FC2ブログ
 

sota de copas

共に生きるイメージ

トランジットで重視するのはまず社会性の木星と土星、それからアウタープラネットを見るわけで、
天王星、海王星、冥王星という辺りは無意識からの呼び声をその人がどう受け取ってるかを見ています。

言葉に表しきれない思いというのは、おそらくこの三つのアウタープラネットからじゃないかな。
で、一番難しいというか、なかなか積極的に読む事が無いのが海王星。
物事を曖昧にして境界線を無くす作用をもっているので。
なので、これを社会の中で活かすには、損得勘定は抜きにせざるを得ないんですね。

この星はボランティア、ヒーリング、慈悲、芸術性(特に音楽、ダンスなどの舞台で行われる時間芸術の方)、アルコール、ドラッグ類、液体と言ったつかみ所がない存在を表すので。
金星のハイオクターヴと言われて、この現実世界で無償の愛と呼ばれるのはこの星の管轄。
見返りを求めない作用ですね。

今は水瓶座運行中で、霊的な作用がますます強まってるかな。
で、「共に生きる」イメージが強化されてると思うんですよ。
平等と博愛精神を尊ぶ水瓶サインの色づけがされているので。

それが乙女の土星と拮抗しているのは、現実の価値と共生とをどうバランス取るか、でしょうかね。
前のFoolってエントリーでも書いたわけですが、そういう事。

普段トランジットを読む時には、海王星の事は一番後回しにしがちです。
クライアントさんは誰しも眼に見える結果を求めるのでね。
芸術性や美的感覚重視するクリエイターならば社会の中でも使いやすいのだけど、
実業家、勤め人などには直接使えない星ではある。
こういう立場の人に海王星がハードできたら、無茶をしないのが一番。
体力が弱りやすいので。

水瓶の対抗サインの獅子の人は大変か、もしくは調子よくやれてるかのどちらかにスッパリ分かれてるかも。
獅子サインのキーワードは創造性なので、何かモノ作りしていれば使いやすいんですが。
自我を強烈に出している人には反って苦しいかな。
今までのアイデンティティが崩壊してしまうので。
実社会で堅いお仕事に従事している獅子の太陽の人だと、自分で自分の事が解らない時だったり。
ダイレクトに来ている水瓶、スクエアに当たる牡牛、蠍サインの人にとっても音楽や芸術、
精神性の追求に忙しいかもしれない。

上に上げたサインの太陽もしくはASCの人なら、身体の無理が利かない時でもあるので、
普段はゆっくり本を読むでもいいし、どうしてもスポーツするならプールで泳ぐ、
もしくはヨーガ、太極拳、気功などセラピー的要素のはっきりしたものがいいです。
アシュラムでの修行モードというのが鍵。

水瓶の隣の魚サイン運行中の天王星とミューチュアル・リセプションしてるのでね。
この天王星とのエネルギーとの循環があるので、ちょっと神懸かり的な空気が強まってるかな。

なので今の水瓶の海王星、組織の中でのお勤めに馴れ切った人にはちと辛い。
不動宮の太陽とASCの人は、オンオフの使い分けをしっかりと、
なるべく沢山の睡眠を取る様に心がけてください。

「共に生きる」、社会でならワーキングシェア(ワークシェアリング)なんてのは実現しやすい。
日雇い派遣を切られた人達にこそ、日本のウィークポイントである農業技術を身につけられる様にサポートできればという発想とか。
ちょっと意外性(水瓶、天王星っぽい)のある打開策と共生していくイメージ(魚、海王星っぽい)が現実になりそうな気配という。

ここは魚の天王星と乙女(奉仕と勤労)の土星(義務、実在性)のオポジションと共に、
上手くエネルギー交換できればなあ...。

実はキロン(トラウマ、高度な医療、ヒーラー、占星術師、何かを探す人)とノースノード(現実の前向きな方向性、個人レベルでは現世での目的意識)も水瓶サイン。

http://www.ffortune.net/fortune/astro/sensitive/index.htm

これもまた「鍵」になりそうですけどね。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)