FC2ブログ
Tarot CardとAstolorogyのフィルターを通して観る  この世界への感想文とこの世の記憶帖
http://gatosblancos.blog93.fc2.com/
ちょうどいい
2019-09-30 Mon 22:42
画材も文房具も好きなんですけどね。
いやー文房具は特に面白い。
遊び心が活かされるのはやはり文房具だろうな。
これは学童期の子供(水星)から一般の大人まで使われて、
普通にありふれている道具、実用性のみならず身近にいつもある親しみやすさ。
そう、文房具は水星。ヽ(•̀ω•́ )ゝ

土星が関わる体の部位は主に骨、皮膚、髪の毛や爪、膝も。
骨、皮膚は特にそうだけど、身体を守るために必要なもの。
ヒトなど哺乳類は内骨格だけど、節足動物などは外骨格。
身体の表面の皮膚が硬くなっててそれが骨格なんですな。
土星は皮膚と骨という身体を固いもので守る鎧の役目なのだ。
なので、土星が関わることは固まること、乾燥させておくなど。(・ω・)ノ

人間の薄い柔らかな皮膚と違って、昆虫が脱皮するときなどは命がけだったり。
外骨格という守ってくれるものを脱ぐのだから。
脱皮そのものが失敗したり、成功しても直後の柔らかい身体で乾燥を待っている間に天敵に襲われて落命することも。
そのぐらい、実は土星の力を頼れない時は実は危険なのだ。
これが現実の価値とされるのはそんな面もあるからで。(-ω-)

海王星がヴィジュアルや音楽、律動感や美的なイメージで人を魅惑するというのを、
ビジネス面で活用できる場合もあり。
以前のエントリーで軍事面でそのイメージイングやヴィジュアライズが活用されていると書いた気がするけど。
映像作品のみならず、どのジャンルや製品であっても実は普通の営業や商談で、
そのイメージ戦略になにげに使っているはずなのだ。
作ったり使ったり利用してみた経験、その使用感やそれが存在するイメージを求めているかもしれない。
そこで夢(海王星)を「売る」、または「得る」のだ。
それで双方ともにWin/Winになるのだろうな。
作品化、製品かもそうそう上手くはいかないだろうけど、
そんなことをトライし続けているのが生活かもしれない。ヽ( ´ω` )ノ

ヴィジュアルやイメージを作品に結晶化するには土星の力、実際に作業するのは水星。
水っぽく柔らかく儚い夢を現実に落とし込む機能として土星を働かせるイメージはどうか。
水星は色々考えたりアイディアを言語化したり、手先を動かす。
土星が現実のものにしていくのは、海王星の彼方からやってくる何かだ。
あやふやな何かが世界には必要と気づくにも時間がかかる。
それぐらいでちょうどいいのかもしれないけど。(-ω-)
別窓 | Astrology | コメント:0 | トラックバック:0 
若者のすべて
2019-08-31 Sat 15:20
小さい差しかないことをずっとさせられていたら、多分子どもは大人しくなるのではないかと思います。
子どもが何か言うのは聞いてくれる人がいるからで、いなければ言わなくなります。
育児放棄されている子がコミュニケーション能力の発育が遅れがちなのと似ているかもしれない。
いつも無視されていると、何か自分から言ってみよう、やってみよう、という気がなくなります。

ブレグジット狂騒曲 ブレイディみかこ著 弦書房刊


乙女新月で水星、金星に火星までと集まってステリウムにしても団子状態ですな。
魚海王星、乙女水星共にディグニティでないですか。
まだ金星、月、もう少しすると太陽、水星がオポジションになる。
どこまで自分なりに楽しめるか、海王星。,。・:*:・゚'☆,。・:*:(-ω-),。・:*:・゚'☆,。・:*:

夏休み終わって新学期がちょうど太陽乙女の時期に始まるというのはなかなかのタイミングだなと思う。
欧米ならこれから進級進学なんですな。
同じ水星ルーラーの双子ならまだ知性の発露、発育の段階といったところ。
乙女は地のサインで水星だから、実用的で構築、実践していくための知性といった大人になってからの使い方ですかね。
実践したけりゃ、最初に学童期(水星)という準備でもあり、興味とワクワク感の元を自分で味わっておく必要。(`・ω・´)

