FC2ブログ
 

sota de copas

究極のデッキ

先日のレイキ・ヒーリングは、先生からレイキ・ティーチャーのH先生が都合が悪くて来れないそうなので、
次回にしておいた方がいいという連絡を受け、行くのを中止しました。

実はちょっとだけでも覗いてみようかなと思ったので、
迷いつつもダウジングで決めてみました。
未だ上手く使いこなせないタロットデッキをダウジングした際に、
レイキの体験レッスンについて聞いてみたところ、NOの答えが。
結局その日は参加せずということに。

このデッキ、私のプロフィール欄でも世界のカードを使っています。
TAROT OF WHITE CATS 、私がAQUARIAN TAROTに次いで二つ目に購入したデッキ。

ところが、このデッキはなんだか扱い難いのです。
思う様に解りやすい展開が出ない、それ以前にシャッフルやカットがとてもし難い。
そして、普段のAQUARIAN TAROTなら間違えない、そのシャッフル、カットの手順すら、
何故かこのデッキを使った際には間違えたり忘れたりしがちなのです。

どうにも、デッキが私にそう容易く心を許していない様な...。
かなり気位が高そうです。
絵柄はウェイト版を踏襲した、とても可愛らしい猫達なのに。
水色がベースになった背景も爽やかで優しげでありながら、
手にすると、どうにも上手く行かない。

ダウジングを始めると、程なく反応をはっきり示しました。
やはり、プライドの高いデッキの様です。
しかし全く非協力的と言う訳でもなさそう。
まだまだ力不足な事をたしなめているのかもしれません。
とりあえず、協力をお願いしておきました。

色々とアーティスティックなデッキを購入してみましたが、
スートも独特なものに置き換えられてたりすると、すぐには実占には使えなかったり。
なので、実際にはAQUARIAN TAROTとDIAMOND TAROTの出番が多くなりがちです。
特に初めてのデッキでもあるAQUARIANにはずっと一生お世話になる事でしょう。

私にとってAQUARIAN TAROTは生涯の師匠だと思っています。
このデッキに最初に出逢えた事がとても幸せです。
魔女の家を訪れた時に、ショウウィンドウにこのデッキが
まさしく真ん中の棚のど真ん中に置かれていました。
思い過ごしかもしれませんが、AQUARIANはここで待っててくれてたのかのかなと。

デッキにはそれぞれ性格があるという話も伺いますが、
このデッキはまだウェイト版もろくに見た事が無かった私にもすんなり馴染みました。
そして、最初のレッスンから解りやすくイメージが湧き、この大アルカナの人物像達に自分の夢をゆだねたくなりました。

上手く行かない時には元気出せと叱咤激励されたり、疲れている時には休んだ方がいいと。
なんだか私にはとても保護者的に感じています。
他のデッキを手放したとしても、このデッキは最期まで傍にいてくれるでしょう。

ネットを色々見ていると、このAQUARIAN TAROTはかなり厳しいといわれているようです。
修行僧などのクライアントからは頭痛がすると言われたり、
実占には厳し過ぎて使わないという占い師さんも。

実は私のネット上での友人に、かなり毒舌な人が居ます。
とても厳しい言葉で、まさに口からでる言葉で斬り捨てると言う感じ。
しかし、実に的確な表現と批評を展開します。
気難しい人だと他の人達からも思われている様ですが、私はこの友人をとても信頼しています。

毒舌であるということは、それだけ気になる対象に対して真摯なのですね。
辛辣な言葉の中に情の濃い、真っ正直な心を見出せるので。
濃密な愛着をそこに感じるだけに、厳しくも正直な人というのを信用しているのです。

AQUARIAN TAROTは、新米占い師である私にそんな友人を思わせるデッキです。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)