FC2ブログ
 

sota de copas

責任て

先日のエントリーでその後も冥王星、発見されてまだ全部のサインを人類が体験しないうちは解らんなーと。
高揚の座が山羊ってのは、今がそうだから期待感丸出し。
可能性高いのは獅子か水瓶かな。

http://gatosblancos.blog93.fc2.com/blog-date-200712.html

共同体的なところでパワー発揮しそう。
社会への働きかけを通して個人へ促すのは否応無しの変化、徹底した解体と再生だから。
これから山羊サインだから、有無を言わさず厳しいだろうなあ。
でもきっといままでとは違う深みのある価値を残すだろうね。
山羊は責任を問うサイン。


関連あるのか無いのかどうしてもここ数ヶ月ひっかかるのは、「自己責任」という日本語。
これって、そんなに昔からありましたっけ?

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%AB%B8%CA%C0%D5%C7%A4

あ、なるほどー。 元は証券取引など金融分野での用語っぽい。
それじゃ一般には馴染んでなかったわけだね。
私もあのイラクでのお三方の様子を報道してる時に初めて聞いたぐらいだから。

思えば、あの方々、どうして当初マスコミやらネットやらで叩かれたのが、
その後急に寝返ったかの様に世間が彼らを弁護したのか、不思議だけど。
道義的には正しい行動してたのかもしれないけど、
正直未だに彼らに対して、なんかアレだなーという気はするのです。

世間的には凄く「いい人」達なんだと思う。
でも、当初「自己責任」連発で厳しかったTV報道でも、
彼らの名誉が復活してからの雑誌での彼らのインタヴューを読んでも、
やっぱりどこか座りの悪さしか感じられなかった。

バランス感覚って難しいよな、ってこういうとき本当に思う。
彼らは自分達ではそうとは思ってないかもだけど、
私はそんなところ彼らの様子を通して学んだような気がする。

3人の中の唯一の女性がマザー・テレサのようになりたい、と語っていた。
正直、「え?」と思ってしまったのだった。
確かにマザーは素晴らしいお方だよ。
私も彼女の有り様は、素晴らしい奇跡だと思っている。
でも、憧れるのは解る、それをそのまんま「そうなりたい」と思ってしまうものなの?

マザー・テレサを学びとして、自分に何が出来るのかをまず考えたい、というのなら解るんです。
マザー御自分で出来ることをその時に行動して、それが最終的に彼女しか出来ない事を成し遂げたんだから。
彼女が行った結果をそのままそうなりたいとその人自身が思ってしまう事に、
凄く疑問だったのです。

「自己責任」というのは、本来こういうところで問われるんでしょうが。
しかし、私は未だにこの言葉が好きになれない。
「自己」そのものが「責任」なのに。 何故わざわざ強調するかなー?

私自身、マザーはとても「愚直」で霊妙なお方だと。
だけど愚直、というのはただ誰かに憧れてまるっと同意しちまったり、
そのまんま真似たりってんじゃないんです。
だって、一人のミュージシャンが売れて、その後似た様な技法やメロディを奏でて、
同じ様な声質のヴォーカルでデビューさせても、所詮は二匹目のどじょう狙いが成功した試しは無い。

愚直な人が好きなのは、自分の信じるところに、それこそ前人未到の場へ己の思いを信じて
現実世界との兼ね合いを探って解決しながらもがいて進んでいく。
そんなところを愛し尊敬しているんで。
見た目スマートに調子良くってんじゃなくて、バランス感覚を養いながら向かって行く。


貢献というのは、誰かが作ったものを引き継ぐ事もあるけれど、そのまんまじゃ尻すぼみになりそうな気がします。
基本自分を出さないと難しいと思うんです。
見えない何かを引き出したり、創造していくことだと思うので。

だから、人質となったあのお三方の顔の表情を見た時に何か物凄く不安定というか、
特に彼らの焦点の合わない眼の表情に浮かんだものから、
世間は「責任」というものの所在を探したんじゃないかと。

思いの焦点というのがないままに、ただただ単純に社会貢献してみたいという気持だけでは、
山羊的、土星的な確固たる結果を提示する事は出来ないんだと。

焦点は常に探しているか。 合っているか。 

誰かの思いを憧れというフィルター使って劣化コピーしていないか。

結構時間が経ってから、こんな風にむくむく醗酵してくることもあるんだなー。
そしてやっぱり、「自己責任」って言葉はいまさらながら解らんなあと正直思う。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)