FC2ブログ
<<09  2018,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
Aquarian Tarot Deck の人々
うーむ、面白いなあ占いって。(`・ω・´)

7歳にしてなんとなく出逢って数十年、そんなタロットカードという道具。
久しぶりにカード向き合うと愉しいこの二ヶ月ぐらいってそんな感じでしたが。

色んなデッキ使ってみましたが、改めてアクエリアンタロットがベストか。
初めて出逢った思い入れかな、と思いつつも、自分には一番相性いいのかもしれぬ。ヽ(・ω・)ノシ

人間の本来持つ動物臭い本能や感情が薄そうなキャラクター達、なんともお気楽。
表情だけ見れば。

過去何度もエントリーしたように、覚醒系らしいのでピリピリ感あるらしいけど、
鈍感なのか平気で触ってられるのかも。

いわゆるスピ系とか精神性向上とか好きなヒトはOSHO禅タロットユーザーだったりするような。

実は個人的にこのOSHOってヒトのパーソナリティが全面に出てるデッキが好みでなかったのです。
グルとか導師って自分はどうも...なのは確かなようで。(´・ω・`)
修行?鍛錬?とかそういうのが好きなヒトが結構ハマるのかも。

エネルギー状態なんて常に揺らいでるので、卜占は基本その時々の状況を観るんですが。
そんな自分を眺めているのはなかなか面白い。

あんた、なんか今ほんっとダメダメだよね、まあそういう時も有りみたいなこと平気で言う、
まあれだ、無茶しないこった、でもこういうのも悪くない、みたいな。
およそ愛想というものガン無視なタロットデッキ、アクエリアン。

まあ愛想無しな分、誰にでもそんな感じの対応って空気ですね。
そっけないが、別に誰に気を使うわけでなく公平で平等に、という。

思いやりがない、という訳ではないらしい。
下手な情けや妙な精神性向上がなんたら、ということに全く興味ないのかも。

人様を導く、なんて感じは全くない、ってかそんなことどうでもいい話か。(・ω・)

そんなことより自分自身が何よりじゃないの、という辺りか。(-ω-)

誰ぞに何かを教わるのも悪かないけど、実は人の振り見て自分の何かを思い起こしてるだけだろ、
みたいなことしか言わないみたいなんですよ。(´・ω・`)

なんとも天王星臭いなー。
アクエリアンエイジ向けみたいな触れ込みで70年代にアメリカで登場したとはいえ、
なんとも普遍的なニオイがします。

アクエリアンのコートデッキの人物達、何だかいつまでも古臭いことやってんじゃないよ、
みたいな口をききそうな。
その割にどこか中世のような味わいを感じさせたり、そんな衣装がぴったりくる表情。
ルックスの表現は実に現代的でリアルな割に、不思議と古典的な装いがマッチするとは。

過去現在未来、全部そこにそのままあって当たり前だろ、なんて言い出しそうな。

それこそアクエリアンエイジとかニューエイジなんて、
出てきた当初の時代にそう呼ばれた連中に妙な手垢は付けられたけど、
Be here now ってのは誰でもそうだろ、とっくに、という。

水瓶サインの主星は今は天王星、古典の時代は土星だったり。
この変遷、現実、結果、ヒトの上に経って指導、下手すると頭固いー、
みたいなところからいきなりその枠組みや上下関係が無くなってしまった感じ。

不動宮サインなので、革命とか斬新、電撃や磁石のようにヒトを振り向かせるものの、
普遍性は当たり前なエネルギー。

過去からのことも今もこれからも、何一つ否定や無理な矯正せずとも大丈夫。
そんな空気も。

こと美術や芸術に関しては、古典はモダンに最も通じるものかもしれません。

このデッキの人物達の絵柄眺めてると。(・ω・)ノシ
Permanent bright light
カードの展開する面白さに、今さらながらまたいいものだと感じている。

