FC2ブログ
Tarot CardとAstolorogyのフィルターを通して観る  この世界への感想文とこの世の記憶帖
うどんのじかんです
2020-01-31 Fri 10:23
実は友人に、讃岐で三年程修行したミュージシャン兼うどん職人という奇特な方がおりまして。
そんな彼女から、現地の地粉作る製粉所のお話など伺いつつ、
直伝で手打ちうどんの極意を何年も前に教わってしばらくしてから、
自分で食べる分のうどん生地を打つのが珍しくなくなったり。( ・ω・)っウドンウツヨー

お洒落生活系雑誌ではオーガニック系で名の知れてるらしい料理家だかという人が、
地粉で打ってくださいとか言ってんだけど、
まー自分はこだわりなさすぎなので、そこらのスーパーの安い輸入物小麦粉で。
中力粉どころか薄力粉しかなければそれでもちゃんとうどんにはなるんですな。
最近はかぼちゃがあったら、生地に塩入れなくてもいいほうとう(山形県まだ行ったことないんだけど)
にしてたりします。(・ω・)ノ

火星土星メモ書き足しててふと思い出したのは、ここ数年の町の風景とか色々。
震災から四半世紀経ちましたしね。(-ω-)

KINFOLKなんかでもすっかり有名になっちゃったオレゴン州ポートランドだけど、
この例は日本国内でも枚挙にいとまがないのでは。
大阪なんかだと堀江、空掘、
神戸なら栄町あたりが20年近く前からこんな状況が始まってたと。

高齢化などで人が減った地域やシャッター商店街化したところへ、
お金はないけれどアイディアやセンスが豊富な人や、若くして起業したい人が安い家賃のおかげで集まってくる。
     ↓
そんな人達がDIYで素朴ながら上品だったり、
愛らしさや洒落た風情、斬新さのある面白くかっこいい風情を街中に醸し出す。
     ↓
そこにちょっとアンテナがあったりする小金持ちのミドルクラスがやってくる。
     ↓
そこへ利に聡いデベロッパーがこれから住みたいオサレ地区化して宣伝、
地価を釣り上げる結果、家賃高騰。
     ↓
才能はあるけどお金がない人、若年層が住めなくなってしまう。
     ↓
町にイキイキワクワクや新鮮さがどこかに消えて、
またしても街がどこにでもある郊外みたいに画一化していくかも、という懸念。

という体たらくがあるだろうなという...。( •᷄ὤ•᷅)

土地建物不動産は土星ですな。
さてこれ不動の価値があるもの、土や地べたは誰のものって本来は誰のものでもないんだけど。
まーそうは言ってられない、権利どうこうと言い出すとメンドクサーでキリがないので。(´・ω・`)

時間が掛かることも土星なんだけど、コツコツ貯めたお金や長期ローンまでして買うのはだいたい不動産関係でしょう。
それだけお値段は張るが、長く代々持ち続けることが可能でもある。
住み家をそこに設定、という。
とすると、ネイタル土星はその人の住む場所かもしれない。
長くとどまる、ということは場合によってはそこが終の住処となるかも。
これは晩年を表すIC、4ハウスと合わせて観る必要があるけど。(`・ω・´)

長く暮らす、その居場所はどこだ。
それが土星が表示しているのかも。
放浪の果てに落とす命だってもちろん昔から沢山あった。
この二十一世紀の現代社会だってキツイもんだ。
だからこそ土星という現実の価値と地べたを今一度見てみるのもいいかもしれない。
満ち欠けを繰り返し、常に揺らぐ月(日常生活)を支える土星はどこにあるのか。
そのハウスとIC、4ハウスの家庭と晩年、居心地はどうだ。
気に入らなければ、どうすれば改善されるかな、とか。
この解決策、もしかして今は牡牛運行中の天王星がもしや関わってるのかとか。( ・`ω・´)

牡牛サインのルーラーを地球にという説をだいぶ前のエントリーで書いたけど、
地上で生きる肉体と五感、肉体の部位で言えば耳、鼻、喉への天王星の作用か。
食物や農作物といった第一次産業に関わっているので、土地との縁は切れない。
土地、地面、土への天王星の作用となると、前向きにならバイオテクノロジーや農業に関する技術開発が進むとか。
不動産の管理や取得に新たな概念や試みが現れるかもしれない。
天王星なら何かを友人や同好会的なやり方、シェアなどで管理運営するのに画期的な方法が見つかるのか。
以前からある貸し農園やクラインガルテンがまたさらに進化した形で広がるのか。
以前書いたスローフード運動がまた別な形で盛り上がるかもとか。
前向きなイメージ色々持つといいかも。(-ω-)ヽ( ´ω` )ノ

苦手で避けたい土星が安楽さや緩さを必要とする月を支えるに不可欠なのは、
この地球で暮らす以上逃れようがない話とかあまり深刻になりすぎないように。
冥王星が絡むとそれまでの有り様や生き方がこれから関わってくるかも。
山羊土星と冥王星がしばらくは合、そこに木星が失墜しているが合になる。
さらに高揚した山羊火星までやってくる。
今年の令和初めての春分が実はそうなんだなって今気づいたり。(-ω-)

火星土星メモはいわゆるマレフィックメモになるんだけど、
現実に不可欠、だけど扱いに時間や熟練が必要か。
普段の生活に不可欠なのに、マレフィック凶星と呼ばれているけどそれがなけりゃ動けないのにさ。
うどん打つのだって一応、ある程度は力がいるでないか。(´・ω・`)

以前エントリーしたかもだけど、蕎麦打ちは男がやりたがるのは生地寝かさずすぐ打って茹でる食べるという、
目に見える結果が素早く出るからでないかという。
うどん生地は寝かせても寝かさなくてもどちらでもいいそうで。
この寝かす時間も人によって違うという。=͟͟͞͞ (¦3[▓▓] オフトゥン

小麦粉と蕎麦粉では違うんですな。
女や主婦には子供が関わってくるせいか、細々とやることや急な頼まれごとが多い。
なので、生地を寝かせてもいい小麦粉のうどんは女性がよく昔から打ってることが多かったのか。
そんなあれこれをうどん打ちを教わる過程のよもやま話で彼女から教わったものだった。
パン、パイ生地、饅頭、餃子などの皮とか、この辺は古代エジプトの遺跡を持ち出すまでもなく、
主婦や女奴隷が作ってたものだ。
小麦粉は水で練った後も生地そのものがまだ生きている。
酵母のあるなしに関わらずだ。(-ω-),。・:*:・゚'☆,。・:*:(・ω・)

生地は寝かしても寝かさなくてもいい、この曖昧さも女には扱いやすいのだ。
ちょうどいい塩梅を自分で選んでいいのだ。
このちょうどいい、の加減を見つけるのが実は火星土星を扱う極意になりそうな。
火星のアクセルと土星のブレーキとは占星学で昔から言われてますが。
これをじゃあどうやって扱うんだというと、ただひたすら経験だの訓練だのっていいますがね。
その対極を見てから決めるしかないじゃんて。
だったら、金星と月だよって話でしょう。( ・`ω・´)

で、水星も関わってきますよ。
手先や神経、言語、初等教育や知性の始まりな水星。
これが訓練が必要とされるのは、善悪とは別に動くから。
知恵、知性は善悪の判断とは別物なので。
発達障害もいろんなタイプあるようだし、専門家じゃないからよく解らないところ多いけれど、
曖昧さがよく解らない、空気読めないタイプというのは、知性の水星だけでなく金星や月の様相も関わってるかも。
これぐらいで、今はこれでいい、で済ませておける、グレーゾーンを自ら設定する能力、
これにベネフィック吉星で女性原理の金星、月が必要なのでは。ヽ(•̀ω•́ )ゝ

火星は男性原理、土星は父性とよく言うけど、土星は男女両方の性質を持っているかも。
老人や知恵者、時間はどこか中性的なのだ。
時間が経つ、枯れて水分が程よく抜けて、人として必要な何かを残し、男女の性を超越していく。
それはまさに子供返りだ。
退行は大いなる前進でもあるというのをお偉い誰かさんが言ったかもね....。_(:3 ⌒゙)_ボリボリ

