FC2ブログ
 

sota de copas

紡ぐ

我が身を振り返って、占いだとか、いわゆるスピリチュアリズムとかその方面の本や資料読むのは面白いんですけど、
読めば読む程のどこか新鮮味が薄れて来るってのはマズいですね。
どこか油断してるってことでしょ、それは。

誰かの著書読んで、基本的な事が書いてあれば、あー、もう知ってるし、
なんて思っちゃいかんです。
特に日本じゃ新刊が出ても、それは初心者向けに噛み砕いて書かれたものが多いから。
だからって油断するなんて、自分の首締める様なもんでしょう。
傲慢というのは気付き難いね。

解釈が旧くても、何度も前に買った本とか読み返してますね。
全部が全部今の二十一世紀の状況に合うわけでもないけれど、必要ではあると。
初心忘れないようにねって意味でも。

そして変な感じにのめり込まない様に。
ちゃんと現実世界観てないとわかりませんよ、スピリチュアルとかってやつ。
100均のお菓子や日用品、スーパーの特売ワゴン、愛してますねえ。(笑)
レコ屋(っていまどき言わないか。)に入ればジャケ買いできそうなアルバム探してみたり。

実際占いの依頼も、恋愛の相性、結婚の可能性、金運、仕事運、そういう現世利益ですからね。
まみれ過ぎもアレだし、かといって精神性どっぷりじゃ世間的にも使えない奴だし、
ましてやひきこもってちゃできない商売、占師。

何か読むんだったら、幼児向け絵本から学術書まで読み倒せたらいいと思います。
目につくのや興味引くもの手当り次第に。
仕事やバイトでも当たるを幸いに色んなとこに行くのも。
向き不向きはあるという前提で、色んな人や業種に触れてみたり。

そこで嗚呼、社会ってこんなもんなのかな、と少しだけでも何か感じられたらと。

とりあえず、なんにしても命の安全は確保は大前提として。(笑)
洒落になりませんしね、でかい報酬と比例して危険きまわりないとこに放り込まれるんじゃ。

手足じたばたさせてるうちに、蜘蛛の糸みたいなのが手に触れるかもしれませんからねえ。
以外とすぐそばにそんな糸がなびいてたりして。

いろんな人をひっぱりあげてるもの、結構地味で目につかないのかもしれません。
見つけても、独り占めはできないもんですしね。

引っ張って観てみると、意外な接点や人と繋がってたりして。
なので、侮れないんですよー、日常。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)