FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

布団が俺を呼んでいる

まだまだ寒いーオフトゥン国ってすばらしー。
なのに梅が咲いたか桜はまだかいなって言ってるうちにもう明日から四月ってマジか...。(´・ω・`;)

温故知新ってやっぱり面白いなという実感。
暦とか季節、同じこと繰り返してるのに日々新しく感じられるのも不思議っちゃ不思議な気がします。
ヒトの肉体は日々新しいことを求め揺らいでいるということかも。(-ω-)

生き物、肉体を持って生きるということ。
安心、安定を求めつつ、常になにげない微細な揺らぎや変化が必要なのかも。
細胞の中の水分や循環が常に止まっていないように。(・ω・)

水分やミルク、母性的なものは月の管轄なので、肉体、その弱点や私生活など内向きな要素を表すのですが。
それとまず相性がいいのが前のエントリーにある金星。
牡牛が月の高揚の座で金星のディグニティという本来の座ということを考えると、
安定と自分が価値を置いている物事が月にとって不可欠であるというのはまさに「理屈抜き」なわけです。

牡牛が提示しているのはI have、感覚的に元から握りしめている感覚なので。
前のサインである牡羊のI amの次に自分が持てるもの、まずは五感という辺り。
この五感で価値を決めているのか。(`・ω・´)

この感覚を無視した時に我が身にとって価値あるもの(金星)が判らないという不都合が起きやすいんです。
こうありたいと思って得た自分の感覚なのに、世間体や相手がたの反応を気にしすぎて、
「エゴ」でない本来の「私」が解らなくなる、
自分が好きなものや大事なことが判断できなくなるのは辛いもの。(´・ω・`)

そこを安定させるのが実はその人の土星かも、という考察をずっと書いてきたけれど。
まーなかなかそこまで行くのも時間が掛かる。
なんせ努力、忍耐、厳しさ、長老や家長といった権威ある存在、型にはめられた窮屈さ、旧態依然な空気という。
子供のうちからPC、電気通信、インターネット(天王星)に慣れきって、
とっとと都合のいい結果をスピーディに欲しがる現代人にはつまらない気分か。
そんなショートカットで美味しいとこ取りしようとする有様を諌められてるんでしょうが。(´・ω・`)

しかしこの天王星がまた曲者で、土星と一つセットになってたり。
古典では山羊、水瓶サイン共に土星がルーラーだったわけで、
土星的な空気との連動でしか実は天王星を使いこなせない。
実はアウタープラネットは三つともこの土星を受け入れた上でないと使えないのかも。(´・ω・`)(´・ω・` )オヤオヤ

やっぱり芸能なんて解りやすい例かも。
大衆(月)が欲する楽しみ、非現実(海王星)って。 .。.:*・゚゚(-ω-)・* ..:* ☆.。.:*・

歌舞伎の世話物なんてモロだけど、
現世の楽しみを映し出すエンタメの方がお気楽で間口広くて解りやすい深みがあるからいいんだろうな。
お能なんて目に視えない世界から何気に世間が遠ざかるのは、やっぱり死への恐れかな。(・ω・)?

今更ながら自分の太陽が入ってるハウスカスプが水瓶サインって実感に、
魚、水瓶の太陽の人(インターセプトしてたら牡羊も)
ってこれ現実からちょっとズレたとこにいるって認識しておいた方が楽かも。
だけど、これだから世間から理解され難い、それを生きづらさという今時の言い方で諦めない方がいい。(´・ω・`)

Eテレのアイヌ音楽特集がもろフリースタイルラップだったんですが、
しかもこれ多分縄文時代から綿々と受け継がれてたであろうという衝撃がジワジワと。
自然の中で穏やかに暮らしていても、村や共同体があれば実際には問題はいろいろ起こる。
そこをそれぞれの主張や謝罪、話し合いなどを口承されてきた音楽というスタイルで行う。
この解決方法の知恵が脈々と受け継がれて文化として定着していたという。♫♩( ・ω・)(・ω・ )♩♬

これは本州で暮らしていたいわゆる「和人」には衝撃だったかも。
もしかしたら大昔、自分たちもこの方法を知ってたかもしれないのに、
とっくに廃れたか、もしくは場所や共同体によっては全くこの方法を知らず採用せずにやってきたのか。
どちらにしてもこれは絶大な効果があると音源聴いてて実感。(・ω・;)

ビースティ・ボーイズのAD Rockが近年の音楽を全く聞かない理由を語る。若者に対しての意外なメッセージとは?

