FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

明けましておめでとう

って松の内はとっくに過ぎましたが、今週末は旧正月ということで...。(・ω・;)

今は大寒ということで、確かに今年も寒い。
氷が張るぐらいなので。
数年前まで暖冬続きだったのでここ三年ぐらい寒さが身に沁みます。

七十二候では水沢腹堅さわみずこおりつめるだそうで、そのまんま。
節分前は寒さ厳しいんですが、日が長くなった辺りがありがたい。
冬至前の暗さがこれまた苦手という事実が骨身に沁みました。

寒いの大嫌い、ソーラー発電体質です。(´・ω・`)

節分よりとっとと春分が来て欲しいぐらいですが、
まあそうは問屋が下ろさないので、のんびり待つしかありません。
雪の下で春を待つ植物や動物は賢いなー。

自然は大事なんだけど、社会生活というのを優先させるとなかなか両立し辛い、
齟齬が出やすいもんですね。

自然の本能や無意識の領域、感情や家庭、妻、母親、私的世界「ケ」は月、
社会生活、夫、父親、公の立場や生活「ハレ」は太陽ですが、
月は金星、太陽は火星と合わせると使いやすいようで。

金星は原始の女性原理、メスの本能、火星は原始の男性原理、オスとして観るという、
昔のエントリーで書いた通りだけど。

で、この前年はハウス中心でエントリー書いてみたけど、
これは対比という表現を解りやすくするシチュエーションということで。
ヒトという存在は、いつも端境の中で生きていると思っているので。
一つの要素だけで物事は成り立っていないような気がするという。

実はそんな世界観を元に書いてたりして。(・ω・)ノ
まあ真実なんてのはメルヘンなので存在しない、という前提ですが。

この世界とか宇宙というのにあるのはただ事実だけ。


金星 陰
火星 陽

という風に東洋っぽく言い換えてもいい。

価値観は金星、火星は熱源とか活力なので、
陰のエネルギーは内側に向かい、陽のエネルギーはやっぱり外側に向かうんだなと思います。

月に火星が合やハードアスペクトを取ると、活気はあるけど使い勝手は難しい。
特に女性でこのコンビのハードアスペクトは自分では気づかないけど、
周囲が持て余す様子だったり。

月は火星に傷つけられる、と古来言われてますが、これはかなり言い得て妙。
月は太陰なわけで、陰の要素を応援する女性原理の金星ならエネルギーを表現しやすいわけ。

月には金星が合わせやすく使いやすいので、
このアスペクト持ち、特に合は男女とも日常生活や人気面(どっちも月)で得しやすい。
なるほどなあという感じです。
過去のエントリーで何度も書いた通り、可愛げとか甘いソフトな印象を与えるのです。

なので、外に向かって光を放つ太陽は火星のエネルギーを扱いやすい。
陽のエネルギーは陽を応援しやすい。

凶星マレフィックという呼び名は、文字通りでなくて、ヒトにとって扱いが容易でないから。
上手く使えるようになるのに時間が掛かるから、という。
なので、社会生活を支えるソーシャルプラネットとして扱われたり、という話も過去で書いた通り。

吉星ベネフィックという金星ですが、これは使い勝手がいいというのと、
月も太陽も応援しやすいのです。
金星は陰ですが、水星と共に太陽の近くにあるし。

太陽と金星合なら、それもまたチャーミングの要素として現れる。
これまた男女とも得しやすい。
古い解釈本にあるような美男美女でなくても、魅力的に。
男性から見るとちょっと軟弱に見られることもあるけど、印象としては悪くない。

月に火星でイージーアスペクトなら上手く使えれば程よい活気、
これが庶民性として滲み出てくるので、
気取りの無い明るさ、「ケ」の家庭生活の活気というほどほどなエネルギーの出方になるのです。
月が馴染みやすさを表す、という松村潔さんの説の裏付けに。

で、金星の価値観ですが、これは牡牛サインが原初、
この進化形が天秤サインで、というところを書いたと思うけど、
自分の中で何が大事か、ということは社会生活を続ける程に身に沁みてくるわけです。

社会で周囲に合わせる、空気読むという努力をしないわけには行きませんが、
同時に自分にとって何が最も価値あることなのか、という思いは大事。

買い物してると、買い方やお店での態度にその人自身や育ち方考え方がよく現れる。
お金を使うシーンにはその人の価値観の奥、自分を大事に。
周囲にどう観られてるか大事にされるだけの自身としての態度や節度があるということは、
それだけで価値あること。

外に出ればお金を使います。
自分で稼いでも、誰かから与えられても、それは直接使うヒトの価値観が現れます。
何に支払うのか、そして受け取るときの態度の正直さや美しさもまた価値観です。

金星が陰のエネルギーというのは、その様子がその人の内側を表しているから。

金星と火星がアスペクトと取ると、よく恋愛運などと関連づけられます。
オスメスの出逢いというわけです。
(結婚はまた別。)
それだけじゃないですね、恋愛だって価値観が現れるみたいで。

お金の稼ぎ方というのにもこれが現れることが。
これは2ハウスのサインで表現します。
どのように自分に価値ある物や金銭を手に入れようとするのか、という。

そして対する8ハウスは変容トランスフォーメーションの場ですが、
ここは自分のエゴやプライドを強引にひっくり返す場でもあります。

ここがハードアスペクトで強調されると、
自分では気づかずに傲慢不遜な態度や行動をとっていることがあります。
もしくはナンバー2を気取って影で他人様をコントロールしようとしたり。
何食わぬ顔で有り余るプライドやエゴでそのようなことをしたところで、実は後でひっくり返される、
それが冥王星や蠍サイン要素です。

冥王星の場なので、扱いが難しいのです。
古典では火星の場でもあったりして、やはり扱いに熟練がいる、時間が必要な場という。
見えない世界(彼岸)をあらわしているので、祖先の意志、集合無意識とか阿頼耶識と解釈も出来ますが、
この現実世界でなら、たいがいその人の潜在的なものやうちに秘めた思い、
ハードなら並外れたプライドという。

どちらにしても面倒なものです。(´・ω・`;)

これが暴れ出しそうになったらどうすればいいのか。

2ハウスと金星を思い出してみる。

自分にとって何が大事?
何が好き?

何度でも繰り返しますよ。( ・`ω・´)

大事なことほど、解ってるつもりですぐに忘れがち。

周囲や誰かに自分が勝っているところを見せたいとか。

嫉妬心とか他人様より自分が優れたところを証明したいような澱みが浮かんできたら、
自分が好きな物事を思い出すようにするといいと思う。

自分の内側のことはとても親密intimateなことなので、
自分でしか大事に出来ないという。

嬉しいとか好きという漢字も女偏だったり。
こういうことにプライドとか理屈はいらない。

私という存在はたった一つ。 
これだけは誰かに肩代わりしてもらうことは出来ません。(-ω-)ノシ
スポンサーサイト
.28 2014
Astrology comment(0) trackback(0)
 HOME 

プロフィール

Gatos Blancos

Author:Gatos Blancos
占星家

ある日とある街角でタロットカードと西洋占星術の再会から始まったとりとめない憶いの記録

当方では対面、メールでの有料個人セッションのみとなります。
ブログ上でのコメント欄での一個人のリーディング依頼はお受けいたしかねます。

Webサイト・ブログ、印刷物等への転載はお断りしています。

あしからずご了承下さい。


西洋占星術とタロットカードによるリーディングに関するお問い合わせはこちら

最近の記事

最近のコメント

FC2ブログランキング

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

PopUp Wikipedia?

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。