もう男だ女だってのは関係なく、この現実で使える知恵や方法を伝授していくのが土星だ。
それがしゃっちょこばっていない、この地べたで使える知性の結晶。
そんな結晶みたいな爺さん婆さんがいる世界でないと、
センス(金星、月)とやる気(火星)、形をまだ持たないアイディアと夢(天王星、水星、海王星)
がこの世界に定着しないでないか。
瑞々しさを保存するには、ひんやり乾燥した土星を上手く立ち回らせないと。(・ω・)

意地悪とか、やる気を削ぐ(土星のマイナス面)のでなく、使えるものへ導く、少し距離を置いて見守る。
このさじ加減が解るのは時間が必要だけど。
お手軽になんでもすぐ、ってのもな。
アナログなところも残しつつ、デジタル活用みたいな曖昧さとか。
スピードだけじゃない、スローな味わいを求める若さって瑞々しい。
まだ月だった頃を忘れない、それが自らの肉体と魂のルーツや晩年を大事にするところに繋がるのだ。
伝統、未来ってそんなところからしか根付かないし生まれないのでは。
目先の欲に眩まされてる暇はあるのかね。
たったの百年も生きられない人間様に。

,。・:*:・゚'☆,。・:*:(-ω-)(・ω・)ソウダヨナー,。・:*:・゚'☆,。・:*:
別窓 | Astrology | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ドイツ語の思い出
2020-01-11 Sat 10:05
以下、去年神戸日独協会に依頼されて寄稿したものです。(・ω・)ノ

今年一月の見学から初めて二ヶ月弱、三十年以上前の学生時代のことを思い出し講義を受けています。
板山 眞由美先生のA1、A2と両方を拝見してブランクがあることから改めて基礎のA1から学んでみて、
懐かしい気分に浸りつつ現代のドイツ語の授業を受けていると過去と現在を心が行き来するかのような不思議な感覚を覚えます。
学生時代は文法中心だったので、まずは会話と発音から入っていく現在の講義で久しぶりに生で聴くドイツ語の音声を確認しつつ、
今の語学の現場を見せてもらっています。
少人数で講義や質問は日本語で全て行われるので解りやすくいつでも単語や解らないところを確認できるので、
すっかり初心者に戻った自分でも安心して受けられるのが何よりありがたかったと思います。
幼少の頃からのお出かけの場所、中学高校と電車通学で通い慣れた神戸三宮駅に降りると心和むものが。
外国人が駅や街中を行き交う港町の開放的で洒脱さと共に素朴さと下町情緒が程良く残った風通しの良さと馴染みのある街で、
ドイツ語との再会でした。
会話の定型と発音から、いつか場の空気感の味わいや間の取り方が楽しめたらと。
そこまでこなれるほどの経験が積めるかどうか、先のことよりまずは授業を楽しもうと思います。
最初は新たにフランス語を学ぶんでみようかと考えていましたが、
子供の頃にピアノで習ったバッハのメヌエットや、学生時代ドイツ語の教授から頂いた古い葉書、
ふとした時にドイツ語がなぜか目に飛び込んできたり。
ならば二十一世紀の今、改めて学びなおす機会かもしれないという感覚。
原書を読めたらと思いつつ始めましたが、かつて梅田のミニシアターで観た「テルレスの青春」Der junge Törlessや
学生時代に先生から「制服の乙女」を観た頃のお話を伺った事を思い出しつつ、外国語コミュニケーションへの一歩を踏み始めました。
別窓 | 気持ち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
遠隔ヒーリングの受付始めます (・ω・)ノ
2020-01-09 Thu 08:54
初伝を受けて十二年経ちました。