デキる人ほど過去の栄光や自慢を一切しないとは言いますが。
実力ある年長者や先駆者が意外と気をつかっててあまり表立っていかないこともままある。
勘のいい若いのがそこを見つけてくれるのをただ黙って佇んで見守っていられるのかどうか。
世直しだの、このオレサマがーアテクシがーの「ご意見番」って本当に必要と思ってるのは当人だけですからな。(´・ω・`)

海王星は溶解、霧のような状態でいつの間にか入り込む要素、物事をくっつけて繋ぐ役割があります。
「海」なので世界を繋ぐんでしょうな。
未知の要素を「いつの間にか」運んできたり、結果、混ぜていくのかも。
微細、デリケートな要素なので、ひっそりといつの間にか行われていて誰も気付かぬうちにそのように、という。
ことを荒立てずに解決する策を導き出すような。(-ω-)

壮麗な美を体現させるのも、夢を見る、何かを信心、信仰させるのもまたこの海王星要素だったり。
海王星発見以前の魚サインのルーラーが木星(宗教、寛大、正義、優雅でおおらかな有り様etc.)である辺り、
共通点は結構多いんですが、ソーシャルに使える木星とは別次元で使いこなすものだったり。
アウタープラネットは準マレフィック扱いですが、使いようは本人の裁量に任された世界のようです。(・ω・;)ウヒョー

海王星、金星のハイアーオクターヴと言われて金星のような金銭、物質を伴ったりパーソナルな愛の表現から、
さらに大きな無償、無条件の愛を体現せよって言われてもいきなり出来るもんじゃありません。
個人の欲望むき出しでは決して言うこと聞いてくれないのが土星以遠の星なのです。(´・ω・`;)スンマソン

「捨ててこそ浮かぶ瀬もある」と以前書いたけれど、久しぶりに人様から伺ったこの言葉。
エゴなんてとっとと捨てられたら誰も苦労しませんが、それがアッサリできる瞬間が実は誰しも本当は訪れるのかも。
個人のネイタルチャートに海王星がアスペクト取る瞬間は難しいけれど、そんな方向転換の時期かも。
心身が敏感になって、それまで耐えた傷を癒しいたわる、
周囲の環境など見逃してきた微細な物事へ意識向かって注意深くなる。(-ω-)

土星の現実を味わったそのステップの後、土星以遠の星の力を改めて見ると、
これまでのスキルの必要なところと活かし方、全体をまとめるには、という。
エゴや承認欲求ではなく、全体の大きな流れの中の自分、を意識するのかも。(・ω・)!

そこをなんとなくこういうもの、とイメージ(海王星)想起させるのはアートと言われる、
一見現実には価値がなさそで、日々の生活の中では一番最初に切り詰められがちな対象だったり。
愛は惜しみなく、と言いますが、そこをシビアな現実(土星)とどう向き合い折り合いつけられるのか。
この辺のスキルを凝縮したのが「古典」という洗練の技かもしれません。( ・ω・)(・ω・ )ホホー

ある程度愛され使いこなされていい感じで古びたもの(土星)
ってのが文句なしに良質なわけです。
無駄を削ぎ落とした洗練という粋は誰でも文句なしにそのスタイルが決まるようにできている。(-ω-)

土星の高揚の座は天秤サイン、牡牛と同じく金星がルーラー、というところを今まで何度となく書いてみたけど。
古代の叡智を温故知新として受け止められるようになるにはやっぱり土星が提示する時間、忍耐が不可欠なんですな...。(-ω-)

ネイタルチャートに土星がアスペクトを取ると、個人にとって時間が必要な時なのかも。
よく土星は先生、反省したり、結果が提示されるといいますが、時間が経って解ることがいっぱいあるということかも。
現実の価値はすぐに都合よく「手っ取り早く」は解らない。
簡単に即判断というわけにもいかない問題が起こる人もいるかも。

そんな時かもしれませんが、土星と共に目の前の月(肉体、好悪の感情、日常、私生活)忘れず、
緊張を緩めるひと時を入れて休み休み気長に。
それらを踏まえて天王星、海王星、冥王星の三つを何気に連動させている自分という存在だと改めて思い起こしてみると。
年度末、そんな時期かもしれません。
節目と言っても、いつも一緒に見えて変化しているのです。ヽ( ´ω` )ノ

ただ、こんなところを作り上げていくのも土星の中で力を蓄えておくという前提ありきです。
アスペクトで悲観せず、まずサインを見てハウスの場所確認した上で、この土星をどう扱うか。( ・`ω・´)

酒や醤油、味噌、ぬか床がひっそり時間(土星)の中で醗酵(海王星)して旨みが増すように。
じんわり寝かせる(睡眠も海王星)時間(土星)は密やかに成長する大事な時なのです。
ジワジワくるのは感情ばかりでもないのです。

* ..:* ☆.。.:*・(-ω-)(・ω・)* ..:* ☆.。.:*・
スポンサーサイト
.31 2017
Astrology comment(0) trackback(0)
 HOME 

プロフィール

Gatos Blancos

Author:Gatos Blancos
占星家

ある日とある街角でタロットカードと西洋占星術の再会から始まったとりとめない憶いの記録

当方では対面、メールでの有料個人セッションのみとなります。
ブログ上でのコメント欄での一個人のリーディング依頼はお受けいたしかねます。

Webサイト・ブログ、印刷物等への転載はお断りしています。

あしからずご了承下さい。


西洋占星術とタロットカードによるリーディングに関するお問い合わせはこちら

最近の記事

最近のコメント

FC2ブログランキング

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

PopUp Wikipedia?

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。