FC2ブログ
 

sota de copas

草原の輝き

私が持っている占星学やタロットの本の大半は古書で買ったもの。
実際に新書としては在庫切れだったり、安く買いたいから、とか。

実際、沢山読みたいからです。 
色んなリーディングテクニックやカードの意味といった表面的な知識も必要だけど、
本当は占星術やタロットに対するその人の思いを知ってみたいという。
当たる当たらないと言うのの奥にある何か。
そこから自分の中の形になってない思いまでが、奥から浮かび上がって来ると。


いまどきのスピ系ってのが正直苦手なのは、
こういう経過をすっ飛ばしてすぐに何でも結果を求めたがる傾向かも。
引き寄せ、過去も現在も未来も同じ一つところに存在している、だとか、
自分の身に起こっている事は全て正しい、とか。

で、そんなのをまとめて、「それが自分が望んで引き寄せた状況」って。

なんかこう、そんなの多過ぎませんかね。

にわかにスピ系にハマりましたくさいビジネス書とかって最近目につく様なー。

これらのキーワードの裏には、真面目そうで、自分を律しているように観えて、
でも相手を自分の思うがままにコントロールしたがってそうな。

過去、現在、未来が実際に一つ所にあるというのが実は正しい、
この現実世界の時間軸では直線的だから、とかなんとかってー話が事実だとして。

ぶっちゃけそんなことは別にどうでもいい。
つか、やっぱり知らなくてもいいよな、それって。
この「直線的な時間軸」?の地球に産まれて生きることを選んだんだからなあ...。

???だらけでいいと思うのですよ。

ただ、ひっそりと思うのは、自然ってやっぱり凄いのよねえ。
雨が降れば眠くなるし、布団の中で雨音を聴いてゆっくり過ごしたいし。
晴れればベランダで陽を浴びたり、気持のいい風に吹かれていい気分になる。
新緑が萌えれば、紅い木の芽がキラキラ光ればその生命感に圧倒される。

ただ一面に咲く花と蜜蜂と甘い香りに何かを感じる時、
ニワカスピリチュアルなキーワードや人物の存在は、とてもとても遠くなる。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)