乙女サインは真面目がいい、なので獅子サインでの自我を抑えてしまいがち。
こじんまりと収まって地味になるので、萎縮したようになったり。
ルーラーが水星、分析力がテーマだけれど、土星が強勢となるサインなので、制限の要素もあるな。
謙虚であることはいいのだが、度が過ぎれば反対に周囲も戸惑うところがあるのだ。
自我は加減して出していかないと、相手の人物像が解りにくかったり画一化されててもね。(´・ω・`)

宿題の提出とか新学期や新年度とか、秋分もあって色々節目。
さて、宿題にありがちな自由研究。
絵やイラストとかヴィジュアル化すると、自由研究的なものは割と自分の中で構築しやすい、
ってかヴィジュアライズは以前のエントリーでも書いたけど軍事訓練にも使われるぐらいで、
実は学習に必須ではないかな。
今時のフローチャートってそれではないかと思う。
自分でマニュアル作るには多少なりとも図案的なものを思い浮かべてみる。(・ω・)。○◯

絵心とか心得なくても視覚化するために映像を思い浮かべることは本来誰でもできる。
積極的に活用することで訓練になりやすい。
これは海王星を前向きにとらえているかもしれない。
空想や想像することを自分で絵空事など無駄、意味ないなどと思わず自分から受け入れてみる。
近年はコスパだのすぐに結果が出ないものに時間とお金費やすのは、
という話に不満や反対意見も出るようになって、その変化はいいことだなと思う。ヽ(•̀ω•́ )ゝ

これが何か行動を起こす、発言する際に想像力をまず働かせることができるかどうかが人が成長する、
大人になる鍵ではないかと。
まず自分が何をどうしたいのか、なぜしてみたいのかがある程度ヴィジュアルができていれば、
実行に移しやすかったり、いい結果が出しやすいのではないかと思う。
考えすぎ、配慮しすぎはどうかと思うが、その辺の加減も見極めたり。
感受性はそのように発達していくのではないかと。
水星の知性は海王星による訓練も実はかなり必要でないかな。(-ω-)ノ(・ω・)

実際に物事を構築するにはヴィジュアライズ能力が欠かせないのでは。
今時のフローチャートというものを見れば、一目でわかるようにしてみた、という感じで。
これらを脳内で作り上げることで自分なりのマニュアルや対応策を講じる。
臨機応変に対応できるだけの緩さもどの程度設定するのか。
キチキチにならないよう、遊びをどの程度作るか。
自分なりの運転技術とハンドル操作がしやすいように構築するのだ。( ・`ω・´)ノ

個人的にある程度までやり方を教えるのはいいが、
どこかあやふやさを持ったふわっとしたやり方でないと、
昭和から続いてる日本の企業流なマニュアルでガチガチに固めてしまうのまずい。
しゃっちょこばった不自然さがどこかにあると、いずれ破綻するのでは。
教育の現場でそうなってしまう恐れは感じてるんですけどね。
先生の質が、というより保護者、親など家族として暮らす大人の側(土星)が子供をガチガチにしてしまってないか、とか。
学校よりもそれぞれのご家庭の方が本来、影響大なわけだからさ...。(´・ω・`)

大人は土星と木星の両方があって、前者は年長者、家父長、老人的なキャラで厳しさ担当に思われがちだけど、
結晶化、地固めする、長持ちさせるというあたりでまず何より子供以上に自分自身に厳しくあれと。
子供には毅然としても冷淡にならず、制限やキツさよりまずはその子に自信を持たせるように。
後者は寛容さ、とよく言われるが緩さと育くむ、受け入れとも言うけれど、一方で大らかすぎたり、
場合によってはそれが無関心さに変わってしまう恐れがあるかもしれない。
親戚のおじさんおばさんといった程よく距離感もあるキャラ設定だからかも。
どちらも一長一短はあるんです。
人間が使う時にはそれなりの不具合を感じるところや居心地の良し悪しを感じながら調整しないといけない。
火星とともに、ソーシャルプラネットは特にそんなとこがあるかも。(´・ω・`;)メンドクサー

