FC2ブログ

sota de copas

Tarot CardとAstolorogyのフィルターを通して観る  この世界への感想文とこの世の記憶帖

Archive [2008年01月 ] 記事一覧

17番目の大アルカナ

「塔」のカードです。大凶のイメージが強く、どのデッキでも激しいインパクトを持った絵柄には違いないですね。塔に落雷し、王冠を頂いた人物が転落していくという解りやすい構図。このカードに対応するのは火星。ウェイト版での雷は蠍座のサインを表しているといわれ、火星が冥王星発見以前の蠍座のルーラーであった名残という。通常のリーディングであれば、突然の災厄が降り掛かるという意味で取る。最悪の事態を表しているが、...

18番目の大アルカナ

「星」のカード。占星術では水瓶座に対応。アクエリアンタロットでは輝く様な色彩の孔雀の頭上に一つ星が輝く絵柄。背景には山が描かれ、何事かが達成されるかのようなイメージ。このカードのスタンダードな意味は「希望」。 明るい兆しを表します。願望を達成させたい思いを星の輝きと孔雀の鮮やかさに例えているのかもしれない。それは現状に満足していないからこそであり、そこには変化を求める意志がある。その変化は事態が明...

19番目の大アルカナ

「月」のカード。占星術で対応するのは魚座。巨大な三日月がいっぱいに描かれた中に、夜の闇。内側を見つめる人の象徴。不安、予感、混乱した感情を示し、そこから逃れたい人の心の夢、幻想、霊感、オカルトを象徴するカード。夢の実現をそれこそ「夢見ている」人の心。そこから産まれる嘘や秘密といったネガティヴな産物も象徴するものの、不確定要素の強い状況にある時に、このカードは出現します。自分の意志と状況判断する能力...

20番目の大アルカナ

「太陽」のカード。アクエリアンタロットの太陽は強烈な光線を放つ父性的な微笑みをたたえています。全く持ってこれほど肯定的な笑顔と色彩はないのでは。この絵柄はこのデッキの「愚者」と共にとても人気が高いようです。オレンジ色、朱赤の輝く様な色彩のトーンは、このカードが最も解りやすくパワフル。このデッキが発表された70年代のLSDによる幻覚はこのようなものだったのかと、今でも想像します。剥き出しの生命力を表し...

21番目の大アルカナ

「審判」のカードです。大天使が魂の救済を表す十字架の旗が付いたラッパを吹き、そこで一度は死んだ人々が蘇るという絵柄。このカードに対応しているのは冥王星。この星のテーマは復活、変容。他にも突発的な出来事、個人の意志とは関係なく否応無しに起きる事、大きなインパクトに繋がる事を表しています。実はこのカードには希望的な何事かを遺して引退するという意味もあります。大きな力を持つ存在が引退する事で、新しい何か...

22番目の大アルカナ

そう、言わずとしれた「世界」のカードですね。私はこのカードが大好きです。恐れ多くもホワイトキャットタロットの世界のカードをプロフィールにしてたりしますが。(笑)初めてアクエリアンタロットデッキを手にした時に、一番心惹かれるカードだったのです。ネットで見たところ、私のソウルカードは3番目の女帝であり、22番目の世界はパーソナリティーカードとされていました。このカードに対応する惑星は土星。物事を遅れさ...

土星と木星、更にアウタープラネットについて (トークセッションから)

先に木星が入っている山羊座に後を追う様に冥王星が入りますが、これは集団で何か現実的に起こそうと言う動きや、全体で何かをしながら、それぞれの持ち味を活かしたり特性を出す事がいいかもしれません。ちなみに以前に冥王星が山羊座に入っていた頃はハプスブルク家が権勢を振るっていた時代だったそうです。冥王星には遺伝、血筋という意味もありますので、そこで王家の血を引く人々がヨーロッパの王家全体にいて権勢を振るう時...

山羊の木星と冥王星 (トークセッションから)

2008年、木星は射手座から山羊座に入りました。山羊座生まれの人達が恩恵にあずかれる年です。 是非とも山羊の太陽を持つ人達は、今年一年間に夢を賭けてみてください。今まで温めてきた夢が有れば実現に向けて、やりたい事が有る人も周囲に積極的にアピールしてみてください。こつこつと努力してきた人は今までの足跡を振り返って実りを感じる一年になる筈です。木星は前向きでプラス思考の人に、より解りやすい幸運を授けてくれ...

トークセッション

今日は今まで雑誌や本、ブログなどでしか知らなかった鏡リュウジさんと、占星術を学び始めてからその存在を知った石井ゆかりさんのトークセッションでした。鏡さんと石井さんのトークで印象的だったのは、話し方や空気の違いでしたね。鏡さんは男性ですが、とても女性性の強い方だと感じました。石井さんはチャートを見た訳ではないのですが、男性性を感じさせる女性。鏡さんは、自分は声が小さいので、会場の後ろまで聴こえるかど...

左サイドMenu

プロフィール

Gatos Blancos

Author:Gatos Blancos
占星家

ある日とある街角でタロットカードと西洋占星術の再会から始まったとりとめない憶いの記録

当方では対面、メールでの有料個人セッションのみとなります。
ブログ上でのコメント欄での一個人のリーディング依頼はお受けいたしかねます。

Webサイト・ブログ、印刷物等への転載はお断りしています。

あしからずご了承下さい。


西洋占星術とタロットカードによるリーディングに関するお問い合わせはこちら

最近の記事

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

フリーエリア

PopUp Wikipedia?

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

ブログ内検索