FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Ladybird Ladybird

この間ゴールデンウィークとか言ってませんでしたっけ。
まだ筍とか思ってたら、もう小梅や土らっきょう出てる...。(´・ω・`;)

とりあえず天気いい時に新生姜干してたり。(・ω・)ノシ

人の心の中で世代間を表すエネルギーが土星外惑星(トランスサタニアン アウタープラネット)という話はいっぱい書いてて、
その中でなんやかやといにしえのエントリーにやたら拍手つく冥王星ですが。

まー、皆してよっぽど前世だの業だの輪廻だのって好きなんですな。(´・ω・`;)

実際、解ったとこでどうにもならぬ、ってか実は在ると言えばある、無いと言えばないもの、
というとなんか反発あるんでしょうな。
まあいいけど。(-ω-)

得体が知れないから知りたがるというとこもヒトにはあります。
探究心ってやつですね、口当たり良く言うと。

以前のエントリーでも冥王星、ルーラーとする蠍サインの反対に位置するのが金星、牡牛サインの関係について色々。
ここが現実の待ったなしな状況、口先だけの話ではないことを表してると。
個人レベルだとそんなところ。

これが社会に出ると、冥王星は世代間のエネルギーの一つとして働くんですが、
内在するとこでも奥深いので、いわゆる潜在意識ってやつですね。
これ好きなスピスピなヒト多いよね。(´・ω・`)

個人レベルでプレッシャー、強迫観念として働きやすいため、世代間の空気と言われるのです。

冥王星はヒトの普段の意識からは得体の知れない何かを醸し出す最も不気味なところを感じやすいかも。
この辺の扱いがまた一番面倒なんですが。
奥まってる感じで、なんとも意識して上手くコントロールがし辛い。

解りやすいとこでヒプノセラピーなんかは冥王星的っていいますが、この辺りも難しい。
自分では受けた事も無いけど、誘導や内側を垣間見る事が相手にどう影響するか予想不可能。
そう言うタイミングで受けているとはいえ、変容は心身ともに疲弊消耗します。
これも前に書いた通り。

実際、他人が作り上げた流れに任せてしまうのが楽な感じになってしまうのです。
世代間で団塊、バブル、ゆとりとか色んな名称作り上げて勝手につけられてしまっているけど、
こういうのに馴れてしまうとそんなもん、という気がしてしまう。

いまどきの若いもんは、などと数千年前の古代エジプト人もぼやいてたっていいますな。(´ω`)
経験則でばかりヒトは子供や若い人を判断しがち。
でもその経験を上手に伝えられるかどうかが、その年長者が今までどうあったかを問われるとこ。

ダメ出ししか出来ないのなら、そのヒトはそういうことばかりを過去誰かに言われ続けて、
自分がどれほど傷ついたかということに向き合ってこなかったのです。
自分の大事なものを忘れて放り出して、お手軽で安物のプライドに凝り固まったのかも。

これ、冥王星をマイナスに使った結果みたいな。(-ω-)

冥王星、蠍サインのエネルギーが効いてると、実にクドい。
執念深さというのがさすがにこりゃマズいだろうというのは、
この星とサインが効いてるヒトには骨身に堪えてると思います。(-ω-)

同じことの繰りかえしってウンザリでしょ。
なんだこのつまらんギャグ、売れない芸人か。 新ネタ欲しい...。(:-`ω-´)

基本、太陽蠍だと古典では強勢Strongとなるので、太陽蠍の人はこの辺り心得ることになると思います。
社会に出たら実はポテンシャル高めなので経験積んでから、
上手くその辺を希釈して人間関係に対処出来る人もあるかもしれません。
エネルギーの濃さを深み、という辺りで周囲に感じてもらえるように配慮。(-ω-)

この辺は太陽冥王星が他のサインでも合などハードアスペクト取ってる人に、という話したかも。

で、なんとか世代ってやつですが。
こんなのは実は存在してない、ぐらいに思っててもいいのです。
それこそ使い古して擦り切れたギャグぐらいの。(・ω・)ノ

個人差が今までとはちょっと違う方向性になって来た感じ。
心身の障害(敢えてこう書く。)ですら、度合いによってはまず自身が受け入れて己の身として生きる在り方も。

皆がそうできるわけじゃない、どこでも誰でもじゃないけど、そうあってもいいという選択肢。
決して楽ではないけれど。(-ω-)

