FC2ブログ

sota de copas

Tarot CardとAstolorogyのフィルターを通して観る  この世界への感想文とこの世の記憶帖

Archive [2009年02月 ] 記事一覧

Beauty Code

先日、あの「おくりびと」と共に「つみきのいえ」がオスカー受賞したというニュース、丸一日TVニュースはお祭りの様な。少し落ち着いたかな。自分が好きな作品が高い評価を得て、世間からの認知を受けるというのは、作者でもなんでもないのに素朴に嬉しいもんですね。ほんと、別にただ好きなだけなんだけども。制作とか全く関わり合いから、何にも語れないけれど。加藤久仁生監督のご家族の様子や、「つみきのいえ」のモデルとなっ...

観えない糸と意図

結婚という事。全く違う場所と環境でそれぞれ生まれ育ち、違うルーツを持った男女が社会からは夫婦と呼ばれ、一つ屋根の下で暮らすようになる事。私が子供の頃から、既に結婚というものはお見合い結婚よりも恋愛結婚の方がいい、みたいな空気がありました。つまり、個人の自由で恋をして愛を育み、結婚が「ゴールイン」と言われるように。実際は「ゴールイン」どころか、どこから見ても「スタート」なのに。昔はお見合いや家同士の...

あなたと私

今朝、気付いた事が一つ。私の元に訪れるクライアントさんは、実際にパーソナリティなどをネイタルチャートで分析したこちらの読みを伝えた時に、当たってるーなどと安易に言わない人が殆どだ。あちこちを渡り歩いている人も多いからかとも思うけど、実際そんなことを問題にはしていない。 占いは当たる様に出来ている。なので、当たってるーなどと今更いうのは変な話で。本当に大事なのはその先。 当て物的なものを求めていない...

悪人面 (私ロックはダメなの、ストレートよ)

最近の一連の記事でもそうですけど、実は私は大変口が悪い。そう、喧嘩なんてやり方知らないくせにけんかっ早い。なんかこう一番始末に負えない暴れ方をするのだよ。「まるっと同意」なんてありえません。 この物質世界では。人から観れば、さぞかしこのブログからは刺々しいエネルギーを放出していることだろう。自分ではそういうのには気付きませんからね。スピだろうがなんだろうが、どこでだって、「人の悪口をいってはいけま...

山羊の冥王星からなんか貰った。

夕べたまたまTV観てると、アカデミー賞授賞式だったりして、そのなかで「おくりびと」も表彰されてたり。一週間程か十日程前に買っておいて、何故かすぐに読まずに置いてた「納棺夫日記」を、昨日から読んでいた。この本を買う時に、「おくりびと」が大変高評を得ているというのを何かで読んで、作品は観てないけどモックンいい役者になったんだなあ、と思いながらレジに持っていったと思う。納棺夫日記 (文春文庫)(1996/07)青木 ...

天然

他で書いた日記が我ながらなんとなく面白い気がしたので、ちょいとここにもコピーして載せてみると。岡崎京子ってやっぱり好きだねえ。未だに本屋ではずっと河出のムック本が平積みで売られている。彼女は潔い小娘を書かせたら天下一品だった。過去形なのがちょっと寂しいんだけど。岡崎京子―総特集 (KAWADE夢ムック)(2002/03)不明商品詳細を見るムックを立ち読みでパラパラと眺めていたら、制服をマイクロミニに改造したルーズソ...

月の戦車

私には気とか波動、エネルギーの状態というのはよく解らないんだけど、そういう本を占星術とタロットのテキストを読む合間にちょっとずつ読んでたりします。視覚化する能力がないのだけど、たまに凄くキラキラ輝いた感じを受ける事もあります。電車でたまたま見かけた若い女性二人連れが、スタイルやルックスがただ美しいだけでなく、実にキラキラしていて、ハッとした事があります。ミュージカルの舞台に立ってる役者さんだったの...