やっぱり寛容さと無関心はちょっとリンクするとこもあるのかな。
まーどちらにしても余裕があるということは空白とか余白があるってことだよね。
心の余白は無関心なのか、距離感のある視点なのか。
どんな関係でもあまり相手にも自身にも関心や思い入れが強すぎはいかんのでしょうね。
余裕大事。(・ω・)人(-ω-)

乙女新月でタイミング的にもやれやれ、と思いがちな時期ですが。
まだ夏を惜しむ気分が残ってたり、日が少しずつ短くなっていく寂しさもあるんでしょうな。
そんな時ほど魚海王星で心が動くことを探ってみてもいいような。
射手木星、山羊土星と本来のディグニティを運行しているこの時期はいいチャンスだと思う。
学校、会社行きたくないヒト結構いるだろうけど。
大人になってしまうと自分で自分を見守ってやるしかない。
そんな時ほどイメージをいろいろ思い浮かべてこれからのことを模索してもいいかもしれない。(・ω・)

イメージしたものを伝えるのはその時必要なのは説明するための言語能力(水星)だけど、
そこにテンポの良さ、リズムや律動感と呼ばれるもので受け手のハートをつかむのだ。
律動感は海王星が与える能力でも意外と知られてないのかも。
人に何かを伝えて心動かすのは耳の小骨が振動して音を伝えるように、
動きにテンポやリズムを与える海王星の力だ。( ・`ω・´)

空想やイメージの世界に遊ぶとき、
それは他人や外側から見れば無為、無駄な時を過ごしているかのように誤解されやすい。
ヒトを何かから解放したり引き上げる天王星の役割を受け止め、海王星はそんな解りにくさでもう一つの世界を見せる。
ひとつ別の答えや解決策が見つかるかも、という何かからの提案かもしれない。
ヒトによっては誘惑と捉えられるのかも。
それがただの幻惑や無駄な悪夢で終わらせてしまうのか、自分にとって必要な答えだったのか、
それは当人にしか解らない、それはすぐには解らない、長い時間を経てから受け取るのかも。
時間や効率にとらわれてる時、それこそ時間どろぼうに幻惑されているのかも。
新たな世界観、イデアはイメージに遊ぶ見えない場所から。
自身で何かを考える、自らも周囲も動かすのは外からは無為に見える時間を過ごした後に。
,
。・:*:・゚'☆,。・:*:(-ω-),。・:*:・゚'☆,。・:*:


別窓 | Astrology | コメント:0 | トラックバック:0 
うちゅうひこうしのうた
2019-07-31 Wed 13:26
巷では「無農薬、無施肥」をウリにする野菜まで売られているが、無施肥でも育つのは過去1万年かけて黒ぼく土に蓄積した腐植、窒素、リンが眠っているのと、長年培ったプロのノウハウがあるからだ。

化学肥料のなかった時代、渓流水の恵みだけでは足りず、スギの針葉や小枝も鋤き込んでいた。スギの枝葉はカルシウムを豊富に含んでいる。桃太郎のおじいさんの柴刈りには肥沃な土を維持する意義もあったのだ。

バーチャル・ウォーター(仮装水)という概念がある。食糧を輸入することは、その食品の生産や移動に要した水をも消費していることを意味する、ということだ。
土と水は一緒にその大切さを語られることが多いが、直接口にしない土の方が説得力に欠ける。バーチャル・ウォーターに対抗する意味を込めた「バーチャル・ソイル」の目指すのは、「食糧を輸入することは、土の栄養分まで輸入している」とか、「土を大事にしましょう」なんていう啓蒙だけが目的ではない、それ以前に、土と私たちの見えないつながりを発掘することにある。自分がどんな土に生かされているかを理解することで、自分の身を守ることもできる。