毎日自己ヒーリングを続けて、時にどなたかに手当てヒーリングをしたり受けたりという実践を経て十三年目に突入。

実感としては自分に向き合える、改めて我が身と心を大事にしようと思えるようになったかな。

これからは、個人的にも新たな試みとなります。

遠隔はお一人様一件、30分を目安としています。

お志を3,000円からお受けいたします。

お振込確認後、ご希望のお時間にレイキによる遠隔ヒーリングを行います。

お受けになる時は、起きても寝てても構いません。

リビング、寝室など途中眠っても大丈夫なところで受け取ってくださいね。

拙ブログのプロフィール欄の下、
西洋占星術とタロットカードによるリーディングについて...のところをクリックしてお申し込みください。

積極的に自分も誰かも癒して行きる、生きると。

,。・:*:・゚'☆,。・:*:ヽ(•̀ω•́ )ゝ ヽ( ´ω` )ノ,。・:*:・゚'☆,。・:*:






別窓 | Information | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
火星土星メモ(・ω・)
2020-01-09 Thu 08:38
鉄はもう一つの重要なミクロ栄養素である。
いくつかの研究によって、後遺障害を抱えた攻撃的な子供に、鉄分の欠乏が見出されている。
非行少年の三分の一は鉄分が不足している。
鉄分の不足した保育園児は、ポジティブな感情を示す度合いが低い。
この発見は重要だ。なぜならポジティヴな感情の欠如は後遺障害を持つ子供の特徴の一つだからである。

亜鉛や鉄などのミクロ栄養素は神経伝達物質の生産に不可欠であり、脳や認知の発達に縦横な役割を果たす。

亜鉛分が欠乏したエサを与えられた動物(成獣)は「受動的回避行動の学習障害」を示す。
これは懲罰をもたらす反応の抑制を楽手する能力の欠如を意味し、
この認知的な欠陥は自分のあやまちからなかなか学ぼうとしない犯罪者に繰り返し見られるものだ。

「暴力の解剖学」エイドリアン・レイン著 紀伊国屋書店刊

鉄分は火星。
亜鉛は土星。
という基本を踏まえておくと、実にこれ解りやすいじゃないか...。(;・`ω・´)

バランスとはなんだろうって。
鉄、亜鉛が不足するとそれが顕著になる、社会的にも個人的にも。
(ってなんだが社会様相以上に、
 何よりその人自身のしあわせというところがこの拙ブログテーマらしいと去年あたりやっと気づいたので(遅い)(´・ω・`))
いかにこの栄養素の不足がアブノーマルな様相を呈するか、という現実。
それが結構表面化しやすくなったのはいいことだと思って。(-ω-)

つまりまー病的ってことは、火星土星要素が暴走するか不足するところに根ざしてるとこ大ありか。
火星は地球、水星、金星と同じく岩石惑星、つまり地球型惑星なので、
個人のパーソナリティや才能でもあると私は考えていて。
対する土星はガス惑星、個性でなく社会からの働きかけをどう受けとめ使うのかというソーシャルプラネット。
岩石惑星のような地上というものがないガス惑星は状況や空気をそこから与えているのかも。( ・`ω・´)

火星と土星は現実の星とも言える。
力の出しどころとそのブレーキや調節をするわけだから、これがないと動かないし制御もできないので。
世を動かす原動力が実は平和を作る。
平和って天秤サインでしょ、それ逆じゃないですか、金星ルーラーだし火星と真反対って思われそう。
実はこの相対するものこそが必要不可欠よと解る、それは社会に出てから。
そして何度も書いてるけど土星は天秤サインで高揚する。(-ω-)

平和は整え、自らそのようにしていくものだ。
自らそのように努力してそうなっていくのだ、与えられるものではなく。
天秤サインが太陽が失墜するサインとはいえなぜ活動宮なのか解るでしょ。
与えられるのでなく自らそのように動いて自身にも他者にも与えているのだ、いつの間にか。
自我を抑えられるというが、自我の出し方を模索するのも平和の第一歩では。
それを相対する牡羊火星が真正面見ているのかもしれない。
自分の情熱を洗練させて世に出すにはどうすれば。ヽ(•̀ω•́ )ゝ




また後々書き足すと思います。
今回とりあえずこれでアップしますね。(・ω・)ノ
別窓 | Astrology | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| sota de copas |