一時、ちょっとOSHO禅タロットをネット上で引いてみたりしたのだけど、
自分にはこのデッキはタロットというよりオラクルカードに近いものを感じる。
むしろこのカードはOSHOのスピリチュアル的色合いが強いため、
最初は新鮮味も会って面白かったが、あまり興味が持続しなかった。
ご縁と言うのもあるのだな、と。

あまりこのタイプのカードをどう読むか、という気持ちは今では無くなって来た。

むしろ基本に立ち返って、初めてタロットとして意識して手に取った、
アクエリアンタロットをよくよく眺めている。
以前のエントリーにも覚醒を促す性質が強い、と書いたと思う。
なので全体に鮮やかな絵柄と答え方にキツい印象を持たれがちだったり、
好き嫌いが別れるデッキでもある。

頭の奥をこじ開けられる、使っていない領域に強制起動を掛けるかのようなところがある。
スピードアップを求められ、ハイテンションを誘う気が強い。
実に名前に違わず天王星的タロットとも言える。
カード自体が未知の領域への扉のようで。

サインに関わらずネイタルチャートで天王星にパーソナルプラネットのアスペクトが多い人に合うデッキかもしれない。

それだけにグラウンディングの方法を自分なりに持たないと、
このカードを継続して使う事は難しいかもしれない。
前のエントリーを書いてて気付いたことだけど、人間は肉体で生きているのだから。
こういう事に気付かされるのが、タロットの解りやすく面白いとこ。


瞑想について色々そのやり方をしばらく模索しているのだけれど、
ふとタロットの絵柄を観ている時に実はそんな感覚になっているかも、と気付いた。
タロットの人物達を眺めている時に、自らの奥に沈潜していく。

蓮華座や金剛座などを組んで座る、ハタヨーガのアーサナでもリラックスして沈潜して行けるが、
タロットカードというのは実に解りやすい瞑想アイテムらしい。
たまたま自分に合うのがデヴィッド・パラディーニが70年代に描いたアクエリアンタロットの絵柄だった。

そうだ、70年代って自分にとって身の回りがエレクトリックなネオンカラーや未来志向、
外国、宇宙といった天王星的、アクエリアンエイジの空気に彩られた、
キラキラの扉が開かれたような時代だった。

CHARMS SOUR BALLSの黒地にカラフルなキャンディボールの缶、
Walkersのショートブレッドの紅いタータンチェックといった美しい色彩の外国のお菓子のパッケージ。
SnoopyとWoodstock、Charlie Brownに代表されるPeanutsのコミックの人間模様や洒落た台詞まわし。

70年代はアメリカが元気で、OMEGAのスピードマスターにはSnoopyがアストロノーツとしてデザインされたりした。
そんな時代の息吹がそのまま詰め込まれたアクエリアンタロットデッキは、
エレクトリックなブライトカラーの不思議と懐かしい空間へ一瞬で連れて行ってくれるアイテムだったりする。
少しセンチメンタルだけど、あっさりとしたどこか広々とした空間性を感じさせる音楽が彼方から聴こえて来るような。
それが意識の沈潜や瞑想にどうも繋がっているらしい。

ただ静かに座る、ということが瞑想の第一歩なら、
タロットを展開して向き合うのもまた一つの手と言える。

SnoopyがCharlie Brownに「ぼくはもう充分しあわせだもの。」
と心の中で語りかけるなんでもないシーンが好きだったり。
アクエリアンを観ていると、そんなカラフルなイメージと喜びを思い出す。

Old English Tarot
気がつくと今日の夜に太陽蟹0°で夏至だったりして。
実際には明日の方が実感するかもしれないけど。
といっても自分の中で何の節目というわけでもでもないんですが。

夏至冬至という自然や地球規模の話は個人というより、
全体でじんわりと後からくるものかもしれない。
後でチャートで夏至図を観るのもよし。

DSC00306_convert_20100621094906.jpg

軽くケルト十字でオープンリーディング。
ヘキサグラムよりも、ケルト十字のほうがしっくり来るな。

碧香さんとこでなにげに盛り上がったデッキ。
実はなかなか手強いです、これ。

アマゾンレヴューだと絵柄が可愛くてウケがいい、みたいな話が目立つのですが、
実際に展開するとかなりシビアで人のベタつきがちな感情をを突き放した展開ですよ、
どんなテーマであれ。