「土 地球最後のナゾ」100億人を養う土壌を求めて 藤井一至 著 光文社新書

今年の梅雨も去年に引き続き結構長かったようで、やっとこさ梅の土用干しに取り掛かったり。(´・ω・`;)フーヤレヤレ

連作障害でやられた土を忌地イヤチ(イヤシロチってスピスピな言葉の語源か?)というのが本来でしょうね。
農地を見れば、毎年必ず作物はダブらないように色々なものを栽培、収穫している様子が見て取れる。
作物も一種類だけを求めるのでなく、相性さえよければ多彩な種類を土に育ててもらうのだ。
一つだけ、決まりきったものだけに固執しないのがいいんでしょうな。( ・ω・)ノヽ( ´ω` )ノ(・ω・ )

育ててみるものが多種多様であるという環境は、生き物の体を維持する栄養分をまんべんなく提供してくれることになる。
また、その土自体のの栄養が偏らずに済み、肥料をうまく節約することにもなる。
リンも水もそうだが有限なのだ。
期限があればこそ有効に精一杯その間を無駄なく大事に活用させてもらう。
有限とはいえ、これを人類に与えて自在につかうことを許してくれている地球は恐ろしいほどの寛容さを持つ天才だ。
確かにこの世界、宇宙はあまりにも「都合よくできすぎている」と言われるだけのことは。( ・`ω・´)

土は土星の分野ですな。
土木、建設、不動産も文字通り土の上でなされるので、
金が絡むとこの辺で土星を観るということが占星術関連にでは多くなるかもだが(マンデーン、金融占星術など)
ここは個人的に農や食糧という興味のあることしか考えないことにする。
まー最近なんとなく書いちゃう牡牛天王星絡みかもだけど。(・ω・)

牡牛サインのルーラーを地球にという話は以前エントリーしたけど、自分の中ではこれ確信になっているので。
金星と共に地球もルーラーとしているのには個人的に納得がいく。
物質や感覚、所有や価値については金星的な有り様に基づく方が建設的ではないかと思う。
金星と共に太陽の近くにある水星が知性や言語能力を担当してはいるもののあくまで中性であり、
善悪の判断にそれだけでは関われないし、その分不安定でもある。
水星をルーラーとするサインが双子、乙女という柔軟宮の流動性を考えると当然だ。
その人自身を生かし(活かし)照らす太陽が生きる地上には、何よりもまず愛が不可欠だろうな。(-ω-)

ポルトガルで子供が何かをして褒める時、「お前は美しい」と表現するということをネット上で以前知ったのだけど、
日本では「お前は賢い」と褒めることの方が多いわけですな。
人としての在り方や行動の結果など評価する際に賢明さや巧みさより、
その人個人としての麗しさや有り様の気高さとして評価するのだろうかと思ったり。
賢さは集団の中で発揮されて評価されることが多いようなイメージがある。
美しい、という評価は個々の一対一の関係性の中から始まって、集団の中でも発揮されるけど、
最終的にまた一対一の間を通って、個人の中に戻って蓄積されて潜在していくのでは、と思う。
どこか冥王星もそこで関わってきそうですな。
牡牛の反対にある蠍サインのルーラー冥王星はそれを望んでいるのか、とか。
「うまくやったね」じゃなく「きれいだね」という言葉のこの魅力よ...。( -`ω-´)

ヘーゲル先生の否定の矢って放つのも難しいんではなかろうか。
矢を射るのもそれなりの腕前がいると思う。
海外の演出家や指導者とかがよくやる役者や生徒を褒めてから「いいんだけど、ここを直して。」みたいな。
より良くするには経験とテクニックと愛想もいるんだよ。金星土星くさいな。(・ω・)

褒めて伸ばす系が流行りっぽくなったりした時期があったかもだが、
そういうのも相手を見てやらんと勘違いさせかねん気がする。
意地悪い言い方になるが、それだけのレベルの人相手でないと。
そこまでに底上げされたクラスにならないと意味ないかも。
一人で自主的にこもって練習や実習をコツコツ続けてみたり。
たった一人で過ごしたり思う孤独(土星)あればこそ共感(月)の楽しさや安心感もひとしお。(-ω-)

