FC2ブログ
 

sota de copas

ひいらぎ飾ろう

このところ、ブラッドストーンにハマってたり。

ジャスパーの一種で、一般には不透明な深緑の地に赤い色が散っているというイメージだけど、
実際は赤の配分が多かったり、スモーキーなピンクに緑が混じってるのもあったり。
最初に入手したタンブルも、ピンクに緑や白い模様入り。

これが実に安眠効果抜群で。 翡翠と一緒に置いてみてもいい感じ。
実際に触ってなくてもネットでブラッドストーンの画像見てるだけで、本当にあくび連発。
なんでだろーと思うと、実は見てるだけで安心している自分自身に気付くと。

肚が据わるというんですか、グラウンディング効果が実に解りやすい。
やはり、ヴィシュダ・チャクラへの働きかけですかね。
どこでも生命力アップという話はあるようで、造血作用とかね。

キリストの血という逸話は見た目のイメージからでしょうが、
こういった昔からの多くの人々の想念も一役買ってそうです。
実際、緑に赤ってクリスマスカラーだし。

実はこの石、小学生の時に初めて宝石の本で見た時には全然魅力感じなかったですね。
昔はブラッドストーンは魚座を象徴すると言われていて、誕生石で二月はアメジスト、
三月はブラッドストーンに設定されてたんですね。
今の三月の誕生石はアクアマリンという方が通っているようで。

見た目に凄く地味で不透明な石ゆえ、子供には良さが解らなかったんでしょう。
社会に出て、そこそこ擦り切れて初めて解るんだよー、不透明な石の良さ。
この石がくれる生命力と肉体のベースとなる第一チャクラへの強力な働きかけ。
個人的に、こんなにパワフルに「もう大丈夫!」とダイレクトにくる石はないなー。

緑はアナハタ・チャクラ(第三、ハートチャクラ)への作用もですが、
この石はどちらかというと、自分にはベースの方が強く感じます。
この石の赤い部分は緑と一緒になることで強力になってるのかな。
なんだか身体がほかほかあったまる感じ。
不透明な緑というとマラカイトも好きで、
やっぱりこの石もブラッドストーンと同じく肉体疲労と魔除け。
多少の細かいのは、この石が結構お掃除してくれそうな気がします。 
何にも観えないけど、そんな気がする安心感。

ブラッドストーンは元は魚座の石と小学生時代の愛読書「しあわせ星うらない」でも学んでいましたが、
今ネット上では性と死を表す蠍座の石となっているようで。
第一チャクラへの作用と関連づけられている様です。

「キリストの血」というところと、自己犠牲という辺りの関連だと魚座、
チャクラで見れば、第一と第三なので、魚座、蠍座の両方のサインへの親和性高いかと。
ブラッドストーンの肉体、アメジストの精神というとこで。

色のイメージからすると、ひいらぎが近いな、この石。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)