なんとか世代という一括りで、その中で周囲を見渡してもいいけれど、
誰しもその個人の心には別々のドラマやストーリーが出来上がってる。
それがその人の「価値観」かもしれない。

冥王星、ネイタルチャートの8ハウス、蠍サインのハウスには、こだわり執着、同じ世代の空気感が現れているのですが、
これにどの程度影響されるかは全くもって個人レベルでかなりの差が出る。
普段の活動してる際の顕在意識に上らない部分なので、ふとした時にどちらかといえばマイナスな空気で現れる。

ところが価値観は基本、その人の金星、ネイタルの2ハウス、牡牛のハウスは凄く個人的な好きずきになる。
ここは文句無しにいつのまにか好きでそうしているので。
人から何か言われた、されてヤだーと思った時に、ここに引きこもってみてもいい。

自分にとって好きで大事な事を思い出すのに、誰に文句言われる筋合いありませんからね。( ・`ω・´)

金星のアスペクト、2ハウスの状況をよく観る。
牡牛サインのハウスも合わせて観る。
そこは老若男女関係無しにその人自身が大事にしたい、美味しい吟味したいキモの部分。(`・ω・´)

普段こそ大事なのに、うっかりおろそかにしてしまわないように。
乙女、蠍はこの金星が失墜、損害を受けるサインなので、この金星をネイタルに持っていたら、
より大事にしてあげる。
あ、牡羊もね。(´・ω・)ヽ(・ω・ )ノシ

周囲よりも自分、得体の知れない空気、プレッシャーに負けやすく巻き込まれやすいのなら、
サッと身をかわすことも大事。

金星と相性がいいのは女性原理でも安心を求める月なので、
アスペクトやサインを観てこの月が安心する環境や場所を見つけたり作っておく。ヽ(´ω`)

まあ五月病なんて二十世紀に出来た話ですが、これもただそんなムードとかに当てはめただけ。

冥王星が輪廻とか前世とか強迫観念だった、としよう。
それはなんにしても超えられる、変容トランスフォーメーションのポイントでもあるのです。
先に何度も言ったようにその分消耗するんですが。

蛹から羽化するのってあれ命がけですよね。
イモムシ毛虫達って、繭こしらえて蛹になって、その中で一度肉体は分解されてドロドロの混沌に。
そこからあの見事な羽や触覚などを作り上げてるなんて。
でもそんなこと、どの虫達だって自慢などしない。 

だって皆して考えなくても気がついたらそうしてる。(・ω・)!

そして、それは人間の頭の中の知識や技術では今もってオリジナルで作り上げられない。
科学者、研究者が調査実験して、実は自然の中に全てがあった、と知る。

なので、実は変に意識おかなくてもいいんじゃないかって気がします。(-ω-)

冥王星的なものが在る、としよう。
祖先の意志、すでに死んだ人という見方があって。
モノに寄ってはこういう視えない後ろ盾がある、として利用させてもらう手もあります。
古典芸能なんてそんな空気に充ち満ちてるかな。

またいずれそんな話あるかも。

もうすぐ太陽はその牡牛から双子入宮、気がつけば夏至、というとこですか。(´ω`)ノ

これはテントウムシの蛹、幼虫を先に見つけたんだけど、動き早いのー。(・ω・;)
DSC02765.jpg
スポンサーサイト
.20 2015
Astrology comment(0) trackback(0)
 HOME 

プロフィール

Gatos Blancos

Author:Gatos Blancos
占星家

ある日とある街角でタロットカードと西洋占星術の再会から始まったとりとめない憶いの記録

当方では対面、メールでの有料個人セッションのみとなります。
ブログ上でのコメント欄での一個人のリーディング依頼はお受けいたしかねます。

Webサイト・ブログ、印刷物等への転載はお断りしています。

あしからずご了承下さい。


西洋占星術とタロットカードによるリーディングに関するお問い合わせはこちら

最近の記事

最近のコメント

FC2ブログランキング

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

PopUp Wikipedia?

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。