あまり観ない連ドラで作画担当に製作者が木の妖精の歩き方や樹齢何年かという設定聞いてきた場面があったけど、
これ当然だと思う。
子供たちはそういうこと想像して思うし訊くぞ。
根拠がないものは子供への説得力がない。
由来や根拠とかって基本というところが土星くさい。
月や水星の年齢域の子供たちは土星の大人の現実のあり様や設定を知りたがるし、その権利があると思う。
子供の「なぜ」「どうして」に答えられるものを蓄積することが大人の責任(土星)かもしれない。(-ω-)


「我々は天体の動きについての方が分かっている、足元にある土よりも」
などとレオナルド・ダ・ヴィンチに言われる始末ではな。(´・ω・`)


地面に触れてみるのは楽しい。
特に子供時代は泥んこ遊びに精を出して泥団子やただ手を引っ掻き回したり、
草むしりや花を摘んでみる、虫やカエルを取っ捕まえるのが面白かったり。
そんなことばかりして遊び呆けていた時、親とか大人とは違う何か別な存在がニコニコ眺めてくれていたような気がする。
一体何だったんだ、あれは。
,。・:*:・゚'☆,。・:*:(-ω-),。・:*:・゚'☆,。・:*:
別窓 | Astrology | コメント:0 | トラックバック:0 
うめぼしのうた
2019-06-30 Sun 14:02
われわれに関係があるのは二つの容体の間の力の交換ではない。
問題は生きている生体とその容体との関係であり、
この関係はまったく異なるレベルで、つまり、主体の知覚記号と容体の刺激との間でおこるということである。

(中略)

時間はあらゆる出来事を枠内に入れてしまうので、出来事の内容がさまざまに変わるのに対して、
時間こそは客観的に固定したものであるかのように見える。
これまでは時間なしに生きている主体はありえないと言われてきたが、
いまや生きた主体なしに時間はありえないと言わねばならないであろう。
....空間にも同じことは言えることがわかるであろう。
生きた主体なしには空間も時間もありえないのである。

「生物から見た世界」 ユクスキュル/クリサート著 日高敏隆・羽田節子訳 岩波文庫


どんな自分が好きか、と改めて考えるとどこか漠然として判りにくいんだけど、
誰といるときの自分が好きか、というと思い出しやすい。
これはネイタルにオポジションが効いている人ほど解りやすい。
自身の相手に対する振る舞いや態度が好ましいと思えたら、
その人との交わりはどこかからプレゼントされたようなきがするかも。(・ω・)人(-ω-)

これらはまず7ハウスとその人の金星、2ハウスの状況も合わせて観るなど。
振る舞いには色々あるし、言語を使うなら水星も関係するんだけど、
見た目の様子やどこに好ましさを感じて喜びを表現するか、
5ハウスと対抗する11ハウス(友人関係など)も関わってくるもだが、まずは金星の愛想、可愛らしさかと。
ひいては媚態とも取れるような魅惑したりされたりといった空気も漂っている。 ,。・:*:・゚'☆,。・:*:(・ω・),。・:*:・゚'☆,。・:*:

牡牛天王星は品位が失墜している上に不動宮でもなかなか腰の重さNo.1なイメージだけど、
金星的な牡牛サインの特質を持った天王星と捉えると、いろいろなんとかなりそうな。
金星という安楽で快適さや甘美さを受け取る女性性の突然のラッキーやチャンスが降って湧いてくるイメージ。
あと試験的にだけど、女友達とのコミュニティや関係性を観察するなど。
女性は男性よりも今の社会では特にそうだけど、快適さを大っぴらに追求しやすいと思う、ってかやっていい。
そこを牡牛天王星が刺激しやすいのでは。( `・ω・´)ノヽ( ´ω` )ノ