結構その人のスキルを厳しい目で判断して来るらしく、どうもやっぱり何かが込められた感じがする。

たまたま夕べ読んだwebコンテンツが「怖い絵」でも有名な中野京子さんの歴史エッセイ。
そのテーマがアン・ブーリンだったり、なんてこともありで。
このデッキの時代設定はヘンリー八世の時代と同じか、
若干前かもしれないけど面白い符合ねえ、などと。

キリスト教的な感覚というよりもうちょっと土着的な空気。
中世ヨーロッパの農耕文化が元になった絵柄で。
現実的で実のある考え方を志向しているような。

一見、色使いがパステル調で柔らかいけど、これだけで簡単にすぐ使えると思うと火傷しそうな。
小アルカナが数札的で小さいイラスト付きながら、実際にはスートを強調した作りで、
この辺がマルセイユ版などの原型に近いタイプのデッキに習った作り。
実際の意味合いや全体のつくりはウェイト版遵守。

デッキにも色々あるけれど、大アルカナの8と11の扱いがマルセイユ版に習った場合や、
中世の風俗がテーマの絵柄であった場合、人への対応がシビアな気がします。
感情的な人だと、心引き裂かれるような感覚があるかもしれない。

基本、土星的な気がします。
農耕文化、中世、その時代のイングランド、となれば決して甘くはないだろうなあ。
いまよりも人の命がふけば飛ぶような時代、
それは王侯貴族であれ農民であれ、多産多死が当たり前だった時代で。
一つ間違えば王の寵臣や寵姫だって、邪魔だと思われたが最後あっさり処刑。

当時のイングランドなんて旧大陸からは野蛮としか観られてない時代だけど、
その荒々しさがまた大いなる存在を感じさせたり、不思議な魅力があるのもまた事実で。
そんなのを体現した最後の人がヘンリー八世だったのもしれないな。

心の時代だの「みんなちがってみんないい。」とかなんとかかんとか言ってる現代よりも、
或る意味「今ここ」ってのを智恵を絞って必死で生き抜かないとならない時代に、
その重みはまた格別だったりするかもしれない。

それが輝くような普遍的叡智であれ、奸計に長けた人間の悪知恵であれ、
奸計ねー、じゃない関係ねーや、ぐらいの勢いで突っ走っていた時代も確かにあったんだね。

喰って生き残るにゃ四の五の言ってらんねえんだよ、という潔さも感じる。
むしろこれぐらい現実的であれば爽やかな風が吹くぐらいの勢いだ。

野趣溢れる空気がブレンドされた土星的というか、
なんにしても古典的な空気漂ってますねえ。
このシビアさは、確かに地のサインでも特に山羊が効いてたり意識できる人でないと扱い辛いと思う。
なによりこの現実世界での自分の生き方が実は大事だ、という矜持がないと。

水清ければ不魚住、なところも飲み込んでいけるようなエネルギーも必要ってことで。

今ふと思ったけれど、世間的にバカにされがちな「スイーツ(笑)」というのも、
実はそうとうにしたたかな空気漂ってるよな気がします。
この現実をおいしいとこ取りで巧い事やって渡ってやろう、
という或る種の正直さを巧く体現したもんだなあ、と。

この二十一世紀の土星的な女ほど前世紀までの苦労人な空気や地味さなんてさっさと排除して、
「大人可愛い」アイテムで変装、という武装をしているのかなあ。

この絵柄ってかわいいー、で扱った方がこのデッキ、実は以外と巧く手名付けられたりして。

あ”ー、以外とそんなもんかも...。(´・ω・`)

なんにしてもこれ、面白いデッキだと思います。
何が入っているんだか解んないけど。
多分知らない方がいいんだな。
Haindl Tarot
DSC00288_convert_20100402202414.jpg

