FC2ブログ

sota de copas

Tarot CardとAstolorogyのフィルターを通して観る  この世界への感想文とこの世の記憶帖

Archive [2008年10月 ] 記事一覧

okinawa pattern

愛光堂の石ものがたり―人生を変えるパワーストーンの話(2007/10)新垣 成康新垣 靖子商品詳細を見る気がつくと今日はもうハロウィン。このところ夢見がよくないので、以前自分で組んでみた天眼石入りのとラピスラズリを使った既製品のストーンブレスレットを就寝時に付けてみました。これはかなり効果実感。 普段、天眼石、ラピスは付けてもすぐに外したくなった石なので。実際、何か危機的なものを感じた時以外に使える石ではない...

変容の月

なんともヘンテコなブログですなー。このエントリーの前回と前々回とでは、読み比べてなんとも矛盾してるって印象持たれそう。今朝になって、おやーと自分でも思って。モルダヴァイトとキロンのエントリーじゃ精神(魂)の成長を促すとかなんとか言っときながら、次はそんなの好きじゃない、だって。(苦笑)まあ、そうそうインパクトのある事ばっかり連続しちゃー、身も心も持ちませんから。実際の成長なんて、毎日気付かないほど...

幸せであるように

ちょっと前からなんとなく感じていた事があります。私は精神(魂)の成長云々という言葉があまり好きじゃないということ。それはそうなるというぐらいで、たまたま人からそう見られるというぐらいで。自分から成長したい!とか、成長するぞ!っていうのに抵抗あったんですよね。なんかねえ、「修行するぞー修行するぞーしゅ(以下略)」って我が身への呪詛の如く唱えてた、某新興宗教めいた空気があるからでしょうか。これが私の「...

モルダヴァイト色のキロン

いやー、ガーデンロッククリスタルは強い。もう昨日で実感。高さ4、5センチ程度のが届いてまだ半月ぐらいなのに、これが浄化作用って奴ですか?神社にどうしてもお参りしたくなって出かけたり、自問自答を繰り返す、人間関係もそれまで違和感がある人とは疎遠になると。クライアントも若い女性が全くよりつかなくなり、男性、霊感体質な雰囲気の濃い人とか。こりゃ下手すると、本当に我が身が大変な感じ。ただただ射手座っぽく宗...

オリジナルエンブレム

まおさんとこで教えて貰って作ってみました。フォントだけでも凄くいっぱいあって迷いましたー。...

未来永劫

御利益とか、霊験あらたかであるという評判とか、色々な神仏に色んな言葉で被せられるのですが、これも効果は人によりけりだなあと思います。だけど、そういう説明とか無いと解り難いので、とりあえずこういう例がありますという目安ぐらいには。あまり遠くのお寺や神社とか行かなくても、自分の地元で大丈夫。家や学校、職場の近くとかで。住んでる場所や、長く時間を過ごす身近なところが実はダイレクトにエネルギー感じるんじゃ...

天之御中主神

日本の神様との関係性Aquarian Tarot ヘキサグラムスプレッド1 過去   Page of Pentacles2 現在    Sun3 近未来   6 of Cups (R)4 対応策   Hierophant5 周囲    10 of Cups6 自分   Hanged Man (R)7 最終結果 Judgementあー、なんかこれまたぐうの音も出ない展開。とりあえずやってみたらこれだ。「日本の神様カード」を使い始めてから、いずれは訊いてみたいと思ってた...

いと小さき祈り

とりあえず無くてよかったとつくづく思う、「霊感」。怖がりだから、お化けだの幽霊だのが観えないというのは、ありがたいのです。観えたところで対処法が解らないんでね。せいぜい塩まくか、お香焚くとか、お題目やマントラ唱えるぐらいしか。前にちょっと書いたと思うけど、実際、世の霊能者やら観える人達に浄霊だの浄化だのって出来る人、解っている人はほぼ皆無、という事実はやっと最近知られてきているようで。せいぜい、そ...

其処ここに

昨日、まだ自分の事以外では使っていないペンデュラム(精度に不安があり、検証中なので。)を使う。たいがいは石で出来てるものが多いし、私もローズクオーツのペンダント型ペンデュラムもあるけど、いまリーディングルームで使っているのは天使型のビューター製で、鎖の先にヘマタイトのビーズがついたもの。グラウンディングに優れていると評判のヘマタイトっていうのも気に入って。石はどうしても人の念を吸う。だから、レイキ...

あきんどの眼

ニセモノ師たち (講談社文庫)(2005/07)中島 誠之助商品詳細を見る検索してみると、中島さんってかなり著書の多い方のようで。実際、鑑定士としてTVに出てもう十年以上経つわけで、立て板に水の喋りも東京っ子の端切れの良さ。 私はこの人いいなあと。男女共に気の強くて、さっぱりとした気性の人が好きなんで。下町風情のある人というのが憧れ。なるほど、彼の生年月日で太陽魚なので即納得。ネイタルチャートを簡単に観ると水星...

紡ぐ

我が身を振り返って、占いだとか、いわゆるスピリチュアリズムとかその方面の本や資料読むのは面白いんですけど、読めば読む程のどこか新鮮味が薄れて来るってのはマズいですね。どこか油断してるってことでしょ、それは。誰かの著書読んで、基本的な事が書いてあれば、あー、もう知ってるし、なんて思っちゃいかんです。特に日本じゃ新刊が出ても、それは初心者向けに噛み砕いて書かれたものが多いから。だからって油断するなんて...

Dialogue

昨日のエントリーのロス博士の自伝に想いを巡らせつつ、今日、レイチェル・カーソンの「海辺」を読んでいてふと思い出した事。子供の頃に学校の図書館で借りて読んだ本にこんな昔話があった。赤鬼と青鬼があるとき、人に取り憑こうとした。慌て者の青鬼は何も考えずに見つけた男にすぐに取り憑いた。男はとたんに具合が悪くなり、身体が弱ってしまった。それでも一病息災なのか、とりあえず働き、同じ様な弱い嫁さんを貰った。やっ...

「人生は廻る輪のように」

人生は廻る輪のように (角川文庫)(2003/06)エリザベス キューブラー・ロス商品詳細を見るタイトル自体がベタなんですが、カバーのピンクのもやと青い蝶が目に入ったので。この夏の終わり頃から蝶のイメージが目の前にちらつく。以前買ったけど、あまり使っていない蝶のモチーフのピンをテーブルの角に置いたり、バーゲンでたまたま目に入った蝶のかたちのヘアクリップを手に入れたり。蝶というと華やかな女のイメージが現世の価値...

左サイドMenu

プロフィール

Gatos Blancos

Author:Gatos Blancos
占星家

ある日とある街角でタロットカードと西洋占星術の再会から始まったとりとめない憶いの記録

当方では対面、メールでの有料個人セッションのみとなります。
ブログ上でのコメント欄での一個人のリーディング依頼はお受けいたしかねます。

Webサイト・ブログ、印刷物等への転載はお断りしています。

あしからずご了承下さい。


西洋占星術とタロットカードによるリーディングに関するお問い合わせはこちら

最近の記事

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

フリーエリア

PopUp Wikipedia?

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

ブログ内検索