冥王星、土星が地のサインである山羊にあればかなり援護射撃がもらえそうなきがする。
牡牛天王星を助けるのはこの山羊サインが特に太陽、月(ルミナリーズ)に効いている人達かもしれない。
地のサイン、水のサインはこの牡牛天王星がまだ使いやすい立場かも。
天王星は友人、共同体、クラブ、同人関係、公共や組織的なシーンや関わり合いで使われる。
牡牛は個人的なサインなだけに、周囲との交わりでは個々の女性性が鍵になるかもしれない。
自分の好きなようにするため、敢えて周囲との関わり合いに目を向けてみるとチャンスや機会を得られるかも。ヽ(•̀ω•́ )ゝ

何かあっても気にしない、いいことはちゃんと覚えてて嫌なことは忘れられずともそれを「踏まえて」歩む、
それができる才能は寛容の木星と制限をもたらしつつ現実の価値の土星が伝えるのでは、と思う。
今年の夏至図チャートでは月水瓶で双子金星とトライン、ルーラー回帰の射手木星とセキスタイルで、
友愛に満ち満ちた楽しそうな月でもあったり。
このイメージは友人やコミュニティ、生活圏の地域での交わりに使いやすいイメージを想起するといいかも。
あっさり爽やかな距離感と知性のフレーバーが掛かった自然な振る舞いと思いやりを。( ・ω・)ノ(-ω- )

暮らし、生きる、食という普段あまり公式の場で垣間見せないはずの月「私生活」ないがしろにすると、
最終的に社会生活がうまくいかない。
前にも何度か生活、男女の区別なく、自身の中の女性性を無視しないことをエントリーで書いたと思う。
月のJoyが牡牛サインであることはまさに自身を中心に据えて肉体や皮膚感覚をこの地上において忘れるな、
何よりも肝心なバディ、パートナーはこの肉体と感覚だという話をしてきているのだ。
これは一見まったく関係なさそうに見えるが事実だ。( ・`ω・´)

月がもたらす泥臭い生活の場は現実、その人の本音や本能であって、
これに誠実な対処ができている人は社会でも居場所と恩恵が与えられる。
これは当然、男女共全く同じで、イクメンなどという造語でなんとかできるもんでもないし。
家にこもってるのが嫌だからという理由であってもそれだけでは歪みが出てくる。
家と社会は相互関係にあることは、虐待云々と密接に関わると思う。( -`ω-´)

人間て何で社会生活ってのを営むと顔が歪んで非対称になるんだろ。
野生の動物はあまりそんな状態見かけない気がするけど。
群れを作るものでも人間ほど非対称な顔立ちに老いる存在っているかな。
キメラみたいな雌雄同体でも不思議とどこか融合しようとしているように見えるし。
自然ってシンメトリーなんじゃないのかな。(・ω・)
別窓 | Astrology | コメント:0 | トラックバック:0 
バブの店さき
2019-05-31 Fri 22:40
まだ梅雨も来てないうちからなんでこんなに水出し珈琲の消費が半端ないんだどうするよ。(not rap)( •᷄ὤ•᷅;)

ライヴやコンサートでいっぱい置いてたり、入場の際にもらうフライヤー。
このチラシとかフライヤーって呼ばれるもの、ネット環境にない人には必要だし例えペーパーレスであれ、
そもそもそれ自体を作らなきゃだよね。
ライヴハウスやホールなどでフライヤーが過去のものもそのまま貼られて残っているのも風情か。
そう思うのは未だ昭和引きずってるからかも。
ここら辺も好きに選択できれば。( ・ω・)ノ ?(・ω・ )

昔から漫画やアニメで壁に張り紙があるってのがまた絵になる情景として未だに描かれるというのは、
ある程度情報って垂れ流して誰にでも目につくようにして、
そこは個々に選択するものというのが共通認識なんだろうかとか。
個々のキュレーション能力がこれから問われるのだ。
報道、お知らせ、アナウンスメントとはそんなところかも。(`・ω・´)

この辺を勝手に牡牛天王星と絡めて色々思ったりします。
キュレーション、最近出てきたこの言葉も自分の価値観に沿ってまとめ上げる能力かな。
それぞれに備わっていることを改めて認識するかも。
自分の価値観が突然変化したり、化学変化を起こすかもしれない。
それまで感じなかったものにシンパシーとか。
身近過ぎて気づかなかったけど、突然そこに価値を見出したり。
突然の変化や魅力を半径五メートル以内で感じてしまうのかも、肌で。ヽ( ´ω` )

牡牛天王星、個人的な変化をしみじみ感じたりするかも。
自分を変えたいなら使えるのかな。
金星的な天王星、しかも肉体や皮膚感覚での変化という。
美容整形や耳鼻咽喉などへの高度な医療技術や画期的な治療法とか、前にエントリーで書いたかな。(・ω・)?

