わって速攻で売った記憶がある。
ただ、不思議な事に古書で手に入れたわずかなものだけ置いている。
見知らぬとはいえ人様から譲って貰った以上、簡単に外に出すのはなあ、と。
そんなこんなでたまたま安い古書で手に入った文庫版を読んでいたら、こんな記述が。

「天界に戻ることが起こりやすい年齢もあります。
18歳、47歳、89歳というのがその例なのですが、
こうした年齢を迎えたときには事故や病気、自殺願望など大きな出来事が起こりやすいと言えます。
天界に戻るチャンスが一度与えられ、そのまま物質世界に残るのか、それとも天界に戻るのかをみずから選択するのです。」

え、18歳と47歳ははともかく89歳でお迎えってそれはー、
というつっこみが世間様から入りそうなのを、ちょっと置いといて。(´・ω・`)
                                 つつ

気になるなー。
なので、ちょっとトランジットを天文暦で調べてみた。(`・ω・´) ノ


これ、ちょうどノードやアウタープラネットトランジットと一致しているような。
18歳は一回目のノードリターン、
ちなみに自分の最初のノードリターン時はt土星がn土星とトラインだったり。

47歳になる直前でtノード軸がnノード軸にそれぞれノース、サウスにそれぞれ逆に合。
これをハーフリターンといいます。
この時、t土星がn海王星に合する時期でもあり。

89歳でウラヌスリターンの五年後に当る。
五回目のノードリターン、そしてt冥王星がn冥王星と衝になってたり。
冥王星は公転周期247年以上なので、実際は必ずしも89歳の人は冥王星が衝になるのかどうか?
サターンリターンは三度目を過ぎて、t木星がn木星の衝を過ぎたという。
トランジット観てても、そろそろいい加減に現世を卒業しそうな感じではあります。

冥王星が自分のネイタルのサインの衝に来るという辺り、
天界とかあの世と呼ばれる辺りから、そろそろお呼びが掛かるタイミングではあるかなあ。

あ、ちなみにその前年が88歳、米寿でt海王星がn海王星と衝。
この辺りでも向こう側への扉が開いてそうな。
そろそろ準備しといてください、って感じがー。

もう思い出振り返るだけ、って感じであとはゆらゆらと眠って過ごす感じがします。

これも個人的なイメージだから、実際にはそれぞれが色んなパターンでこのトランジットを過ごして行く。
それまでのことを振り返る、というのは共通かな。

海王星同士ならば、全てのことを水に流して赦し忘れていくのか、とか。

参考文献 エンジェル・メッセージ  

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

だいたい厄年に近い・・・気がしますけれども、
5年近くも違ったら、全然別物かな?( ´・ω・)

pearlmaple | URL | 2010/04/12 (Mon) 01:05 [編集]


Re: タイトルなし

厄年の頃は天王星の関係でちょうど体質や状況変化を示唆する世代アスペクトが出来上がる時期と。
いわゆるミッドライフクライシスということです。

後でちょっと補足したりするかもしれませんが、人それぞれということで。

pearlmapleさんが占星学をこれからもどんな意識ややり方で学ぶかは解りませんが、
まずはプラネットの意味合いとサインを覚えておけば今はそれで充分使えるかもしれません。
アスペクトも、30年以上経ってやっと存在を知って自分でも最近実感して来ました。
占星学の勉強でもすぐに理解や結果を求めようとしない、距離を置く方がいいと思います。

こんなデータや見方も宇宙のほんの一部のお話なんですよ、
飽くまでちっぽけな現世思考な人間目線だけの。

白猫 | URL | 2010/04/12 (Mon) 07:16 [編集]


通りすがりの者です。
戦国武将の伝記とか読んでいて、49才で亡くなる方が多くて、なぜかなってずっと思っていましたが謎が解けました。
数えで49歳と言えば今なら47歳。
私も今47才ですが、更年期やら何やら体調不良が続き、すっきりしません。
ホロスコープ上にしっかり現れているんですね。

mizuki | URL | 2010/04/14 (Wed) 16:04 [編集]


Re: タイトルなし

はじめまして。
私は時代劇は愉しく観るんですが、
日本史や戦国武将に関する知識が乏しいので、
mizukiさんのような別ジャンルからのご感想は参考になります。
時代的なものもあるものの、昔の人でも北斎の様に90代まで生きる人もありですね。

満年齢47歳と言えば壮年期で、男性が特にその辺りを意識するような気がします。
社会との関わり合いを総括して検証を示唆するアスペクトが47歳時のハーフリターンかな、と。
現実社会やシビアな考えとそこから仕立て上げられた状況(土星)が、
その人の精神性(海王星)に対しても、結果を突きつけて来る時期のようです。
このシビアさに不器用でもいいから何らかの答えを提示しなくてはならないようです。

それまでの来し方、生き方を問われる年齢とはいえ、
自分がまず愉しく人に親切に、困っている人を見て見ぬ振りはしない、と。
素朴にやっていきたいもんですねえ。
戦国武将みたいなでかい夢はないだけに。

体調不良ということですが海王星土星アスペクト形成からして、
おそらく免疫機能に関わるものと身体の冷え、ウツ症状が出る時期だと思います。
この時期に自殺願望が出やすい、というのはメンテナンス必須、という合図です。

無理をしない、できないことはできない、と。
周囲と真面目に相談して自分を労るのを第一に身体をよく温めること。
全ての壮年期の人々に共通するかもしれません。

宇宙にはそんな本気な愛が溢れているんだなあ、と実感です。
それを受け入れるのか気に求めないのかはその人の意思一つですよ、きっと。

白猫 | URL | 2010/04/14 (Wed) 20:44 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)