FC2ブログ
<<02  2014,03/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
Coverall apron
毎日割烹着着てるのは実験じゃなく、自分のためだけの飯炊きと傍観もとい防寒のために。

割烹着市場がにぎわうということはなかったみたいで。(´・ω・`)

実験室ならぬ台所で米と研いだり、肉や野菜を刻んで、
適当に粉と水など合わせたパン生地を手捏ねし、気まぐれなケーキを焼く。

なんとなく淡々と、そんな日常です。(・ω・)ボー

個人的に海王星ルーラー回帰が背景にいつもテーマにあるよな心象の模様ながら、
自然や水や空気を味わうことを大事していると、何事も無く過ぎる感じ。
さすが海王星。(謎)

この辺、公転周期が長い土星外惑星とのアスペクトとのつき合い方のキモという気がします。

たまにアクセス解析や、このブログ的に貴重な拍手貰ったと思うとなんか冥王星エントリーなんですね。
この極北ブログにうっかり辿り着いてしまった皆様、まあこんななので...。(´・ω・`;)

観念とはなんぞや、ってうっかり大げさに自分まで思ってしまいますが。

天王星や海王星よりも遠く解り難いから知りたい、掘り下げてとことん徹底、とかって思い詰める。
↑ってモロ冥王星エネルギーに囚われた感じに。

人はどうしても強迫観念を無視できないので、反発や受容を繰り返すと思います。
この繰り返しってのもそう、冥王星くさい。
ヒトという存在にとって、このエネルギーが魂そのものな気がするのかもしれません。

本当はどうなのか解りませんが。(・ω・)?

閑話休題。(-ω-)


海王星ですが、冥王星と共に高揚エクサルテーションはまだ未決定。
研究者に寄っては創造性の獅子サインを海王星エクサルテーションにという意見あるようですが、
個人的にどうもそれ違うんじゃ、って印象。(´・ω・`)?

飽くまで個人の乏しい経験ですが、海王星が水瓶サインを運行中の頃、
太陽獅子の生まれのクライアントさんが立て続けに現れたことが。
この時の表情は軽く鬱っぽい様子で、「自分で自分が解らない...。」と。

水瓶の対抗サインである獅子にとって目の前に海王星エネルギーを浴びる状況ということで。
ハードアスペクトは御し難い、利用し辛いという中でも、土星外惑星は特に解り難い。

ましては海王星は霧のようなエネルギーと言われてて、
目に見えない価値、溶解させる効果を持っているため、
依存ということが前向きに考えられない、受け入れられないタイプには苦しいです。

何がなんでもこの現実社会で己の力と技で成功、賞賛、高い地位を!みたいな、
暑苦しいいかにもファイヤー!性格が顕著だと、これは大変。
こんなはずでは、という感じだったようで。

得てして創作よりも人も羨むような環境に身を置きたい、
そういう存在に、という感覚では辛い状況になってしまいます。

エゴの力ずくではどうにもならないことが海王星要素。

これは太陽獅子でもその人の普段の生活や学校、職種に寄るところが大きい。
音楽や絵画ヴィジュアルなどアート創作舞台関連が特に、他は海洋関係、発酵、薬品など、
海王星関連に就いたり携わったり活動しているヒトにはプラスに働きやすいんですが、
そうでない場合、大変苦しい。

獅子サインは本人が気づいてなくともそこの部分はその人のエゴに繋がっていて、
前向きに受け入れてやらないと我がまま、傲慢な空気を醸し出す。

その人の最近だと俗に言われがちなインナーチャイルドに関連しているような。
基本、その人のチャートの月を乳幼児期として観ますが、
本人さんの子供の要素を観る時は獅子サインと5ハウスも関連として観ています。
その後の学童期としての水星、3ハウスも合わせて観たり。

海王星が太陽、月にハードアスペクトとっている時期はセンチメンタルで悲観的になりがち。
水なので、涙、という。(´・ω・`)ノ"(ノω・`。)

だいぶ前にエントリー書いたけど、非定型鬱病な心の状況になった場合も、
変な励ましなどない静かなところで過ごす、など。

合、衝、スクエアの時期はかつて自分がどんな家庭で生まれて暮らしてたとしても、
子供の頃の自分を褒めてやり、しみじみと心に柔らかさをもたらすようなことを観たり感じること。

敏感になるので、身体はむしろ虚弱になる傾向。
感染症に気をつけて、無理をせずに、養生という気持ちで。(´ω`)

普段健康で丈夫なヒトでもたまに風邪ひいて寝込むと、
ちょっとした物音、風の音にも敏感になるものです。
肉体が弱った時のエゴが引っ込んで敏感に反応するその弱さをむしろ受け入れ、
本当の強さとする。

感受性を大事に、ということで、無理にいままで頑張らなくては続けられなかった事柄を見直したり。
出逢うヒトは色々だけれど、そこへの見方感じ方がどう変わるのか観察するといい。
この時を通じて価値観を今一度大事にしたり見直してもいい。

自分だけじゃなく、共存、共に生きてWin/Winに繋がりそうな空気とか。
例えば獅子サイン的なことならば。
自分が誰かや何かを賞賛すると、そのエネルギーが思わぬ喜びとして還ってくる、という。

自分の力と手応えで手に入れてきた喜びとは違うやり方や方向で、
それまでに無かった価値を得て一つ新たな何かを見いだすというイメージ。
霧の向こうの世界が少し垣間見えてくるような思いや感覚を得るかも。

海王星は金星(現実的な価値感)のエクサルテーションなので、目に見えない価値という一歩踏み込んだものです。

土星の外からちょっと次元(世界観)が変わるよ、という合図を天王星から受け取ったとしたら、
そのドアを開けたところで流れ出てくる海王星エネルギーを浴びるのかも。
今までの現実の中でこびりついたあれこれが流されてしまうようなイメージ。

こういうのも変化を受け入れる準備が自然とそれぞれに出来ているので、あまり心配しない方がいいです。
意識し過ぎて身構えない方が。
今が一番いい時、という気持ちが自然と湧いてきます。
これも自然や動植物に普段からよく触れ合うと実感しやすいです。

感受性、溶解して浸透、広がるというのは、
それまでの古典魚サインのルーラー木星の拡大、寛容、信仰がさらに深遠さ、
性差が曖昧になった感が。

太陽、月、水星、金星、火星が海王星とアスペクトを取るチャートの人、
トランジットでそうなってるならなおさら自然、
特に水と動植物へ意識を向けたり、共感を持つと面白いかも。

アトモスフィックな要素と出逢うチャンスでもあり。 

。.:*・゜☆..。゚+..。゚+.(-ω-)(・ω・).。゚+..。゚+☆.。.:*・゜

今年の3月24日はWilliam Morris生誕180年目の日でした。
仮に出したチャートをさらっと観ててもなかなか。
リバティプリントの割烹着あればいいのにー。(`・ω・´)

春分から約一週間、やっと春らしい。
プロフィール

Gatos Blancos

Author:Gatos Blancos
占星家

ある日とある街角でタロットカードと西洋占星術の再会から始まったとりとめない憶いの記録

当方では対面、メールでの有料個人セッションのみとなります。
ブログ上でのコメント欄での一個人のリーディング依頼はお受けいたしかねます。

Webサイト・ブログ、印刷物等への転載はお断りしています。

あしからずご了承下さい。


西洋占星術とタロットカードによるリーディングに関するお問い合わせはこちら

最近の記事
最近のコメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
PopUp Wikipedia?
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード