FC2ブログ
 

sota de copas

太陽が喰われる日 (eclipseのメモ)

朝っぱらからなにげに後悔。
なんかたまたま覗いてみたところで、精神世界サイトというのを今朝観に行ってみたところ。
プロのWebデザイナーが作ったんじゃないというのもあるけど、
見てくれのみならず、なんかやっぱり微妙なニオイがー。
アセンションとかフォトンやらベルトやらなんだか。


いや、そんなのより夏至とか七夕の月蝕とか日蝕のが身近ですけどね。
気象とか暦の方が目に見えて解りやすいってのもあるし。
今年は日本でも皆既日食見えるって盛り上がってますなー。

現実に占星術の勉強再会まで日蝕ってのも気にしてませんでしたよ。
2008年に魚サインで日蝕があった時にその数日前から調子悪い、
だるくて眠くてしょうがないという症状。

必ずしも皆そう言った症状が出るとは限らないです。
前にもこんなエントリー書いた様な気がするけど。
昔もたまーにそんな時があったけど、あれは蝕の影響だったかなと思わないでもない。
ちゃんと日記とかネットする以前は書いてないから検証できないんだけど。

今月いっぱい水瓶0度でノードがステーションっていって、同じ度数で留っているんですね。
これ、なんなんだろう。

木星海王星キロンもまだ水瓶。 対抗サインの獅子と共に自由きままなとこがあるけど。
その獅子で7月22日に皆既日食と。
その半年前に水瓶6度で日蝕が。 この日も安静にしていたような気がする。

昔から日蝕は凶兆とされてたのも、太陽と言う活力権力の象徴が喰われてしまうとされていたので。
この辺りは鏡リュウジ氏もブログの以前のエントリーで図版と共に紹介されてたな。
何かを率先してやるよりは、内向するような作業や大人しく過ごせる方がいい。
特に日蝕が起こる日に誕生日が近い人程、お休み取れるのなら取ってね。
丁度夏休み入ったばかりの日にちだけど。

こういうのも目に見えて解る形での宇宙の計らいなんだろうと思う。
誰だって一休みしたほうがいいのだ。
休んだ方が後々色んな事がはかどると思う。

ただ安静にしておくのでもいいし、この日は太陽と月が重なるので、
新たに内面が生まれ変わると受け取ってもいいです。

だからって別にどうって特別な事しなくてもいいので。
自分でも気付かないうちにじんわりと、振り返ったらふと何かが楽になってたぐらいで。

ちなみにその人の生年月日の直前に起こった日蝕(プレネータル・ソーラーエクリプス)は、
その人がまだ胎内にいる間に、この世で果たしたいと考えていた使命の一つとして参考にすることもあります。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)