久し振りにタロットデッキのレヴューらしきものを。

http://www.astroamerica.com/t-haind.html
http://www.omeus.de/tarots/haindl-tarot.php

以前買って絵柄だけ一通り観ただけで、自分には敷居が高そう、と。
そう思っていて長らくまったく使わず放置していたのを先週ぐらいに急に思い出し、
展開してみたら、これが大変面白いデッキでした。

絵柄が靄が掛かったみたいな独特の空気で、
それが最初に観たときに難しそう、とっつきにくそうな、というイメージ。

ウィッチクラフト系のカードにありがちなんですが、
大アルカナにヘブライ文字に惑星記号、ルーン文字、小アルカナにイーチン(易)の卦が入ってたり。

一見すると魔術的ながら天使とか天界イメージが好きだから魔術的なものはちょっと、
という人でも実際は相性次第かもしれない。
日本の神様カードやARCHANGEL MICHAEL ORACLE CARDSも使ってるんですが、
それらのカードとあわせて使ってても抵抗感無し。

自分で最初難しそう、と思ったのは、実はこの易の卦のマークが入っていた事らしい。
(易の本を読んでも、なぜか頭に全く入って来ないという。
これは東洋系の占術全般に関してそうなのだけど、本当になぜか脳がスルーしようとしているようで。
まあこれはこれで何か理由があるのかもしれない。)

すぐ使おうと思わずに、今まで寝かせて置いたことには意味があった様で。

このカードの感想を調べていたら、
>「必要な時以外にコートカードがむやみと出ないデッキ」
とあったりして。
人となにがしかの関係性をはっきり問うときぐらいしか出ないかも。
しかもコートカードが既存のタロットデッキと全く違うという辺りからして、
このデッキの人物を観る時の相手(組織、団体とかも)のパーソナリティの潜在能力から鋭く指摘しているかもしれない。

Wandはインドの神々、Swordがエジプトの神々、PentacleがStoneに置換されてネイティヴアメリカン、
Cupが古代ケルトといった辺りが気に入ってたりする。
正直、絵柄観た時のQueen of WandsのKALIはインパクト大きかったなー...。

まだほんの一週間程度しか触っていないのに、カードをシャッフルしているとやっぱり面白い。
性質としてはかなり強いカードかもしれないのに、嫌な感じがしない。
展開から観ればけっこう厳しい方だと思いますが、絵柄のせいか思いやりがあるような。

小アルカナは数札的ながら、実際に観るとかなり解りやすい。
小アルカナがなんだかインパクト薄いデッキというのも結構あるので、
この辺り、本当にこのデッキの作者は凄いなーと思います

最初にまず自分との相性を観てみたところ、象徴カードはHIEROPHANT、答えがSTRENGTH。
どちらも正位置という辺り、カード側も躊躇い無く協力する意志を表示してきたと。

こんな自分だけど、ちょっとはこのカードが使える程度には何かを掴めて来たのかなー。
メインはやっぱりAQUARIANなんだけど、もう一人のご意見番的に扱ってみたい。
カードの裏側の黄色いベースに大きな瞳という絵柄がまた使う程にいい感じがする。
最初はこの大きな金色の瞳を不気味に思う人も多いかなあ。
でも、これいいですよ。 
カードの上下が解るのはちょっと、という人には向かないかもしれない。

U.S.GAMES社製のタロットはやっぱりユニークで実用的なデッキいっぱいで愉しいです。


追記

このカードのスート、Wand(火)、Sword(風)は古代の神々、
Stone(地)、Cup(水)は大地に生きる人間のキャラクターや巨人が主になっているというのがなかなか。
天と地のエネルギーの人への現れ方をこういう表現で出して来るというのが面白い。
クロウリーのトートの影響濃いけど、
Haindl Tarotの方が天界と地球とのバランスがよく取れている様な気がする。

Domingo
12H、タロット関連メモ

秘密のハウスとか、隠れた敵などという古典占星術じゃそんな象意。
呼び名はGenius mals、悪霊ですよ。
以前にも書いた8ハウスがPorta superna、天界の門なのに。