金星天王星のアスペクトは人を突然惹きつけるor惹きつけられるのだけど、
個人的にこれに水星、冥王星が関わるとオタクやマニアックな様相を呈すると思っていたり。
この辺は研究者や専門家向きなのかも。
漫画やアニメ、フィギュア、アクセサリー製作とか、牡牛天王星ならひらめきを物質化しやすくなるかも。
天王星のアナウンスメントの力を魚海王星や山羊土星も利用して表現として形に出せたら面白いかなと思う。
まず評価うんぬんは置いといて、ともかくやってみるのにいい機会かもしれない。
そこから始まる何かがあるかも。(・ω・)ノヽ( ´ω` )ノ

繋がるなら、ノード軸を一つ観てみるといいかな。
ノースノード(ドラゴンヘッド)を意識することで個人が社会との関わり合いを前向きに捉えるきっかけや意義を見出したり、
人生投げ出さないみたいな結果になるような。(´・ω・`)、ヽ(・ω・ )

なので、最近目につく「答えはない」という表現はどうかと思うな。
答えはある。
人の数だけ。
答えはない、という言い方にむしろ自分に都合のいい答えを求めすぎているのでは、
そこに反省したがっている様子と反抗心たぎらせてる相反する思いの気配が。
何でもスピーディーにスマートにやろうとすると逆にその「答えはない」迷路を自分でこしらえるのでは。
もしかすると牡牛天王星がここに一つの「答え」を出すのかも。( ・`ω・´)

もしくは一つだけでない複数の答えが実は同時に存在するとか。
それでもいいのだ。
多元的に観る力は魚海王星が手助けしてくれる。
魚サインと牡牛サインは友人的なセキスタイルの位置関係にある。
さらに山羊土星の後押しや見守りがあると信じてみる。
こんな様相、なかなかないのではとつくづく思うけどな。
自分自身に余裕を見出せ。
世間や周囲がどうあれ、という天王星のアナウンスメントがあるのか。ヽ(•̀ω•́ )ゝ

年号変わってひと月が経つ。
どこかフェミニンな響きと字面の時代を始めていくのだ。
動じない落ち着きと穏やかさ、自分にとって本当に大事なものと豊潤さを改めて認識していくのだ。
何に価値を見出せば自分の中の安寧秩序を確立できるか。
天王星は分離独立、ブレイクスルーエネルギーだけど、
自らの公の世界、仲間や組織づくりにも使われているのだから。(・ω・)人(・ω・)

牡牛の五感、肉体や皮膚感覚を満足させたい思い。
ルーラーは金星、月はこのサインで高揚する。
反対に活気と熱を帯びる火星は減衰し、物事をスピードアップさせて狩り立てかねない天王星は失墜させる。
まずは肉体に訊け、話はそれからだ、というように。
穏やかさと安らかな空気を求めることに今一度価値を見出すのでは。
焦りは禁物、急がば回れ、というところか。
キュレーション、それは肉体や皮膚感覚から生まれるのかも。( -`ω・´)

肉体が息づくその心の底の感覚に今一度訊け。
そこは精神の在り処かもしれない。
日々これ平穏也。
予定なき調和ってのはどこか不思議なしあわせ感あるかもね。
天王星かもね。(-ω-)

,。・:*:・゚'☆,。・:*: (・ω・) ,。・:*:・゚'☆,。・:*:
別窓 | Astrology | コメント:0 | トラックバック:0 
| sota de copas | NEXT