ツキノヒカリ another

さらにもうちょっと月のメモ月はその人の幼少期を表す。0歳から7歳まで(人によっては4歳までという解釈もあります。)の年令域を表していて、実際、昔は7歳ぐらいまでの子供は神様の様なものと考えられていたらしい。潜在的な世界とまだ繋がってる状態。つまり、観えない向こう側の世界の住人と同じ、という扱いね。子供ってのは確かに神様の依り代とされたりもしたから。向こうの世界と臍の緒が繋がってる状態が小学校とか社...

ツキノヒカリ

満月過ぎた所で、なんとなくメモ書きを。私は人は悟りとかなんとかって、無理に得ようとしなくていいと思う。魂の成長、スピリチュアルグロースなんてのを言われたって、実際この私自身がピンとこないのだ。別にそんなのどうでもとは言わないけど、いちいち考えなくてもいいんじゃないかという。「悟れよ」なんて上から目線で誰ぞに言われた日には、腹が立つよなあ。なんだそれ、それができてりゃとっくに六道卒業してるだろって。...

流れる

前のエントリーに補足としてメモった後で、チャレンジ精神湧いてきたりして。困り者として放置プレイだった猫モチーフのデッキをそろそろ手懐けてみるか、などと。ちょっとした調教モード。(←偉そうな)普段使ってるデッキと比較して、色々相対的に観ていくわけで。これからの経過を観ていく必要はあるな、色々どう変化してくんだか。レイキでも自己ヒーリングは一生のテーマだし、その点では人が作ったタロットカードだって同じ...

Why are we sleeping? (補足有り)

とうに解散しちゃったけど、我が愛するウェールズのバンド、Gorky's Zygotic MynciのPV。オリジナルはSoft Machineでしたな。で、こっち。 元ネタと言っていいのか、Kevin Ayersのヴォーカルで。足元から込み上げる様な、実に不穏な唄声で。どちらもよろしいですな。私はやっぱりGorky'sのEuros Childsのヴォーカルとルックスとセンス(って全部じゃん。)の方がが好きだけど。去年見つけたので、たまーにmyspaceのEurosのとこを...

Swordのお話

タロットカードの展開の中で、出て来ると扱いが難しそうに思われがちなのがSword(剣)。諸刃の剣というぐらいで。Swordが表す現実は言葉だったり。口から出る言葉でも、批判精神の方。知性からは批判が現れやすいっていう現実があるからでしょうかね。言葉は人の心を刺す、というのは、以前習っていたヨーガの先生の実体験からのお話。ちょっと前には鬱の人に「頑張れ」は禁句だとよく言われてましたけどね。でもふと思うのは、そ...

タンブル好き

手持ちの石で、特に気になるものを先日タロットで観た結果アメトリンのタンブル自分 太陽石  世界モルガナイトのタンブル自分 CupのA石  Cupの10なんかこう、凄く腑に落ちる結果でした。アメトリンは最初アメジストのトレイに混じって売られていたもの。なんとなく気になって手に入れたものの、他のタンブルと一緒に袋に入れたままで、いつの間にか一部が擦れて白くなってたり。結構粗末な扱いしていたくせに、いつも持ち...

共に生きるイメージ

トランジットで重視するのはまず社会性の木星と土星、それからアウタープラネットを見るわけで、天王星、海王星、冥王星という辺りは無意識からの呼び声をその人がどう受け取ってるかを見ています。言葉に表しきれない思いというのは、おそらくこの三つのアウタープラネットからじゃないかな。で、一番難しいというか、なかなか積極的に読む事が無いのが海王星。物事を曖昧にして境界線を無くす作用をもっているので。なので、これ...

Menu

プロフィール

Gatos Blancos

Author:Gatos Blancos
占星家

ある日とある街角でタロットカードと西洋占星術の再会から始まったとりとめない憶いの記録

当方では対面、メールでの有料個人セッションのみとなります。
ブログ上でのコメント欄での一個人のリーディング依頼はお受けいたしかねます。

Webサイト・ブログ、印刷物等への転載はお断りしています。

あしからずご了承下さい。


西洋占星術とタロットカードによるリーディングに関するお問い合わせはこちら

最近の記事

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

フリーエリア

PopUp Wikipedia?

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ

ブログ内検索