匿名性を感じさせる。
もう個人としての在り方や個性うんぬん、ということは12室では解体されると。
自分なんてもの無くしていく、その必要を感じなくなっていくような。

現実にはこういう感覚というのは非常にヤバいわけで、
この手の状況はうっかりすると足元すくわれやすい。
世に出る、というのは自己主張して利益をしっかり確保できる強さと抜け目無さがなければ。
なのに、もう自我なんてのが解体されてちゃねえ。

そんなとこからですかね、隠れた敵、なんて言われているのは。
その心は自分の秘密と弱みを握って揺さぶりかけて来る嫌なヤツ、と。

秘密、というのは守りたい何か、弱々しいデリケートな何か、
もっとも微細な美しいと思う存在や有り様なのかな。
人に簡単には理解されない、できないと自分で思っている何か。
ここにプラネットや感受点が入っていれば、それに関する事柄にはかなり陰の要素が強くなる。
そして、社会生活においてはそれがネックになったりする。

隠れた敵、というのはそういう作用らしい。

現実生活からすればまったくもって生産性皆無なハウスで、
ここの状況次第では実生活で足を引っ張られている、と思えるような状況が出来る事もある。
8Hと共に秘密めいた状況にしておいた方が平和でトラブル無く済ませることができたり。

ただ、ふとこのハウスの事を思う度に、タロットの「吊るされた男」のカードを思い出す。
迷った時、精神的に疲れている時に必ずでる大アルカナ十二番。

このカードに対応するのは海王星で占星術のハウスの意味合いまでは考慮されてないけど、
どうもこのカードは12H的状況を表すのかなと思う。

サーシャ・フェントンの著書ではこのカードが出た時には、
事態を哲学的に観る必要がある、としている。
自分の精神性を今一度振り返る必要がある時に必ず出る。

あなたに取っての「隠れた敵」、心が疲れた、と思っている要素は一体何なのか。
現実には苦しいと思える状況でも受け入れられるとしたら、それは何か。
力だけでは到達できない何かを知るきっかけ、という辺りか。

最後は何かを信じられるかどうか、"I believe"という、
魚サイン、12H的な状況設定を受け入れて生きていくのかどうか。
何かを信じてゆだねていくというのは実はなかなか難しい。
依存、というのは大変高度なテクニックなのだなー。

むしろ自己責任なんて言ってガシガシと精神論燃やす方が、或る意味楽なのだ。
といっても、なかなか理解はされないけれど。


いやー、つくづくカードってよく出来てるなーと思う。
この道具を最初に作った、歴史上では無名の賢者に大いなる感謝。


例えばタロットを扱うのに年齢制限はないけど、
解釈する上では大人としての考え方や経験は必要だろうな。
一枚のカードに色んな象徴や意味合いがあるから、
それをどう読み取るかはやっぱりその人の普段の生活や考え方が大事なのは確か。

人はパンのみで生きてないしね、というとこを実生活では嫌という程実感するわけで。

心や精神と言われる中での事も、一つの経験Experienceとして。

この世の中を信じて生きていかないと、ってところはカードから言われるような気がするかな、
色んな事を占ってみるけど、結果はそんなところ。

そして今日は日曜日。

この世間は二十四時間営業だし、お仕事する人もおられる現実だけど。
とりあえず日曜日の春風駘蕩な空気は人になにより必要だな。

プロフィール

Gatos Blancos

Author:Gatos Blancos
占星家

ある日とある街角でタロットカードと西洋占星術の再会から始まったとりとめない憶いの記録

当方では対面、メールでの有料個人セッションのみとなります。
ブログ上でのコメント欄での一個人のリーディング依頼はお受けいたしかねます。

Webサイト・ブログ、印刷物等への転載はお断りしています。

あしからずご了承下さい。


西洋占星術とタロットカードによるリーディングに関するお問い合わせはこちら

最近の記事
最近のコメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
PopUp Wikipedia?
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード